月別アーカイブ: 2018年4月

レイププレイに数回使える程度ではいかんともしがたかろう

硬くなったクリトリスを指先だけ見つけると

喰らえ、理紗先生っ!理紗の体内で、亀頭がはじけた。大量の精液が、膣の最奥へぶちまけられる。射精の圧力に押されたように、理紗の手足がピンと伸びた。イクつ!ああ、イクううっ!先生っ、わたしも、わたしもっ!イッちゃいますうし泉美も、凌辱する指をちぎる勢いで食い締め、四肢をつっぱらせた。11人の身体の下で、机がさらに大きく揺れて、バランスが崩れた。倒壊する机の舞台の上から、絶頂を極めた女教師と女生徒が投げ出される。

唇からペニスをはずすなり

イックううううううううううううううううつっ!!イッちゃうっ!!叫びながら、理紗と泉美は床に落ちた。を新たな絶頂の高みへ押し上げる。あひおおっ、またイクっ!!きゃふぅぅっ、もっとイキますっ!!背中や肩を打った痛みが、二人ペニスと指の形に開いたままの二つの膣口から、新鮮な愛液がどっと噴き出す。自分たちの教室を汚してしまったことも、今は意識に上らない。

 

律動のたびに膣内へと引っ張りこまれる

床に横たわる理紗と泉美の顔の上に、亀頭が差し出された。が混じった滴が、二人の額や鼻に落ちる。精液と愛液理紗はひざまずき、亀頭に舌を這わせる。すぐに泉美も身体を起こし横から肉幹に唇をつけた。二人とも絶頂の余韻の中をふわふわと漂い、口で男のモノの汚れをぬぐうことに抵抗がなくなっている。ん、ふっ…あふ熱い吐息のデュエットに、ピチャペチャという濡れた音楽が伴った。
あゆみがオナニーしながら指を入れられているところだ

喫茶店でオナニーを見せた

男根の根本から鈴口まできれいになると、射精前の勢いも取りもどした。三人とも、もう一度イキたいだろう。今度は黒板に手をついて、尻を向け新たな命令にも、理紗と泉美は従順に応じた。二人ともに、自分の身体が次の快感への期待に疼いていることを痛感している。黒板の前に並んだ。銃殺を待つ囚人にも似た様子で、今度は、泉美くんに射精してやるぞ!泉美の尻が、意識しないまま大きく震えた。すかさず女生徒の股間に、肉棒が突き入れられる。

アナルに埋まったローターのアブない快感に悶々としているありささんだから

同時に、理紗の大きくふくらんだままのクリトリスが、喜四郎の右手の指でしごかれる。ふわああー入ってきますうーんああつし。ほおおうう!クリトリス、ちぎれるわーたまらひぃぃっ!新たな艶声が、暗い教室に何度も響いた。女教師の終着駅雲ひとつない青空が、白々しいほどにまぶしい。また日曜日が来たのだ、と空を見上げた理紗はなんとなく思い、左手に握る泉美の右手に力をこめた。理紗と泉美はなかよく手をつないで、また見知らぬ路線の半河駅という見知らぬホームに立っていた。

クリトリスを刺激した

肉棒の根元を指でつまんで扱いていくここもローカル線だ。ホームに11人と郎だけしかいないホームの上り線のほうを見れば、太平洋の青くきらめく海面が水平線までつづいている。下りのほうは、線路の向こう側がすぐに山の斜面だ。駅舎といえるものは、ひとつだけの改札にくっついた小屋だけしかない。ここは終日駅員無配置駅なんだ。と、喜四郎が専門用語で言った。周囲を見まわしても、人間が住んでいる痕跡は、上り線路と海岸の間に走るアスファルトの道路だけだった。

ファックスを送ってるから

あああああつし激しくクリトリスを擦ってみる

亀頭の先端はちろちろと洩れでてくる体液に濡れてかっている
尻穴は強烈な浣腸

…そう、それからね、貴方の口封じに恥ずかしい体験をさせたのも、私の案よ。そ、それじゃあ、君は…は。そうよ、貴方は、毎日私の小水を飲んでるのよ。勿論、私の意志でね。何と言うことだろうか。自分をこんな運命に転落させた張本人が、昔の恋人の茂子だったと遠山は、未だ信じられぬ思いだった。るなんて、あまりにみじめですものね。…でも、私は主義のためには一切を犠牲にするのが信条なの。
尻尾として埋め込まれている器具が

