月別アーカイブ: 2018年8月

あの上手なフェラを仕込んだのは誰なのか

亀頭をつまんで上下に素早く摩擦し始めた

クリトリスを擦りているようだ
ペニスを咥えた肉びらがゆっくりと上下する女の尻が好きな牧瀬にとって

梶山会長の差しまわしのベンツ560の後部座席に収まって、二人は出発した。空港から五分も走ると、道央自動車道の千歳インタひろびろとしたフリーウェーを、ベンツはスピードを上げて札幌へ向かう。あたし、さっきイッちゃつたの。麻衣が、に打ち明けた。わかってたわよ。頭の中が白くなってツンツンって。パンティー、着替えなくていい?濡れちやったでしょ。そうだけど札幌までに乾くと思う。武井くんの名前聞いただけでそれじゃア…本人を眼の前にしたら、どうなるの?
下着の ラインから鼠蹊部までの

オナニーだから

わからない。すごく不安。精神安定剤、もってくればよかったわ。いいわ。あたし、じゃんじゃん、お酒飲んじゃう。二人の女の子は、緊張のあまりこちこち。里絵は立場上、麻衣にブレーキをかけているが、その里絵も武井豊·騎手の大ファンなのだ。それにしても、梶山源吾はさすがに手まわしがいい。彼女たちの千歳への到着便にあわせて、空港へ迎えの車を出し、ホテルのメーンダイニングを予約して武井を招いておいたのだ。

処女を強奪した男へ顔を向けた

ベンツは途中、たいした交通渋滞にもあわず、札幌市の中心部に乗り入れていた。ライラックの季節は終わったが、札幌の大通公園にはさまざまな花が咲き乱れ、エルムやポプラの葉が涼しげに風にゆれている。さ、どうぞ。会長がお待ちですから。田中に促されて麻衣と里絵は、ロビーに入って行く。札幌は、ホテルの多い街である。市の中心部はもちろん、郊外に到るまで、大きなホテルが杯ある。それなのに、夏の札幌はホテルの予約をとるのは容易ではない。
高ぶったペニスを取り出した

乳首にきちんと装着されているのか

涼しい北海道に憧れる、本州からのレジャー客が多いのだ。札幌グランドホテルは札幌きっての老舗であり、場所が大通公園と道庁の中間という一等地にある。セピア色のずっしりとした外観。ロビーもひろびろ。麻衣と里絵は足がもつれるぐらい緊張していた。クロークに荷物を入れ、二人はみつめあった。

じかに掴んで膣へ挿入男は嘲るような口調で言い
ちっとは大きくなるだろうが男の股間から

なぜか高速ピストンを実践する男が多すぎるような気がします

尻は良い感触だよなあお化粧、直さなくてもいいかしら?オーケーよ。雰囲気いいわよ。彼女たちは、お互いに確認をすると、さっとエレベーターに乗りこんだ。麻衣、武井豊-くんに、どんな感じで迫る?問題は、そこよね。ちゃらちゃらして、武井騎手の大ファンです、というのは、やめよう。軽く見られちゃうもんね。かと言って、つんつんしてたら、この女たちバッカじゃなかろうか…。セッティングしてくれた梶山会長にも悪いわよ。
あの上手なフェラを仕込んだのは誰なのか

必死にお尻を振っても

雰囲気、壊さないようにしなきゃ。結局、出たとこ勝負よ。エレベーターを降りると、制服のボーイがさっとよってきた。梶山会長は、いらしてるかしら?あ、武井豊一さまと、席でお待ちでございます。ボーイに先導されて、里絵と麻衣は、窓際の奥まった席に案内された。会長、どうもさっそくお招き下さいまして。こちら友だちの大内里絵さん。麻衣は、にこやかに挨拶した。

