月別アーカイブ: 2018年7月

すべてに熟女ならではの匂い立つような色気がある

愛撫というものを受けたことのない理紗には

さあ、わかったらトイレに入るんだ。喜四郎の声が急激に変化を見せた。あいかわらず軽口を叩くような調子だが。今までに聞いたことのない獰猛な響きをはらんでいる。少し気持ち悪いだけで、人畜無害だと見なしていた男が、隠していた毒牙を表に出したようだ。本気だわ。この男は、平気で生徒の人生を破壊できる。戦慄が全身を駆けめぐった。あたりまえだと思っていた平安な日常のなかに、凶悪な怪物が潜んでいたという衝撃が、理紗に大きな決意をさせた。

股間から僅かに浮くと

わたしが生徒たちを護るわ。今は命令に従っても、必ず痴漢グループに対抗する方法が見つかるはずよ。わかったわ。言うことを聞けば、渡辺さんには本当に手を出さないのね。ぼくにも生活があるからな。教師の仕事を捨てたくない。さあ、行こう。理紗の左腕に、喜四郎の右腕がからんでくる。これから夜を楽しもうとする恋人同士のように、喜四郎の蛙顔が晴々と輝き、ぐいぐいと理紗をっばった。

 

女子高生が何か言い出したが

喜四郎がトイレに利用者がいないことを確認すると、すばやく男性用トイレへと入っていく。待って!男のトイレに入るの!?当然だろう。ぼくが女のトイレに入るわけにいかない。でも、わたしは、あっ!覚悟を決めたつもりでも、理紗の足が恐怖に止まってしまう。犯される!必ず犯されるわ!回れ右をして、生徒も学園も投げ捨てて、逃げだそうという衝動に駆られる。脚の筋肉が緊張して、今にも走りだしそうだ。
自分の意思でセックスをたのしめる

エッチになっ一瞬だけ

だが理紗は強靭な意志の力で踏みとどまった。静香ではなく、泉美の今朝の笑顔が頭にある。泉美が撮られている可能性もある。絶対に映像を流出させられない。喜四郎に押された。立ち止まる理紗の背中が、ああっ!理紗は転げるように、男性用トイレの奥の個室へと入れられた。後につづく喜四郎が後ろ手にドアを閉め、鍵をかけるのを目にして、理紗は覚悟ともあきらめともつかない思いを強くする。

従順なだけの奴隷なんか

ここまで来たのよ、理紗ー。理紗が生まれてはじめて目にする男性用トイレの個室には、とくに目新しいものはなかった。理紗が一人で住んでいるマンションのトイレと同じく、洋式の白い便器が鎮座していて、今は白いプラスチックの蓋が下ろしてある。女性用公衆トイレより不潔なイメージがあったが、幸いにもというべきか、便器も四方の仕切りやコ。クリートの床もきれいに清掃されて便器と扉の間に比較的スペースがあり、喜四郎が入口から向かって、右側の仕切りを背にして立った。必然的に理紗は向かつて左側の仕切りを背にして、痴漢教師と対面することになる。

勃起しているのだ

調教を受け始めて以来理紗先生が騒いで、男のトイレに潜む変態女と思われるといけないからな喜四郎が手にした紙バッグを床に置くと、鼠色のスーツの内ポケットから、マジシャンのように白い布を引っぱり出した。両手で布の端を持ちすばやく理紗の顔へ押しつける。とっさに理紗は口を固く閉じ、両手で布の接近を防ごうとした。しかし喜四郎の腕力は予想外に強く、容赦なく白布を唇の間に押しつけられる。E下の歯の間に布が入りこみ、唇の両端に喰いこむ。

人妻好み

すらりとした指が股間を上下に動くと

真面目な良い子。その事故が、亜由美の心のどこかに傷を残していないはずがなかった。つけいるとしたら、そこからだった。真面目な良い子。ほど、一度突き崩せば、どこまでも崩れていってしまうということを、家元はよく知っていたのだ。ふふふ。これで、いただきだねぇ。心の中で舌なめずりをしている。身体の方は、女への興味など全くないが、心を征服するのは違う。
真奈美はさもうれしそうに股間に視線を注いでくる

ペニスを軸に膣のなかをこねながら

男でも女でも、意のままへと陥れる瞬間が。おもしろい。のは、同じだった。アヘンを使って、心のガードを取り払い、意のままに、心を動かす。これほど、画期的な発明だよ、見てらっしゃい、ヤボすけどもめ。家元は、S大の研究員時代、それまで知られてきた、どんなマインドコントロールよりも効率的かつ強力な催眠技術の理論を打ち立てたのだ。しかし、そのあまりの強烈な効果に、周囲の目は、新発見への期待より、悪魔の発明としての危険視、異端視だけになってしまった。