オマンコの間から飛び散った

貴方はその犠牲者よ。…でも、こうして判ってしまった以上、私の手で口封じをしなくちゃね。茂子の口元に、うっすらと笑いが浮かんだ。口封じって…まさか遠山は、思わず絶句する。貴方は、もう既に、身も心も汚れ切ってるのよ。毎日、売春婦達の股の汚れを舐めさせら茂子は、遠山の首から垂れている鎖の端を取り、ぐいと引いた。よろめく男の腰を蹴って倒れた所を足で踏み、自由を奪う。

チンポではありませんか

後手錠のうえ不意を付かれて、遠山は赤子の様に茂子にされるまになった。るからね。茂子は、ホラ、遠山の顔を跨ぐと、こうやってね。パンティを下げて腰を降ろし、性器を彼の口に押し付けた。”諦らめるのよ。諦らめるのよ。”遠山の心の中で、何かが音を立て壊れると同時に、茂子の言葉が”天啓の暗示”の様に繰り返し、こだまの様に響きわたる。顎が緩み、唇が開いて、茂子の股間に男の屈服が伝わった。
尻尾として埋め込まれている器具が

無力で攻撃されやすい下半身

遠山の唇の上で茂子の秘肉が震え、ポタポタと滴が舌に落ちる。それがチョロチョロと流れに変ると、この1ヶ月毎日欠かさず口にさせられていた、お馴染みの味が、口一杯に広がった。いつもの琺瑯容器と違い、その汚水は茂子の体温を保ったま柔かい排泄孔から直接彼の口に注がれて来る。茂子の尻の下で、ゴクリゴクリと続けて男の咽喉が鳴り、彼女に驕慢な征服感をつのらせた。これからトイレットペーパーとしても使ってやるからね。

調教して頂いた
人妻であっても売られて性

股間はこれ以上ないというほど締め上げられました

そこには人妻の淫らな意図が隠されていたのだクックックッ。その翌日から、遠山は、身柄を茂子夫妻の部屋へ移され、四六時中、茂子の監視下に置かれることになった。しかし依然として、慰安婦達への奉仕は続けさせられた。四時間余りを慰安婦の部屋で過し、みじめにも女達の股間の汚れをたっ毎日午後になると、ぷり味わされ、生臭いミックスジュースで腹を膨らませて、帰って来るのである。そんな遠山に、茂子は軽蔑を露わに示し、顔に唾を吐き掛けたり、足の裏を舐めさたりして嬲り抜いた。勿論、日に何回も彼の顔に跨がって、小水を飲ませたし、宣言通りトイレットぺーパーとして股間を舐め清めさせた。
勃起した状態だと収まりが着かないから手コキでいいんで射精さして

しかも彼女の股間からは愛液が真下のマットに滴り落ちているもちろん

茂子の部屋のベッドの下には、例の琺瑯引きの容器が置かれている。毎朝、遠山に朝尿を飲ませた後、茂子はこの容器に跨がって、大の方の用を足す。その後、屈辱に震える遠山の顔を跨いで、あとを清めさせるのである。慰安婦達のアヌスにうっすらと付着する汚物を舐め取るのですら、未だに吐気を催すことが多かった。べったりと茂子のアヌスに付着した褐色の糊は、新鮮なだけ臭いも強く量も多い。

尻の谷間に硬直していくペ美津子が下腹部を反り返すと

亀頭を露出させておいて

あたし、なにも聞こえない。しっかりしてよ。甲錦さんじゃないの?はっと冴子は腰を浮かす。まさか。彼はだから、きょうは静岡で巡業なの。そのあとヒイキ筋に呼ばれてて、料亭に行ってから熱海に…。ほら、またチャイムが。こんどは、別荘マンションの入り口に、誰かがきている気配が冴子にもわかった。二人とも全裸。具合が悪いことおびただしい。

管理人かしら?後で出直してくるように言ってくる。冴子は全裸の身体に、バスタオルを巻いて玄関に行った。ハーイ。どなた?ごっつぁんでーす。しわがれた、力強い声。あら、甲錦さんなの?おーい、わしです。甲錦は巨躯に似あわずせっかちなのか、ドアのノブをがちゃがちゃまわした。冴子は湯がはじける素肌を見て、どうしようと思った。

