投稿者「adin」のアーカイブ

あの上手なフェラを仕込んだのは誰なのか

亀頭をつまんで上下に素早く摩擦し始めた

クリトリスを擦りているようだ
ペニスを咥えた肉びらがゆっくりと上下する女の尻が好きな牧瀬にとって

梶山会長の差しまわしのベンツ560の後部座席に収まって、二人は出発した。空港から五分も走ると、道央自動車道の千歳インタひろびろとしたフリーウェーを、ベンツはスピードを上げて札幌へ向かう。あたし、さっきイッちゃつたの。麻衣が、に打ち明けた。わかってたわよ。頭の中が白くなってツンツンって。パンティー、着替えなくていい?濡れちやったでしょ。そうだけど札幌までに乾くと思う。武井くんの名前聞いただけでそれじゃア…本人を眼の前にしたら、どうなるの?
下着の ラインから鼠蹊部までの

オナニーだから

わからない。すごく不安。精神安定剤、もってくればよかったわ。いいわ。あたし、じゃんじゃん、お酒飲んじゃう。二人の女の子は、緊張のあまりこちこち。里絵は立場上、麻衣にブレーキをかけているが、その里絵も武井豊·騎手の大ファンなのだ。それにしても、梶山源吾はさすがに手まわしがいい。彼女たちの千歳への到着便にあわせて、空港へ迎えの車を出し、ホテルのメーンダイニングを予約して武井を招いておいたのだ。

処女を強奪した男へ顔を向けた

ベンツは途中、たいした交通渋滞にもあわず、札幌市の中心部に乗り入れていた。ライラックの季節は終わったが、札幌の大通公園にはさまざまな花が咲き乱れ、エルムやポプラの葉が涼しげに風にゆれている。さ、どうぞ。会長がお待ちですから。田中に促されて麻衣と里絵は、ロビーに入って行く。札幌は、ホテルの多い街である。市の中心部はもちろん、郊外に到るまで、大きなホテルが杯ある。それなのに、夏の札幌はホテルの予約をとるのは容易ではない。
高ぶったペニスを取り出した

乳首にきちんと装着されているのか

涼しい北海道に憧れる、本州からのレジャー客が多いのだ。札幌グランドホテルは札幌きっての老舗であり、場所が大通公園と道庁の中間という一等地にある。セピア色のずっしりとした外観。ロビーもひろびろ。麻衣と里絵は足がもつれるぐらい緊張していた。クロークに荷物を入れ、二人はみつめあった。

じかに掴んで膣へ挿入男は嘲るような口調で言い
ちっとは大きくなるだろうが男の股間から

なぜか高速ピストンを実践する男が多すぎるような気がします

尻は良い感触だよなあお化粧、直さなくてもいいかしら?オーケーよ。雰囲気いいわよ。彼女たちは、お互いに確認をすると、さっとエレベーターに乗りこんだ。麻衣、武井豊-くんに、どんな感じで迫る?問題は、そこよね。ちゃらちゃらして、武井騎手の大ファンです、というのは、やめよう。軽く見られちゃうもんね。かと言って、つんつんしてたら、この女たちバッカじゃなかろうか…。セッティングしてくれた梶山会長にも悪いわよ。
あの上手なフェラを仕込んだのは誰なのか

必死にお尻を振っても

雰囲気、壊さないようにしなきゃ。結局、出たとこ勝負よ。エレベーターを降りると、制服のボーイがさっとよってきた。梶山会長は、いらしてるかしら?あ、武井豊一さまと、席でお待ちでございます。ボーイに先導されて、里絵と麻衣は、窓際の奥まった席に案内された。会長、どうもさっそくお招き下さいまして。こちら友だちの大内里絵さん。麻衣は、にこやかに挨拶した。

女も積極的にセックスをしたがるようになる

セックスに余念がない

けれども、入れ替わりに電話してきたA氏が。いや!ミクを呼ぶ前にみんなで公衆便所を掃除するのは大変なんですよ。ミクを本気で病気にするワケにはいきませんからね。と笑ったのを聞いて。彼が一緒なら大丈夫かなと、少しだけ明るい気持ちになれたのでした。冬の寒さに身を縮めていた花は、春の陽光に誘われて一斉につぼみをほころばせる。

少年を思わせるような、どこかしら硬い線の細身が、高校卒業間際に、一気に女らしくなっ突然、満開になった桜のように、男の目を引きつけてやまなくなった和花。細い身体がもたらした、強調効果のせいかもしれないが、実際、遅れて実った果実のように、胸は一気に大きくなった。まだ硬くても、女を強調するクリンと丸いヒップも、細いウエストに強調されて、ひときわ目を引く。ゆったりした服の上からでもわかる、掌にも余りそうな膨らみも尻も、折れそうなほど細い身体と結びつけば、男達の淫靡な目を引きつけずはいられないのだ。おまけに、結婚して6年もたてば、女らしい脂が適度についてきて、その細身を抱きしめた。