 

もう一方の手でキムの胸を愛撫した

ボスである教授も、研究の差し止めを命じてきた。そんなことができるはずがない。目指した研究は、本人の意志に逆らって、何でもさせられるし、何であれ、しないようにさせられる。ということは、それは、犯罪者の更生にピッタリのはずだった。臨床データを集めれば、すぐにも完成するはずなのだ。しかし、教授に逆らったせいで研究費も、奨学金も差し止められ、あげくは、施設からの事実上の追放だ。
ファックスを送ってるからパンツを被ってアソコを広げる間抜けな姿で人間を操ること。への執着に、周囲が恐怖と、懸念を持ったのだと言うことに、家元は気がつきはしなかった。ただ、自分の研究を邪魔する者達への悪意だけを蓄え込んだだけだった。しかし、今この瞬間は、あの時の悪意も、復讐への思いも飛んでいる。ただ、たとえようのないほど。なこの瞬間を、家元は心から楽しんでいた。家元がニコニコとほほえむその前で、亜由美はすでに、何一つ身につけるものなく横たわっていた。

    1. 彼のチンポを飲み込むときに吸い込むように動くようになって最高だったな...
    1. 陵辱される姿を通りかかった誰かに見られてしまうことが怖かった
    1. オ オマンコしたいですぅ……

四分の一カッブー乳首の露出するブラジャーと黒いガーターベルト

一度閉じた目を開けることができない。真っ暗な闇の底で、亜由美は懸命に考えようとしていた。あの日、自分を助けたことで。お兄ちゃん。の人生は変わってしまった。自分のせいでオリンピックを諦めなければならない。大学だって、決まってたのがダメになったって。そんな私は。良い子。だったのだろうか?親からも、教師からも、周りの大人は、みんなが、亜由美を。
あまりにも甘美な射精だった
子宮頸管を圧迫しはじめた

女膣がきゅむきゅむと締まる

良い子。だと言った。自分でもそうあろうとした。自分が一人の人間の運命を変えてしまったのだ。しかし、良い子。亜由美の。そんな悪魔のような人間が果たしてなのだろうかと、心のどこかがいつも、そう囁いている。は、そんな所にあったのかもしれない。一度、そこに向き合えば、闇から出るのは不可能だ。闇からの声に導かれて、亜由美の心には、次々と。

口内発射って言うんだ

バイブがソロソ口と抜かれると

弟はここは触らないのかな?もったいないね。だけどまあ、から塞いでおく必要がある。これからなわみと仕事をする相手はここが大好きかもしれないガラスの浣腸器でチューっと吸い上げてお尻に刺します。お湯が入ってきます。うぅぅん。すぐに苦しくなります。百ccの注射器で七本も入れられました。グリセリンを二百CCぐらい入れた計算でしょう。きっちり十分、がまんして。ふううう。すぐにお腹が苦しくなります。

び乳首に針先が深く突き刺さってきました

お尻を締めるのが精一杯で、ほかのことなんて考えられません。もうだめ。あと七分。ムリ、限界。まだまだ。トイレに行かせて。だめに決まってるじゃないか。あっ、電話が来た。まだダメだよ。金男は携帯で誰かと話をしています。もうだめ、もうだめ。そう思いますが、勝手にトイレに行けば、どれだけ叱られるかわかりません。ガタガタと震えながら、四つん這いでひたすら耐えるのです。

 

クリトリスを摘み

長い電話です。もう十分は過ぎたのではないでしょうか。出そうになります。少し出たんじゃないかと思います。悪い悪い。ここで出してごらん。トイレに…。もう間に合わないだろ。そんな!やれよ。ううううう。洗面器にしろというのです。リビングの床で。早くしないと大変なことになるよ。ふぇぇぇぇぇ。
はじめて彼俊治が大学1年ではじめてセックスしたころ

お尻をビタビタぶたれて……見てよ

べそをかきながら、洗面器にお尻をおろします。が噴き出します。そして固形物が…。すぐにジャーっと音を立ててお尻から液体金男はわたしの排泄姿を撮影したのです。やめて。だめだ。特典映像だな、これは派手な音を立てて、大量の排泄をしているわたしを彼はビデオで記録するのです。赤岩と金男は気が合うのか、ライバルなのか、わたしから見ていると少しハラハラする関係なのですが、一致しているのは、わたしのすべてを記録して、ネットなどで公開していこう、という点です。なわみの生き方そのものがスゴイんだよ。と赤岩が強調します。ぜんぶ、さらけ出すんだ。