女も積極的にセックスをしたがるようになる

セックスに余念がない

けれども、入れ替わりに電話してきたA氏が。いや!ミクを呼ぶ前にみんなで公衆便所を掃除するのは大変なんですよ。ミクを本気で病気にするワケにはいきませんからね。と笑ったのを聞いて。彼が一緒なら大丈夫かなと、少しだけ明るい気持ちになれたのでした。冬の寒さに身を縮めていた花は、春の陽光に誘われて一斉につぼみをほころばせる。

少年を思わせるような、どこかしら硬い線の細身が、高校卒業間際に、一気に女らしくなっ突然、満開になった桜のように、男の目を引きつけてやまなくなった和花。細い身体がもたらした、強調効果のせいかもしれないが、実際、遅れて実った果実のように、胸は一気に大きくなった。まだ硬くても、女を強調するクリンと丸いヒップも、細いウエストに強調されて、ひときわ目を引く。ゆったりした服の上からでもわかる、掌にも余りそうな膨らみも尻も、折れそうなほど細い身体と結びつけば、男達の淫靡な目を引きつけずはいられないのだ。おまけに、結婚して6年もたてば、女らしい脂が適度についてきて、その細身を抱きしめた。

乳首への針責め


ジーンズはお尻で留る位置にあり

ときの柔らかさを想像させるには十分すぎた。人妻の健全すぎるほどの、しかし、たっぷりとしたセックスを思わせる色気。細すぎる身体全体に、女らしさが、さらに柔らかく、しっとりと強調されるようになったというわけだ。本人が嫌になるほど男の目を引きつけてしまう胸は、長男を生んだ直後にFカップを越えた。が、今はさすがに、落ち着いた。それでも、夫婦の慈しむようなセックスが、硬めだった胸をほぐしたせいか、結婚前よりもワンサイズ大きくなってはいた。

射精させられるのは仕方ないでしょ

ヨガ用の厚手のレオタード姿であっても、身体のラインが強調されるのは同じことだ。こんな身体を目の前にすれば、男の視線が、粘り着くのは当然かもしれない。ピッチリした布地一枚下にある、グッと張り出した腰の肉付き、柔らかい胸の膨らみを、男達は妄想せずにはいられないものだ。そんな視線が、当の本人にとっては、いたって苦痛にはなっても、男にとっては悦楽の光景となる。和花みたさの会員が囁くウワサに、新たな会員を呼び、和花の受け持つクラスは今やダントツの人気となっている。


ぬらぬらした亀頭部で焦らすように花肉をなぞりあげた若々しく張りつめたキュートなヒ

チンポを締めて揉み込んでくる

あからさまなセクハラをしてくる会員はいないが、ヨガを学ぶよりも、レオタード姿の和花を見に来ているんではないかと思えるほど熱心な、男の視線に戸惑うこともしばしば。実際、教室が終わった後、質問という形を取って、話しかけてくる男は後をたたず、携帯のアドレスを、そっと渡されることもしょっちゅうだった。だが、見る者を引きつけて離さない魅力的なその身体とは裏腹に、和花がつきあったことのある男性は夫だけ。今までも、そして、これからもそうだと、和花自身が知っていた。会社がつぶれて、今は失業中の夫だが、懸命に仕事を探し、慣れぬバイトを掛け持ちしているのは妻と、一粒種の長男への愛情の証なのだ。

オンナの肉体がオーガズムを味わっているに違い


乳首にまで執拗に薬を塗ってしまう頃には

それだけに、ハローワークが閉まる週末の晩は、誰もがうらやむような肉体を夫にゆだね、夫婦の愛情を確かめ合うようなセックスが定番となっている。今夜も、子どもが寝たのを用心深く確認すると、静かな営みを行っている。あっ、あっ。こらえきれぬ小さな声が和花の唇から漏れている。恥ずかしい。小さなささやき声。和花の白い両脚を、ああ、夫がグッとかき分けて、秘部に舌を遣っている。あっ、あん。小さな声が漏れる度に口を押さえようとするが、こらえきれるものではない。肉棒の根元を指でつまんで扱いていく