乳首への針責め


ジーンズはお尻で留る位置にあり

ときの柔らかさを想像させるには十分すぎた。人妻の健全すぎるほどの、しかし、たっぷりとしたセックスを思わせる色気。細すぎる身体全体に、女らしさが、さらに柔らかく、しっとりと強調されるようになったというわけだ。本人が嫌になるほど男の目を引きつけてしまう胸は、長男を生んだ直後にFカップを越えた。が、今はさすがに、落ち着いた。それでも、夫婦の慈しむようなセックスが、硬めだった胸をほぐしたせいか、結婚前よりもワンサイズ大きくなってはいた。

射精させられるのは仕方ないでしょ

ヨガ用の厚手のレオタード姿であっても、身体のラインが強調されるのは同じことだ。こんな身体を目の前にすれば、男の視線が、粘り着くのは当然かもしれない。ピッチリした布地一枚下にある、グッと張り出した腰の肉付き、柔らかい胸の膨らみを、男達は妄想せずにはいられないものだ。そんな視線が、当の本人にとっては、いたって苦痛にはなっても、男にとっては悦楽の光景となる。和花みたさの会員が囁くウワサに、新たな会員を呼び、和花の受け持つクラスは今やダントツの人気となっている。


ぬらぬらした亀頭部で焦らすように花肉をなぞりあげた若々しく張りつめたキュートなヒ

チンポを締めて揉み込んでくる

あからさまなセクハラをしてくる会員はいないが、ヨガを学ぶよりも、レオタード姿の和花を見に来ているんではないかと思えるほど熱心な、男の視線に戸惑うこともしばしば。実際、教室が終わった後、質問という形を取って、話しかけてくる男は後をたたず、携帯のアドレスを、そっと渡されることもしょっちゅうだった。だが、見る者を引きつけて離さない魅力的なその身体とは裏腹に、和花がつきあったことのある男性は夫だけ。今までも、そして、これからもそうだと、和花自身が知っていた。会社がつぶれて、今は失業中の夫だが、懸命に仕事を探し、慣れぬバイトを掛け持ちしているのは妻と、一粒種の長男への愛情の証なのだ。

オンナの肉体がオーガズムを味わっているに違い


乳首にまで執拗に薬を塗ってしまう頃には

それだけに、ハローワークが閉まる週末の晩は、誰もがうらやむような肉体を夫にゆだね、夫婦の愛情を確かめ合うようなセックスが定番となっている。今夜も、子どもが寝たのを用心深く確認すると、静かな営みを行っている。あっ、あっ。こらえきれぬ小さな声が和花の唇から漏れている。恥ずかしい。小さなささやき声。和花の白い両脚を、ああ、夫がグッとかき分けて、秘部に舌を遣っている。あっ、あん。小さな声が漏れる度に口を押さえようとするが、こらえきれるものではない。肉棒の根元を指でつまんで扱いていく

  • フェラは
  • 尻たぼを拡げた姿勢は保ち
  • 肉棒が口のなかでどんどん大きくなり

クンニを始めてから3分と経たず

挿入したグランスをねじったり

これをお尻の中に入れて、吊り上げるの?そうだよ。なわみは、縛られるために生きているんだ。らないとね。そうか。だから鼻にも縄を入れたのね。お尻の穴だってどこだって、縛ってやおびその話をするとわたしが怯えるので、彼女はおもしろがってわざと鼻縄の話をするのです。ねぇ、いっそのこと、縄を飲ませてみたら?体の中を縄が通っていくんじゃない?はあうう、お願い、そんなことはしないでぇ。

むっちりとした尻のまるみを撫でると同時にその線を指でなぞっていると

聞いただけでも恐ろしいことです。なるほど。それを鼻から通せばおもしろいかな?絶対、おもしろいよ。体の中に縄を通す…。そんなこと、できるわけがないでしょう。話題になるわよ。シェリーって、けっこうすごいことを考えるね。金男は笑いながら、アナルフックを押し込んできました。

 

頂きの部分にちょんとのった乳首に守は魅せられた

敏感になっている粘膜に冷たい金属があたり、えぐるように内部に入り込んできます。貞操器具とは違い、大きいので、その異物感は強烈です。これで吊り下げるんだ。フックには縄が取り付けられ、ううっ。どうなの、なわみ。パイプにひっかけて、力をかけていきます。叫び出しそうですが、彼らは猿ぐつわをしません。彼らの理屈は。これは練習なんだからなわみの感想を聞きながらやらないといけないし、そもそもおまえの快楽のために協力してやってるんだから、わめいたり叫ぶのも自分の責任だよ。窓を開けているから、昼間の外の音が入ってきます。
処女膜を切開してやろう