奴隷となるべく売られた

服を着ていても、着てなくても…。そんなことができるでしょうか。それによってわたしはどうなってしまうのでしょうか。終わりました。まだダメだ。風呂場に行く。それをトイレに捨てるんだ。排泄物を捨てに行くところも撮影されてしまいます。風呂場ではお湯を出して、浣腸器でさらにお湯だけを入れます。

お尻の穴から

ペニスを持っていてしするのです。づらい。慣れるよ。それに気持ちがいいはずだけどな。入れては出し、入れては出それは人によるのではないでしょうか。今日の仕事もきついから、覚悟してほしいんだよ。哲次が作った器具を入れて中で膨らませながら、金男が言お尻を洗ってローションをつけ、います。どういう仕事なんですか。野外の撮影会だ。楽しいぞ。絶望的な気持ちになります。野外撮影会。

オマンコの中で尿道口が開いた

ペニスにパーン

部内の暑気払いの二次会の席で。課長、ちょっとご相談があるのですけど、この後もう一軒連れて行っていただけませんか。と自分からきっかけを作ったのだった。紺野は優しい男だった。普段から女子社員だけではなく、後輩の男性社員にも慕われていたしふたつ返事で近くの部下の公私にわたる相談事にもよく乗っているから、ホテルのバーへと連れて行ってくれた。ロングのカクテルをひと口だけ口にしたところで、り出した。課長、Sさんなんですよね。佳代子はいきなり切突然の切り出しに紺野が相当驚くだろうと思いはしたが、まっすぐ切り出す以外の方法を佳代子はみつけることができなかったのだ。
肛門鏡はそうやって

何か……来地鳴りのような音が子宮からハッキリと生まれていた

しかし、彼の反応は佳代子の予測とは全く違っていた。ああ、お前この前俺の電話聞いていたんだろ。まあ大体において、お前がマゾだってこと、俺はもうずっと前から知っていたよ。あのとき、お前が会社から出て来たのも見えていたし、俺に気がついて立ち止まったこともわかっていた。あの正面のガラスにお前、自分が映っていたこと知らなかったんだろう。

 

お尻が丸出しのやはり白の小さなパンティ

紺野の口調はもちろん咎めるようなものではなく、むしろ優しい笑い顔であったのだが、びっくりすると思って話を切り出したのに、逆に驚いた。のは佳代子の方だった。頭に血が上って、顔が真っ赤になっているのが自分でもよくわかり、の表情を確認するどころではなかった。それで、相談というのはそのことかい。あ、はい。彼紺野がピルスナーグラスの生ビールを一気に飲み干したので、佳代子もつられるようにカクテルを半分ほど口にした。あ、でもどうして私がMとお思いになったのですか。
ツンと鼻を衝く匂さっきから下着がきつい奴隷となりながら私、こんな話をした。ら課長はきっと飛び上がるほどびっくりされると思いました。なのに、私の方が飛び上がっちゃつて、あっ。まだドキドキしてます。なんと、紺野は佳代子の質問には答えず、乳房に伸ばしてきた。いきなり右手を佳代子の左の自分の体の中でも、乳房は自慢のパーツだった。ものすごく巨乳と言うほとではないが、Eカップの乳房は十代の頃からほとんど形を変えず、二十代後半になっても充実した張りを保っていた。

    1. 人妻ブルセラ
    1. 男は女のアソコを舐めている
    1. 挿入してくれました

尻を叱咤された貢だが

でなに今日の話は、俺の調教を受けてみたいとかそういうことか服の上からではあるが、強く揉み込まれても抵抗する気配を見せない佳代子に、紺野は言った。いえ、あの、でも課長にはすでに奴隷さんがいらっしゃるようですし、それに奥様も。紺野は右手で痛みを感じるほどに強く乳房を揉み込んだと思うと、少しずつ指をすぼめていき、的確に乳首を捉えてさらにぎゅっとつねりあげる。ように力を込めた。ああっ。こんな場所でと思いながらも、抵抗できない佳代子から屈服の声が漏れSの男性から受けるこのような刺激がこれほど甘美であることは、佳代子の想像をはるかに上回っていた。経験は。男性とはありません。なに、女とだったらあるとでも言うのか。
股間を触りやすいように
体を拘束されただけで