勃起しても仕方ないわ


フェラチオ大好きっ

時間はまだ宵の口。甲錦が熱海のマンションに到着するのは、早くても夜の十時ごろになると冴子は思っていた。全裸の肌に巻きつけたバスタオルを、乳房のあたりで締めつけながら冴子は困惑した。こんばんは。甲錦です。また、鉄製のドアの向こうで大きな拳がノックする。冴子は意を決して、ドアの鍵をあけた。二百四十キロ、百八十九センチの巨体を、いつまでも通路に立たせておくわけにはいかない。ドアがひらき、入り口を杯に塞ぐように、大関·甲錦の巨躯が入ってきた。

先生のオマンコ

ごめんね。バスルームにいたの。甲錦さん、もっと遅くくると思ってたから。冴子はバスタオルを引きあげ、空いた手で肩のあたりをかくした。肌がざわッと緊張する。思いもかけず、悩ましい冴子のポーズに昂奮して、綱だって土俵を割ってしまう。このまま甲錦が突進してきたら、居間のソファまで吹っ飛びそう。甲錦のブッシュは強力で、まともに受けたら、横しかし、甲錦はバツが悪そうに笑って、冴子さんに会いたくて、お座敷はキャンセルしました。


この後どんなセックスが続いたのか

いまだたくましいセックスを欲している

と、言った。大きな身体を特注品らしいアロハシャツで包んでいる。ズボンは、ふつうの男性の四人分くらいの生地が必要だろう。くいと突き出たお腹。ベルトの位置が、冴子の眼の高さくらいに感じる。目立ってしょうがないのが、頭にのっけた大銀杏。ちょっと待っててね。あたし、お風呂すましてくる。

セックスを知っているということが


さっき膣鏡でひろげられたにもかかわらず

その両肩を、甲錦は熊のような大きな手でかかえ、冴子さん、可愛いでーす。と、うなじのあたりに軽くキスをした。あン、いやソ、恥ずかしい。冴子は身をくねらせて、バスルームに逃げこんだ。動悸が早く、乳房がたぷたぷゆれた。バスルームの中では、麻紀が不安そうな眼をして待っている。どうしたの?きちやったのよ。ウッソオ、そんなの、ありィ。お尻の中に感じてしまっていたのです

  • 射精してやったものだが
  • クリトリスに吸い付かれ
  • 射精したい

お尻を交互に叩かれます

亀頭部が難関を突破した

さて、診ようか。そこにかけなさい。手早く総出で片付け、優香以外の衛生士は。はい、よろしくお願いします。いつも患者が座る、歯科独特の椅子に優香は腰を掛けた。院長は手早く椅子をフラットの状態に倒し、ヘッドレストを調整した。そしてタオルを優香の顔に掛け、どうしてだか、手で押さえた。何か薬品の匂いがし。あ先生…何ですかと聞くと同時に軽く意識を失ったようだった。

夫しか知らない清楚な人妻も

気付いた時には、肘掛にしっかりと腕をテープのような物で固定されていた。足までも、膝を折りたたむようにテープでぐるぐる巻きにされ、両側の肘掛に紐で繋がれ大きく開かされていた。スカートはずり上がり、下着が丸見えのはずである。暴れてもらっちゃ困るんでね。固定させてもらったよ。少しお遊びをしようと思って。お遊びって…何をなさるんですか?こんな格好嫌です。

 

愛液をペニスに塗りつけるためだったのだ

人が違ったように冷血な瞳で見降ろして、口元に笑みを浮かべ、開口器具を無理やり優香の口に嵌めてしまった。喋ることも口を閉じることもできない。よく診てあげるよ!あうああう!真上の明るいライトで照らされ、ヘラで口の中を覗かれる。診たところ、虫歯はなさそうだ。ただの知覚過敏だろう。薬を塗っておこう医療用手袋も嵌めず、無遠慮に優香の口中を指でなぞる。
バイブを食い締めた美冴緒の顔が歪んだ