君子は大きな桃のような尻を突き上げながら犬這いの格好になったみを起こした

マンションの一室。泣き叫べば近隣に聞こえてしまうでしょう。そうするのかどうかはわたし次第だと言うのです。はああ、すごく痛いです。お尻が裂けてしまいそう…。痛いって言われてもねえ。シェリーが金男と一緒になって縄に体重をかけ、お尻が吊り上げられます。うっ、だめ、裂けちゃう。できるだけ声を抑えているつもりですが、この苦しさをうまく伝えることができません。

クリトリスに舌を伸ばしてきた

裂けやしないよ。大げさだな。金男はフックが入り込んでいる肛門に指を入れてきました。うわ、パックリ開いちゃってる。背中の方にお尻が持ち上げられ、そのせいで開いたように見えるのです。奥様はお尻で感じるのかしら?どうかな。特別にそういう調教はしていないんだよ。これまで、なわみの二つの穴は哲次のものだったからね。だけど、あの器具を入れられて、開発されてきたんじゃない?

身動きできぬ真菜のお尻に

レイププレイに数回使える程度ではいかんともしがたかろうかもしれないな。浣腸もうれしそうだったし。強制収監それが既に三日前の夜のニュースだと、画面に現れた夜七時を指す時計の表示の下に出た日付でわかった。行方がわからなくなり、警察が昨日から公開捜査に切り替えて探していた関東電力会長の妻で五十嵐有香さんの娘、紫織さん十五歳が、本日夕方無事に保護されました。警察では、紫織さんを誘拐監禁していたとして、世田谷区下馬の会社役員柳田淳一容疑者とその妻柳田みゆき容疑者のふたりを未成年者誘拐と監禁、婦女暴行の罪の疑いで逮捕いたしました。また、心労から千葉県内の病院に入院している有香さんの実の姉にあたる女も何らかの事情を知っているものとみて、任意同行を求めて警察で事情を聞いていましたが、つい先程逮捕されたとの一報が入って参りました。

すべてに熟女ならではの匂い立つような色気がある

愛撫というものを受けたことのない理紗には

さあ、わかったらトイレに入るんだ。喜四郎の声が急激に変化を見せた。あいかわらず軽口を叩くような調子だが。今までに聞いたことのない獰猛な響きをはらんでいる。少し気持ち悪いだけで、人畜無害だと見なしていた男が、隠していた毒牙を表に出したようだ。本気だわ。この男は、平気で生徒の人生を破壊できる。戦慄が全身を駆けめぐった。あたりまえだと思っていた平安な日常のなかに、凶悪な怪物が潜んでいたという衝撃が、理紗に大きな決意をさせた。

股間から僅かに浮くと

わたしが生徒たちを護るわ。今は命令に従っても、必ず痴漢グループに対抗する方法が見つかるはずよ。わかったわ。言うことを聞けば、渡辺さんには本当に手を出さないのね。ぼくにも生活があるからな。教師の仕事を捨てたくない。さあ、行こう。理紗の左腕に、喜四郎の右腕がからんでくる。これから夜を楽しもうとする恋人同士のように、喜四郎の蛙顔が晴々と輝き、ぐいぐいと理紗をっばった。

 

女子高生が何か言い出したが

喜四郎がトイレに利用者がいないことを確認すると、すばやく男性用トイレへと入っていく。待って!男のトイレに入るの!?当然だろう。ぼくが女のトイレに入るわけにいかない。でも、わたしは、あっ!覚悟を決めたつもりでも、理紗の足が恐怖に止まってしまう。犯される!必ず犯されるわ!回れ右をして、生徒も学園も投げ捨てて、逃げだそうという衝動に駆られる。脚の筋肉が緊張して、今にも走りだしそうだ。
自分の意思でセックスをたのしめる

エッチになっ一瞬だけ

だが理紗は強靭な意志の力で踏みとどまった。静香ではなく、泉美の今朝の笑顔が頭にある。泉美が撮られている可能性もある。絶対に映像を流出させられない。喜四郎に押された。立ち止まる理紗の背中が、ああっ!理紗は転げるように、男性用トイレの奥の個室へと入れられた。後につづく喜四郎が後ろ手にドアを閉め、鍵をかけるのを目にして、理紗は覚悟ともあきらめともつかない思いを強くする。