  • フェラは
  • 尻たぼを拡げた姿勢は保ち
  • 肉棒が口のなかでどんどん大きくなり

クンニを始めてから3分と経たず

挿入したグランスをねじったり

これをお尻の中に入れて、吊り上げるの?そうだよ。なわみは、縛られるために生きているんだ。らないとね。そうか。だから鼻にも縄を入れたのね。お尻の穴だってどこだって、縛ってやおびその話をするとわたしが怯えるので、彼女はおもしろがってわざと鼻縄の話をするのです。ねぇ、いっそのこと、縄を飲ませてみたら?体の中を縄が通っていくんじゃない?はあうう、お願い、そんなことはしないでぇ。

むっちりとした尻のまるみを撫でると同時にその線を指でなぞっていると

聞いただけでも恐ろしいことです。なるほど。それを鼻から通せばおもしろいかな?絶対、おもしろいよ。体の中に縄を通す…。そんなこと、できるわけがないでしょう。話題になるわよ。シェリーって、けっこうすごいことを考えるね。金男は笑いながら、アナルフックを押し込んできました。

 

頂きの部分にちょんとのった乳首に守は魅せられた

敏感になっている粘膜に冷たい金属があたり、えぐるように内部に入り込んできます。貞操器具とは違い、大きいので、その異物感は強烈です。これで吊り下げるんだ。フックには縄が取り付けられ、ううっ。どうなの、なわみ。パイプにひっかけて、力をかけていきます。叫び出しそうですが、彼らは猿ぐつわをしません。彼らの理屈は。これは練習なんだからなわみの感想を聞きながらやらないといけないし、そもそもおまえの快楽のために協力してやってるんだから、わめいたり叫ぶのも自分の責任だよ。窓を開けているから、昼間の外の音が入ってきます。
処女膜を切開してやろう

君子は大きな桃のような尻を突き上げながら犬這いの格好になったみを起こした

マンションの一室。泣き叫べば近隣に聞こえてしまうでしょう。そうするのかどうかはわたし次第だと言うのです。はああ、すごく痛いです。お尻が裂けてしまいそう…。痛いって言われてもねえ。シェリーが金男と一緒になって縄に体重をかけ、お尻が吊り上げられます。うっ、だめ、裂けちゃう。できるだけ声を抑えているつもりですが、この苦しさをうまく伝えることができません。

クリトリスに舌を伸ばしてきた

裂けやしないよ。大げさだな。金男はフックが入り込んでいる肛門に指を入れてきました。うわ、パックリ開いちゃってる。背中の方にお尻が持ち上げられ、そのせいで開いたように見えるのです。奥様はお尻で感じるのかしら?どうかな。特別にそういう調教はしていないんだよ。これまで、なわみの二つの穴は哲次のものだったからね。だけど、あの器具を入れられて、開発されてきたんじゃない?

身動きできぬ真菜のお尻に

レイププレイに数回使える程度ではいかんともしがたかろうかもしれないな。浣腸もうれしそうだったし。強制収監それが既に三日前の夜のニュースだと、画面に現れた夜七時を指す時計の表示の下に出た日付でわかった。行方がわからなくなり、警察が昨日から公開捜査に切り替えて探していた関東電力会長の妻で五十嵐有香さんの娘、紫織さん十五歳が、本日夕方無事に保護されました。警察では、紫織さんを誘拐監禁していたとして、世田谷区下馬の会社役員柳田淳一容疑者とその妻柳田みゆき容疑者のふたりを未成年者誘拐と監禁、婦女暴行の罪の疑いで逮捕いたしました。また、心労から千葉県内の病院に入院している有香さんの実の姉にあたる女も何らかの事情を知っているものとみて、任意同行を求めて警察で事情を聞いていましたが、つい先程逮捕されたとの一報が入って参りました。