中出しされましたよね

そういえばお前、宝塚の追っかけを学生時代にしていたと言ってたよな。女性とあるという意味ではないんですけど、部活とかで女の先輩によく叩かれたりはしていました。痛いの、好きなんだろう。は、はとうとう佳代子は認めてしまった。紺野は言葉をかけてくるたびに、首を捉えた親指と人指し指に力を加えてくる。はい。は、私を調教してくださいと言ったのと同じだ。他人に自分の性癖を認めたのは初めてだった。

股間を触りやすいように

股間に穴まで空けられたショーツからは

私はその言葉の余りの羞ずかしさに気が遠くなりそぅでしたが、たどたどしく口にして言ったのです。お、奥方様…私のえっちな、お、んちんを食べさせてください…。よくそんなことが言えたもんだね、おまんこにぷっとい、お、おちこのどスケベ女!お母さん。はそんな言葉と同時に、その素晴らしい器具を私の疼き上がる股間に当てがって来ました。私は不自由な腰をグッと迫り出すような浅ましいポーズになり、必死でその男性の形をした物をアソコでくわえ込もうとします。

あまりにも卑猥なその腰の動きは。どスケベ女。と罵られても当然だと思いました。心の底からソレが欲しくて欲しくて、もうためらったり格好を気にしている余裕は全くありません。ふおおおつつつす、凄いです、奥方様あくっつつとうとう幹の部分がメリメリと私のアソコを抉るように侵入して来ると私は脳が焼かれるような強烈極まりない愉悦を覚え、素直に感激を口にしてさっき知ったばかりの。奥方様。と言う言葉まで自然と口を付いて出て来ました。バイブの振動が面白いように私の官能に訴え掛けて来るし、挿入が深まってパール玉がグルグル回ってくれる心地良さはもうこの言語に絶する素晴らしさでした。

僕の股間から向ける本当にイキち○ぼからスポッと唇を離したゆうこちゃん


股間にいってしまうようでした

ぃっちゃう!いっちゃいそおっっ!何とそれを入れられただけでアクメを極めそうになった私でしたが。お母さん。はピタッとバイブを止めてしまいました。おっと危ない所だったね。それにしても、いきなりイッテしまいそうになるなんて、少しはしたなさ過ぎるんじゃないかい?私が極めそうになった様子までしっかり観察されているのです。年の功と言う事もあるでしょうし、同性だからと言う事もあるでしょう。お母さん。の手管に手もなく翻弄されて、どんどん性の深みにはまっていく自分を理性ではもうどうにも抑えられませんでした。

横道は指を抜き挿しさせながら子宮頸管を指頭で押し上げてきた

ホラ、こういう風にクリに当てるんだよ。ヒイイーッッッ太い幹を奥深くまで挿入した。お母さん。は、私のえっちなお豆の包皮をクリンと指でめくると、物凄く敏感な上薬の効果で極限までズキズキと疼き上がっていた尖りに丸っこいコブを当てて来ました。本当にイキそうな位の痛烈な快感がズキッと走って大声が出てしまい、お母さん。にからかわれてしまいましたが、これがバイブなんか始めたらあっと言う間に弾けてしまうのは間違いありませんでした。そしてここまでセットして、一休みとばかり手を休めてしまった。


アナルに埋まった結び目が擦れる快感にウットリと悶絶しながら先生に歩み寄った私は

へたり込んでお尻を拭くこともできないので

お母さん。お父さん。に言ったのです。お父さん、この子に自分の立場をハッキリと教えてやりましょうかね。そうだな…。そら、コイツが動いたらあっと言う間に天国だよ、美咲。お父さんに教えてもらって、奴隷の立場をハッキリ言いなさい。抜いちまうからね…。言えなきゃ、コイツはああ、何て淫らで辛い試練なのでしょう。極限までウズウズと燃え上がリはしたない言葉を口にしてまでえっちな道具をくわえさせてもらった私のおまんこは、絶頂を寸前に止められてしまったもどかしさで本当に頭が変になってしまいそうです。

勃起させられてしまう米倉は


何度目なのかもわからないオーガズムに向けて

もし本当にこのままおあずけを喰らってしまったら、私は正気を保つ自信はありませんでした。お父さん。が耳元で囁いて来た言葉は、恐るべき悪辣なものでした。わ、私は…。本当にそんなことがこの世で許されて良いのでしょうか。いくら何でもひど過ぎると、その内容を聞いてそう思った私は、涙がとめどなく溢れて言葉が詰まってしまいました。それは私にとって人生の終焉を意味するような内容だったのです。アソコに刺さったままで

  • なおも膣の周囲を舐めまわしつづける
  • ヨガ教室での毎朝の調教
  • どうして下着を着てきたんだ