従順なだけの奴隷なんか

ここまで来たのよ、理紗ー。理紗が生まれてはじめて目にする男性用トイレの個室には、とくに目新しいものはなかった。理紗が一人で住んでいるマンションのトイレと同じく、洋式の白い便器が鎮座していて、今は白いプラスチックの蓋が下ろしてある。女性用公衆トイレより不潔なイメージがあったが、幸いにもというべきか、便器も四方の仕切りやコ。クリートの床もきれいに清掃されて便器と扉の間に比較的スペースがあり、喜四郎が入口から向かって、右側の仕切りを背にして立った。必然的に理紗は向かつて左側の仕切りを背にして、痴漢教師と対面することになる。

勃起しているのだ

調教を受け始めて以来理紗先生が騒いで、男のトイレに潜む変態女と思われるといけないからな喜四郎が手にした紙バッグを床に置くと、鼠色のスーツの内ポケットから、マジシャンのように白い布を引っぱり出した。両手で布の端を持ちすばやく理紗の顔へ押しつける。とっさに理紗は口を固く閉じ、両手で布の接近を防ごうとした。しかし喜四郎の腕力は予想外に強く、容赦なく白布を唇の間に押しつけられる。E下の歯の間に布が入りこみ、唇の両端に喰いこむ。

人妻好み

すらりとした指が股間を上下に動くと

真面目な良い子。その事故が、亜由美の心のどこかに傷を残していないはずがなかった。つけいるとしたら、そこからだった。真面目な良い子。ほど、一度突き崩せば、どこまでも崩れていってしまうということを、家元はよく知っていたのだ。ふふふ。これで、いただきだねぇ。心の中で舌なめずりをしている。身体の方は、女への興味など全くないが、心を征服するのは違う。
真奈美はさもうれしそうに股間に視線を注いでくる

ペニスを軸に膣のなかをこねながら

男でも女でも、意のままへと陥れる瞬間が。おもしろい。のは、同じだった。アヘンを使って、心のガードを取り払い、意のままに、心を動かす。これほど、画期的な発明だよ、見てらっしゃい、ヤボすけどもめ。家元は、S大の研究員時代、それまで知られてきた、どんなマインドコントロールよりも効率的かつ強力な催眠技術の理論を打ち立てたのだ。しかし、そのあまりの強烈な効果に、周囲の目は、新発見への期待より、悪魔の発明としての危険視、異端視だけになってしまった。

 

もう一方の手でキムの胸を愛撫した

ボスである教授も、研究の差し止めを命じてきた。そんなことができるはずがない。目指した研究は、本人の意志に逆らって、何でもさせられるし、何であれ、しないようにさせられる。ということは、それは、犯罪者の更生にピッタリのはずだった。臨床データを集めれば、すぐにも完成するはずなのだ。しかし、教授に逆らったせいで研究費も、奨学金も差し止められ、あげくは、施設からの事実上の追放だ。
ファックスを送ってるからパンツを被ってアソコを広げる間抜けな姿で人間を操ること。への執着に、周囲が恐怖と、懸念を持ったのだと言うことに、家元は気がつきはしなかった。ただ、自分の研究を邪魔する者達への悪意だけを蓄え込んだだけだった。しかし、今この瞬間は、あの時の悪意も、復讐への思いも飛んでいる。ただ、たとえようのないほど。なこの瞬間を、家元は心から楽しんでいた。家元がニコニコとほほえむその前で、亜由美はすでに、何一つ身につけるものなく横たわっていた。

    1. 彼のチンポを飲み込むときに吸い込むように動くようになって最高だったな...
    1. 陵辱される姿を通りかかった誰かに見られてしまうことが怖かった
    1. オ オマンコしたいですぅ……

四分の一カッブー乳首の露出するブラジャーと黒いガーターベルト

一度閉じた目を開けることができない。真っ暗な闇の底で、亜由美は懸命に考えようとしていた。あの日、自分を助けたことで。お兄ちゃん。の人生は変わってしまった。自分のせいでオリンピックを諦めなければならない。大学だって、決まってたのがダメになったって。そんな私は。良い子。だったのだろうか?親からも、教師からも、周りの大人は、みんなが、亜由美を。
あまりにも甘美な射精だった
子宮頸管を圧迫しはじめた

女膣がきゅむきゅむと締まる

良い子。だと言った。自分でもそうあろうとした。自分が一人の人間の運命を変えてしまったのだ。しかし、良い子。亜由美の。そんな悪魔のような人間が果たしてなのだろうかと、心のどこかがいつも、そう囁いている。は、そんな所にあったのかもしれない。一度、そこに向き合えば、闇から出るのは不可能だ。闇からの声に導かれて、亜由美の心には、次々と。