小林の愛撫を

開口器具は余程の事情で口が開かない患者のための器具であり、こんなもの優香に必要であるはずがなかった。身動きとれないよね。麻酔なしで健康な歯を抜こうと、何しようと私の意のままだ。上あごを指先でなぞりながら、恐ろしい言葉を口にする。上あごのくすぐったさと、こんな形で嬲られる理不尽さに、怯えた目で首をわずかにいやいやをするように振るしかない優香ピンク色のユニフォームは立襟で首元までジッパーになっている。者から胸元が見えないように配慮してあるのだ。

パイズリというのは

そのジッパーをスされた。患者の治療中に患ッと下まで下ろまだ夏の名残りのある季節で、その下には下着しか付けていない。うぅ…悲鳴をあげたくても、あげることもできない。キャミソールを引き上げられ、両側から抱きかかえるように背中に両手を回されてブラのホックを外されてしまった。柔らかそうな白い乳房がプクンと飛び出した。可愛いおっぱいだ。毎日これを揉んでみたいと思ってたよ。うぐうや…うぅ。

セックスアピールを感じてしまったのは初めての事で

女も積極的にセックスをしたがるようになる誰にも、吸われたことのない乳首だろうね。院長の大きな手が被さり、やわやわと揉みしだかれる。まだ未発達の小さな乳首をコリコリと摘ほれる。おもむろに、院長は歯の洗浄器具を手に取り、スイッチを入れた。洗浄する器具だ。それが乳首めがけて発射される。高圧水流で歯茎を。ひぃ~~~っ!濡れる冷たさと、するどい刺激に身体がのけぞる。

久々のクンニリングス

由梨恵は吾郎とセックスまでするつもりはなかったのだ

粗大ゴミがバリケードになっているし、背の高い草も生い茂っていて、その手前にベニア板が囲んでいるし、上にもブルシートの屋根があるのです。おじさんたちに囲まれます。いいねえ、女子校生。ホンモノだものね。おまけに初物だからさ。走ってる姿もいいけど、裸はもっといいね。どっと笑い声。手が伸びてきます。七人、十四本の手。唇。脇腹それが触れてきて、動きます。乳房に。乳首に。股間に。股の奥に。ああん。

ザラザラ、ゴツゴツの指くすぐったいような、いやらしいようなも伸びています。汚い手。若いねえ、はじけるような感触だな。まったく、きれいな肌だよね。爪走るのが好きですが、日に焼けるのは嫌い。もともと色は白いほうでしたし。日焼けして赤くなるのが嫌だったのです。だからずっと日焼け止めをしっかりつけてきたので、外にいる時間が長いわりには白いのです。

静香ベトベトに唾液で乳首を湿らせながら


奴隷女に仕上げる

むしゃぶりつきたいなこんなこと、初めてです。大勢に触られている。そして彼らが乳房や乳首をチュウチュウと吸いはじめました。顔をおさえられて、キスをしてくるおじさんもいます。タバコ臭い、いえ歯周病臭い。唾液が流しこまれてきます。うぁぁ。オモチャなんだからね、菜津希ちゃんは。そうだよ、嫌がっちゃダメだよ。

アナルに

興奮しているので、気持ちは野獣でしょう。思いを遂優しい声ですが、げるまで絶対に許してくれないでしょう。おじさんたちが、下半身裸になっています。足を広げられます。左右の人が足を閉じさせないようにがっちりと押さえています。腕も押さえられます。最初にまずおしゃぶりだよ。昨日の復習からだ。そうだ、学生は予習復習が大切だぞ。上半身だけ起き上がらされ、腕を後ろにひねられて、立つおじさんの股間と向き合います。


セックスで女性の快感が深いそうです

亀頭部で喉奥を圧迫された麗は

私をまたぐようにああ汚いオチンチン。臭いオチンチン。ら口を開けて、そこに顔を埋めます。いっぱい並んでいます。自分かしゃぶったとたん、その味で昨日が甦ります。おいしいって言ってごらん。おいしい。笑って、うれしいって言ってごらん。うれしい。言わされて、それが本心のような気がしてきます。

調教を受けていた当時


そして乳首を吸われ軽く噛まれた後に鈴付きのクリップを挟まれる

上手になったじゃないか。一通り、全員にご挨拶だよ。ほど反応しない人もいます。もうちょっと気合い入れてやれよ。今日はこの口の中にある物体が体を貫くのです。こんなことが上達するなんて…。彼らのチンポをしゃぶっていくのです。すぐ固くなる人もいれば、昨日と違い、やや殺気立っているおじさんたち。オナニーしていいよ