口内発射って言うんだ

バイブがソロソ口と抜かれると

弟はここは触らないのかな?もったいないね。だけどまあ、から塞いでおく必要がある。これからなわみと仕事をする相手はここが大好きかもしれないガラスの浣腸器でチューっと吸い上げてお尻に刺します。お湯が入ってきます。うぅぅん。すぐに苦しくなります。百ccの注射器で七本も入れられました。グリセリンを二百CCぐらい入れた計算でしょう。きっちり十分、がまんして。ふううう。すぐにお腹が苦しくなります。

び乳首に針先が深く突き刺さってきました

お尻を締めるのが精一杯で、ほかのことなんて考えられません。もうだめ。あと七分。ムリ、限界。まだまだ。トイレに行かせて。だめに決まってるじゃないか。あっ、電話が来た。まだダメだよ。金男は携帯で誰かと話をしています。もうだめ、もうだめ。そう思いますが、勝手にトイレに行けば、どれだけ叱られるかわかりません。ガタガタと震えながら、四つん這いでひたすら耐えるのです。

 

クリトリスを摘み

長い電話です。もう十分は過ぎたのではないでしょうか。出そうになります。少し出たんじゃないかと思います。悪い悪い。ここで出してごらん。トイレに…。もう間に合わないだろ。そんな!やれよ。ううううう。洗面器にしろというのです。リビングの床で。早くしないと大変なことになるよ。ふぇぇぇぇぇ。
はじめて彼俊治が大学1年ではじめてセックスしたころ

お尻をビタビタぶたれて……見てよ

べそをかきながら、洗面器にお尻をおろします。が噴き出します。そして固形物が…。すぐにジャーっと音を立ててお尻から液体金男はわたしの排泄姿を撮影したのです。やめて。だめだ。特典映像だな、これは派手な音を立てて、大量の排泄をしているわたしを彼はビデオで記録するのです。赤岩と金男は気が合うのか、ライバルなのか、わたしから見ていると少しハラハラする関係なのですが、一致しているのは、わたしのすべてを記録して、ネットなどで公開していこう、という点です。なわみの生き方そのものがスゴイんだよ。と赤岩が強調します。ぜんぶ、さらけ出すんだ。

奴隷となるべく売られた

服を着ていても、着てなくても…。そんなことができるでしょうか。それによってわたしはどうなってしまうのでしょうか。終わりました。まだダメだ。風呂場に行く。それをトイレに捨てるんだ。排泄物を捨てに行くところも撮影されてしまいます。風呂場ではお湯を出して、浣腸器でさらにお湯だけを入れます。

お尻の穴から

ペニスを持っていてしするのです。づらい。慣れるよ。それに気持ちがいいはずだけどな。入れては出し、入れては出それは人によるのではないでしょうか。今日の仕事もきついから、覚悟してほしいんだよ。哲次が作った器具を入れて中で膨らませながら、金男が言お尻を洗ってローションをつけ、います。どういう仕事なんですか。野外の撮影会だ。楽しいぞ。絶望的な気持ちになります。野外撮影会。

オマンコの中で尿道口が開いた

ペニスにパーン

部内の暑気払いの二次会の席で。課長、ちょっとご相談があるのですけど、この後もう一軒連れて行っていただけませんか。と自分からきっかけを作ったのだった。紺野は優しい男だった。普段から女子社員だけではなく、後輩の男性社員にも慕われていたしふたつ返事で近くの部下の公私にわたる相談事にもよく乗っているから、ホテルのバーへと連れて行ってくれた。ロングのカクテルをひと口だけ口にしたところで、り出した。課長、Sさんなんですよね。佳代子はいきなり切突然の切り出しに紺野が相当驚くだろうと思いはしたが、まっすぐ切り出す以外の方法を佳代子はみつけることができなかったのだ。
肛門鏡はそうやって

何か……来地鳴りのような音が子宮からハッキリと生まれていた

しかし、彼の反応は佳代子の予測とは全く違っていた。ああ、お前この前俺の電話聞いていたんだろ。まあ大体において、お前がマゾだってこと、俺はもうずっと前から知っていたよ。あのとき、お前が会社から出て来たのも見えていたし、俺に気がついて立ち止まったこともわかっていた。あの正面のガラスにお前、自分が映っていたこと知らなかったんだろう。

 

お尻が丸出しのやはり白の小さなパンティ

紺野の口調はもちろん咎めるようなものではなく、むしろ優しい笑い顔であったのだが、びっくりすると思って話を切り出したのに、逆に驚いた。のは佳代子の方だった。頭に血が上って、顔が真っ赤になっているのが自分でもよくわかり、の表情を確認するどころではなかった。それで、相談というのはそのことかい。あ、はい。彼紺野がピルスナーグラスの生ビールを一気に飲み干したので、佳代子もつられるようにカクテルを半分ほど口にした。あ、でもどうして私がMとお思いになったのですか。
ツンと鼻を衝く匂さっきから下着がきつい奴隷となりながら私、こんな話をした。ら課長はきっと飛び上がるほどびっくりされると思いました。なのに、私の方が飛び上がっちゃつて、あっ。まだドキドキしてます。なんと、紺野は佳代子の質問には答えず、乳房に伸ばしてきた。いきなり右手を佳代子の左の自分の体の中でも、乳房は自慢のパーツだった。ものすごく巨乳と言うほとではないが、Eカップの乳房は十代の頃からほとんど形を変えず、二十代後半になっても充実した張りを保っていた。

    1. 人妻ブルセラ
    1. 男は女のアソコを舐めている
    1. 挿入してくれました

尻を叱咤された貢だが

でなに今日の話は、俺の調教を受けてみたいとかそういうことか服の上からではあるが、強く揉み込まれても抵抗する気配を見せない佳代子に、紺野は言った。いえ、あの、でも課長にはすでに奴隷さんがいらっしゃるようですし、それに奥様も。紺野は右手で痛みを感じるほどに強く乳房を揉み込んだと思うと、少しずつ指をすぼめていき、的確に乳首を捉えてさらにぎゅっとつねりあげる。ように力を込めた。ああっ。こんな場所でと思いながらも、抵抗できない佳代子から屈服の声が漏れSの男性から受けるこのような刺激がこれほど甘美であることは、佳代子の想像をはるかに上回っていた。経験は。男性とはありません。なに、女とだったらあるとでも言うのか。
股間を触りやすいように
体を拘束されただけで

中出しされましたよね

そういえばお前、宝塚の追っかけを学生時代にしていたと言ってたよな。女性とあるという意味ではないんですけど、部活とかで女の先輩によく叩かれたりはしていました。痛いの、好きなんだろう。は、はとうとう佳代子は認めてしまった。紺野は言葉をかけてくるたびに、首を捉えた親指と人指し指に力を加えてくる。はい。は、私を調教してくださいと言ったのと同じだ。他人に自分の性癖を認めたのは初めてだった。

股間を触りやすいように

股間に穴まで空けられたショーツからは

私はその言葉の余りの羞ずかしさに気が遠くなりそぅでしたが、たどたどしく口にして言ったのです。お、奥方様…私のえっちな、お、んちんを食べさせてください…。よくそんなことが言えたもんだね、おまんこにぷっとい、お、おちこのどスケベ女!お母さん。はそんな言葉と同時に、その素晴らしい器具を私の疼き上がる股間に当てがって来ました。私は不自由な腰をグッと迫り出すような浅ましいポーズになり、必死でその男性の形をした物をアソコでくわえ込もうとします。

あまりにも卑猥なその腰の動きは。どスケベ女。と罵られても当然だと思いました。心の底からソレが欲しくて欲しくて、もうためらったり格好を気にしている余裕は全くありません。ふおおおつつつす、凄いです、奥方様あくっつつとうとう幹の部分がメリメリと私のアソコを抉るように侵入して来ると私は脳が焼かれるような強烈極まりない愉悦を覚え、素直に感激を口にしてさっき知ったばかりの。奥方様。と言う言葉まで自然と口を付いて出て来ました。バイブの振動が面白いように私の官能に訴え掛けて来るし、挿入が深まってパール玉がグルグル回ってくれる心地良さはもうこの言語に絶する素晴らしさでした。

僕の股間から向ける本当にイキち○ぼからスポッと唇を離したゆうこちゃん


股間にいってしまうようでした

ぃっちゃう!いっちゃいそおっっ!何とそれを入れられただけでアクメを極めそうになった私でしたが。お母さん。はピタッとバイブを止めてしまいました。おっと危ない所だったね。それにしても、いきなりイッテしまいそうになるなんて、少しはしたなさ過ぎるんじゃないかい?私が極めそうになった様子までしっかり観察されているのです。年の功と言う事もあるでしょうし、同性だからと言う事もあるでしょう。お母さん。の手管に手もなく翻弄されて、どんどん性の深みにはまっていく自分を理性ではもうどうにも抑えられませんでした。

横道は指を抜き挿しさせながら子宮頸管を指頭で押し上げてきた

ホラ、こういう風にクリに当てるんだよ。ヒイイーッッッ太い幹を奥深くまで挿入した。お母さん。は、私のえっちなお豆の包皮をクリンと指でめくると、物凄く敏感な上薬の効果で極限までズキズキと疼き上がっていた尖りに丸っこいコブを当てて来ました。本当にイキそうな位の痛烈な快感がズキッと走って大声が出てしまい、お母さん。にからかわれてしまいましたが、これがバイブなんか始めたらあっと言う間に弾けてしまうのは間違いありませんでした。そしてここまでセットして、一休みとばかり手を休めてしまった。