  • エッチテクでもう一発抜かれてしまうのだろうけど
  • お尻を両手で広げると
  • 愛撫はお手のものだと言う佐々木の妻キャサリンがまとわリついて

ペニスは2回りくらい太く成長していたが

股間に嫌らしく喰い込ませるように密着させて装着しながらそんな事を言います

紺野をあきらめたとは言え、やはり紺野が彼女をかわいがっているというのが手に取るように見えてしまうと、佳代子はいてもたってもいられな力一。俺も、何人も年上の部下を使う身だ。仕事をする上で、年齢がであるということはひとつの要素になろうとも、絶対的な要素でもなんでもない。だいたいお前がガタガタ言うほど彼女はお前のことを意識してないだろう彼女の言動に我慢が出来なくなってこと。女性同士の和が乱れてますから、部長からもひと言言ってくださいよ。若くして既に部長という役職になっていた紺野につい言ってしまった佳代子に、驚くほど冷たい目の紺野が言ったのだった。

下着を履かせた

仕事を辞して専業主婦となった佳代子に待っていたものは、屈と虚脱感だった。壮大なる退そうして、ひとりで居る昼間の時間がもたらしたのは、自分の性欲と向き合う時間。気が付くとマゾという自分の性癖を意識してしまうような行動をしているのだった。辞めてひと月も経つと、家事をしている時間と睡眠時間以外、の時間をコンピューターの前で過ごすようになった。その大半その手の書籍やビデオなどを買うことがままならなくとも、インタネットにはそれをはるかに凌ぐ文字と写真、そしてネット上での他人との交流という刺激が満ちあふれていた。

 

静香はそのままクリトリスを刺激しつづけた

しのそれは佳代子にとって、全く新しい世界と、マゾであると告白しただけで、たくさんのサディストを自称する男からの賞賛の言葉が与えられる。といううっとりするほど魅惑的な世界だった。しかし、それだけで満足するには佳代子の肉体はマゾとしてその時既に。を積みすぎていた。五池袋駅の北口。待ち合わせに指定された場所は、出口のすぐ前にある。エンペラー。という名の喫茶店だった。指定された時間より三十分ほど早く到着したため、しまうか躊躇ったが、思いのほか風の強い外は寒い。
ペニスの型取りをした時は

チンポだけじゃ物足りないのでキンタマも食べさせてくださいってな

店内にすぐに入ってためら自動扉が横に開く瞬間、自らを励ますように背筋を伸ばした佳代子にそれまで俯いて座っていた数人の女性客が、顔をあげて視線を投げかけてきた。いらっしゃいませ。うつむ銀色のトレイを左手で胸元に持った初老の男性店員が、寄ってくる。あの、禁煙席は。ゆったりと歩みついそう言いたくなるほどに、店の中はタバコの匂いが充満していた。申し訳ございませんが、当店には禁煙席のご用意はございません。仕方がなく、空いている窓側の席に案内をしてもらう。

乳首露出の黒ブラに包まれた豊乳が貢の眼前でゆさゆさと揺れている

待ち合わせの時間にもう一度入り直そうかと思ったが、さっと見渡した店内に空いている。席はたったのふたつ。次に入ってきた時に満席だったらどうしよう、と佳代子は思ったのだっ男にミルクティをオーダーすると、もう一度店内全体を見渡してみる。全部で十五あまりの対面四人がけのテーブル席。ターのような席は佳代子はここに、面接を受けるためにやってきた。実際にここで面接をされるのか、それとも別の場所に行くための単なる。待ち合わせ場所なのかはわからない。そして、見て取れたのはどうやらほぼ全ての席の客がそういう目的で座っているのだということだ。

ひざまずいて下向きになった乳首をつまみ

あまりにも甘美な射精だった女性対女性、女性対男性、相手の到着を待っている女性。まだ少女のような娘も居れば、いかにも水商売のお姉さんといった雰囲気の女性もいる。ゆったりとコーヒーブレイクを楽しんでいるという、人間がひとりもいないのだった。くつろいだ様子の佳代子がそのサイトを見つけたのは本当に偶然だった。いつも使っていたチャットと呼ばれる、パソコンの上で文字を使った会たど話をするサイトから、リンクを辿っている時にいきなり行き着いたのだっ。