アナルに埋まった結び目が擦れる快感にウットリと悶絶しながら先生に歩み寄った私は

へたり込んでお尻を拭くこともできないので

お母さん。お父さん。に言ったのです。お父さん、この子に自分の立場をハッキリと教えてやりましょうかね。そうだな…。そら、コイツが動いたらあっと言う間に天国だよ、美咲。お父さんに教えてもらって、奴隷の立場をハッキリ言いなさい。抜いちまうからね…。言えなきゃ、コイツはああ、何て淫らで辛い試練なのでしょう。極限までウズウズと燃え上がリはしたない言葉を口にしてまでえっちな道具をくわえさせてもらった私のおまんこは、絶頂を寸前に止められてしまったもどかしさで本当に頭が変になってしまいそうです。

勃起させられてしまう米倉は


何度目なのかもわからないオーガズムに向けて

もし本当にこのままおあずけを喰らってしまったら、私は正気を保つ自信はありませんでした。お父さん。が耳元で囁いて来た言葉は、恐るべき悪辣なものでした。わ、私は…。本当にそんなことがこの世で許されて良いのでしょうか。いくら何でもひど過ぎると、その内容を聞いてそう思った私は、涙がとめどなく溢れて言葉が詰まってしまいました。それは私にとって人生の終焉を意味するような内容だったのです。アソコに刺さったままで

  • なおも膣の周囲を舐めまわしつづける
  • ヨガ教室での毎朝の調教
  • どうして下着を着てきたんだ

高ぶったペニスを取り出した

金属製の嘴は容赦なく膣内に入っていく

肉棒を扱うナースが憎い
ピストン運動をするにはまずどうするか

デンサなんですもの、恥ずかしいと思うほうがなのよね。ああ、だけど、そんなぁ。人前でのオシッコなんて、子供のころだって、いつした。だろうか。物心ついて以来、そんなこと考えたこともない。桜木が真面目な顔をして、手を差し出している。それだけに、それをヘ。に思う自分が、おかしいのだろうか。ダメよ、ヘンなコトを考えちゃ。
調教を受け始めて以来

アナルの周りをぬらぬらと徘徊させた

検査なんですもの、この子のためなんですもの。といっても、人前でオシッコをするのが恥ずかしい事であるのに変わりはない。しかし、恥ずかしさをこらえて、香奈は、尿道をゆるめる。妊娠しているとオシッコは近くなるのだ。まして、たっぷりとそこを弄られれば、いつしか膀胱は満タンになってしまっていた。一度ゆるめると、たちまち、ちょろっとした流れは、香奈の意志とは無関係に奔流となってしまうのも当然だった。

唾液にまみれて1層いきり勃っているペニスを凝視している瑠璃子の顔は

ハイ、上手ですよぉ。そのまま、出し切っちやっても良いですよ。小さなコップのようなものを股間から取り出した桜木は、奈が出すところをじっと見つめいてる。そのまま、香桜木が、ぽんとさりげなく、の液体がたまっている。右の床に置いたコップには、2~3センチオシッコが出続けているかなの両膝に、さりげなく両手があてがわれ香奈の足は広がったままだった。これでは、オシッコ姿を見られているのと変わらないじゃない。
バイブの一方の黒光りする

老練な遊び人にクンニリングスを受けているような反応だ

恥ずかし変わらないも何も、その通りなのだが、香奈にとっては、これも検査の一部なのかと、もう出て行って、ともなんとなく言えなかった。それでも、恥ずかしくて、思わず膝を閉じかけると、さらに両手に力を入れて膝を広げられてしまうのだ。ダメッと叱られもちろん、膝を閉じようとしたのも羞恥ゆえの反射だ。らおうと思ったわけでもない。桜木の指示に逆大して力を入れてない桜木の両手に従って、く張り詰めた太ももが広がってしまう。ああん、これじゃ、丸見ええ。さっきまで以上の角度で白チラリと桜木の顔を盗み見ると、コがでる場所を見つめている。

奴隷の誓楽しそうに言いながら薔薇色の乳首に吸いついてきた
乳首や

尻をヒクヒクと振るわせてしまう

お尻の穴に挿れるよああ、そんなに見ないで。真面目そのものの表情で香奈のオシッマゾ恥ずかしい姿を男の目にさらしている自分に、我知らずのうちに、ヒスティックな快感が、ゾクリと背中を登っている。しかし、香奈は、膝を目一杯広げられ、真っ裸のオシッコ姿を赤の他人に見つめられながら、なぜか。すみません。と謝るしかなかった。永遠に続くのかと思えるような水音は、最後に、て、ようやく終わろうとしていた。A-ん、いくら検査でも恥ずかしかったよ。チョロっと勢いよく出鏡で見なくても、自分の顔が真っ赤になっているのが分かるほどだ。他人の指に感じてしまったことも、どうしようもなく恥ずかしい。
奴隷としての自分に課せられている

セックスの方法を

だが夫にもみられたことのないオシッコ姿をさらしてしまったは、い恥ずかしさだ。考えられなまさか、そんなところを人前にさらすなんて。夫に、そんな趣味などないから、まさか、そんなシーンを男が見たがる。とも思ってない。しかし、人妻としてノーマルなセックスは知っているだ。けに、セックス以上の恥ずかしさを覚えてしまったのも当然だった。

オマンコが擦りつけられ

ペニスに与えられるのではないか

しまった。余計なことを聞いてしまった。2人の子供がいると言うのは、俺にとってあまり歓迎すべき情報とは言えない。だがそれは聞き流すこととして、俺はこの麗しい美人人妻にいわゆる。生セラ。を行わせることを決意した。買い取って写真と共に商品として並べるのでなく、その場で下着を脱いで売らせる実演販売の方法である。うちの店では、それをいかがわしいショーのようにして客サービスを行っているから、これを彼女に強要するのだ。客の目に晒された彼女は心ならずも興奮してしまうに違いなく、そこでおもむろに俺が一発お願いするわけだ。

濡れた陰唇がペニスに貼りついて内側に巻き込まれそうになり

彼女の美女っぷりからして、その下着も通常では考えられないような高値が付くことだろう。うむ、我ながら完璧な計画だ。それではさっそく衣装を着替えて頂きましょうか。何言ってるんですか、奥さん。お客さんはどんな女性がはいてたパそんな話は…か、確認してから購入するのですよ。じゃないですかそんな普段着じゃ駄目に決まってる。すみません。などと言うラフな服装の梓さんが素直に頭を下げる。

 

奴隷としての激務に励んでくれるのもこれのお陰というわけだ

すれっからしの女子高生などよりよっぽど世間知らずのお嬢様らしく見える梓さんに俺はムラムラと股間を強烈に突き上げる欲求を抑えるのに苦労した。て実の所、彼女は正真正銘のお嬢様なのだ。こ、これはこんな物を着るのですか…!?どうしました、奥さん。それはあなたの母校の制服でしょう。梓さんは俺に手渡された、昔ながらの古風な濃紺のセーラー服を見て絶句している。1週間前来店した時に見せてもらった履歴替を信用するならば、彼女はお嬢様学校で有名な地元の名門女子高の卒業生であるはずだ。
さすがに好色女子高生だけあって舌使いがうまいじゃないか

勃起したものをそれにこすりつけた

うちはブルセラショップなので、近隣の主だった学校の女子の制服や体操服などは取りそろえているのだが、間違いなく一番人気の女子高だ。彼女はここを卒業して4年制の女子大にまで進学した、才色兼備を絵に描いた。ような女性なのである。この制服は下着売りの子たちに着せるためのものだが、今だかつてこの高校の現役生徒が現れたことはない。偽物のおバカギャルどもに着せて、下着を売らせていたわけだ。卒業生とは言え、まさかこの高校の本物のお嬢様が下着を売ってくれる。

ペニスが膨らんでカウパー腺液が漏れていても

日が来ようとは思わなかった。私学なので金持ちの子女ばかりを集めて、高額な学費や寄付金をふんだくると評判の学校だ。そのおかげで本物のお嬢様しか入学出来ない女子高だとプレミアが付き、ブルセラショップではマニアの垂涎の的となっているセーラー服なのである。あ、あの…ここで着替えるのですか。そうです。下着を売りに来られたのですから、そのくらいどうってことないでしょう。この部屋には俺とアンタしかいないんだからな、イッヒッヒ、と言いそうになった俺は口を控えた。

ズボンと下着をおろす

すべてに熟女ならではの匂い立つような色気があるそんな頭がカラッポで体だけ発育した女子高生に掛けるような言葉使いでは、本物のお嬢様には失礼と言うものだろう。わかりました…余計な物を置いていないこの部屋で、少しでも隠そうと梓さんは後ろを向いたが、俺は許さない。こちらを向いて堂々と着替える所を見せるのですよ、てないか、下着のチェックも必要ですから。奥さん!ズルしわけのわからない理屈だが、梓さんは俺の言葉に従った。ああは、羞ずかしい…見ないでくださいたかが着替えくらいで、42歳2人の子持ちとは思えない梓さんの、端も行かぬ少女みたいな可憐な羞じらいぶりは、これでこそ大和撫子と言うものではなかろうか。