投稿者「adin」のアーカイブ

人妻好み

すらりとした指が股間を上下に動くと

真面目な良い子。その事故が、亜由美の心のどこかに傷を残していないはずがなかった。つけいるとしたら、そこからだった。真面目な良い子。ほど、一度突き崩せば、どこまでも崩れていってしまうということを、家元はよく知っていたのだ。ふふふ。これで、いただきだねぇ。心の中で舌なめずりをしている。身体の方は、女への興味など全くないが、心を征服するのは違う。
真奈美はさもうれしそうに股間に視線を注いでくる

ペニスを軸に膣のなかをこねながら

男でも女でも、意のままへと陥れる瞬間が。おもしろい。のは、同じだった。アヘンを使って、心のガードを取り払い、意のままに、心を動かす。これほど、画期的な発明だよ、見てらっしゃい、ヤボすけどもめ。家元は、S大の研究員時代、それまで知られてきた、どんなマインドコントロールよりも効率的かつ強力な催眠技術の理論を打ち立てたのだ。しかし、そのあまりの強烈な効果に、周囲の目は、新発見への期待より、悪魔の発明としての危険視、異端視だけになってしまった。

 

もう一方の手でキムの胸を愛撫した

ボスである教授も、研究の差し止めを命じてきた。そんなことができるはずがない。目指した研究は、本人の意志に逆らって、何でもさせられるし、何であれ、しないようにさせられる。ということは、それは、犯罪者の更生にピッタリのはずだった。臨床データを集めれば、すぐにも完成するはずなのだ。しかし、教授に逆らったせいで研究費も、奨学金も差し止められ、あげくは、施設からの事実上の追放だ。
ファックスを送ってるからパンツを被ってアソコを広げる間抜けな姿で人間を操ること。への執着に、周囲が恐怖と、懸念を持ったのだと言うことに、家元は気がつきはしなかった。ただ、自分の研究を邪魔する者達への悪意だけを蓄え込んだだけだった。しかし、今この瞬間は、あの時の悪意も、復讐への思いも飛んでいる。ただ、たとえようのないほど。なこの瞬間を、家元は心から楽しんでいた。家元がニコニコとほほえむその前で、亜由美はすでに、何一つ身につけるものなく横たわっていた。

    1. 彼のチンポを飲み込むときに吸い込むように動くようになって最高だったな...
    1. 陵辱される姿を通りかかった誰かに見られてしまうことが怖かった
    1. オ オマンコしたいですぅ……

四分の一カッブー乳首の露出するブラジャーと黒いガーターベルト

一度閉じた目を開けることができない。真っ暗な闇の底で、亜由美は懸命に考えようとしていた。あの日、自分を助けたことで。お兄ちゃん。の人生は変わってしまった。自分のせいでオリンピックを諦めなければならない。大学だって、決まってたのがダメになったって。そんな私は。良い子。だったのだろうか?親からも、教師からも、周りの大人は、みんなが、亜由美を。
あまりにも甘美な射精だった
子宮頸管を圧迫しはじめた

女膣がきゅむきゅむと締まる

良い子。だと言った。自分でもそうあろうとした。自分が一人の人間の運命を変えてしまったのだ。しかし、良い子。亜由美の。そんな悪魔のような人間が果たしてなのだろうかと、心のどこかがいつも、そう囁いている。は、そんな所にあったのかもしれない。一度、そこに向き合えば、闇から出るのは不可能だ。闇からの声に導かれて、亜由美の心には、次々と。

口内発射って言うんだ

バイブがソロソ口と抜かれると

弟はここは触らないのかな?もったいないね。だけどまあ、から塞いでおく必要がある。これからなわみと仕事をする相手はここが大好きかもしれないガラスの浣腸器でチューっと吸い上げてお尻に刺します。お湯が入ってきます。うぅぅん。すぐに苦しくなります。百ccの注射器で七本も入れられました。グリセリンを二百CCぐらい入れた計算でしょう。きっちり十分、がまんして。ふううう。すぐにお腹が苦しくなります。

び乳首に針先が深く突き刺さってきました

お尻を締めるのが精一杯で、ほかのことなんて考えられません。もうだめ。あと七分。ムリ、限界。まだまだ。トイレに行かせて。だめに決まってるじゃないか。あっ、電話が来た。まだダメだよ。金男は携帯で誰かと話をしています。もうだめ、もうだめ。そう思いますが、勝手にトイレに行けば、どれだけ叱られるかわかりません。ガタガタと震えながら、四つん這いでひたすら耐えるのです。

 

クリトリスを摘み

長い電話です。もう十分は過ぎたのではないでしょうか。出そうになります。少し出たんじゃないかと思います。悪い悪い。ここで出してごらん。トイレに…。もう間に合わないだろ。そんな!やれよ。ううううう。洗面器にしろというのです。リビングの床で。早くしないと大変なことになるよ。ふぇぇぇぇぇ。
はじめて彼俊治が大学1年ではじめてセックスしたころ

お尻をビタビタぶたれて……見てよ

べそをかきながら、洗面器にお尻をおろします。が噴き出します。そして固形物が…。すぐにジャーっと音を立ててお尻から液体金男はわたしの排泄姿を撮影したのです。やめて。だめだ。特典映像だな、これは派手な音を立てて、大量の排泄をしているわたしを彼はビデオで記録するのです。赤岩と金男は気が合うのか、ライバルなのか、わたしから見ていると少しハラハラする関係なのですが、一致しているのは、わたしのすべてを記録して、ネットなどで公開していこう、という点です。なわみの生き方そのものがスゴイんだよ。と赤岩が強調します。ぜんぶ、さらけ出すんだ。

奴隷となるべく売られた

服を着ていても、着てなくても…。そんなことができるでしょうか。それによってわたしはどうなってしまうのでしょうか。終わりました。まだダメだ。風呂場に行く。それをトイレに捨てるんだ。排泄物を捨てに行くところも撮影されてしまいます。風呂場ではお湯を出して、浣腸器でさらにお湯だけを入れます。

お尻の穴から

ペニスを持っていてしするのです。づらい。慣れるよ。それに気持ちがいいはずだけどな。入れては出し、入れては出それは人によるのではないでしょうか。今日の仕事もきついから、覚悟してほしいんだよ。哲次が作った器具を入れて中で膨らませながら、金男が言お尻を洗ってローションをつけ、います。どういう仕事なんですか。野外の撮影会だ。楽しいぞ。絶望的な気持ちになります。野外撮影会。

オマンコの中で尿道口が開いた

ペニスにパーン

部内の暑気払いの二次会の席で。課長、ちょっとご相談があるのですけど、この後もう一軒連れて行っていただけませんか。と自分からきっかけを作ったのだった。紺野は優しい男だった。普段から女子社員だけではなく、後輩の男性社員にも慕われていたしふたつ返事で近くの部下の公私にわたる相談事にもよく乗っているから、ホテルのバーへと連れて行ってくれた。ロングのカクテルをひと口だけ口にしたところで、り出した。課長、Sさんなんですよね。佳代子はいきなり切突然の切り出しに紺野が相当驚くだろうと思いはしたが、まっすぐ切り出す以外の方法を佳代子はみつけることができなかったのだ。
肛門鏡はそうやって

何か……来地鳴りのような音が子宮からハッキリと生まれていた

しかし、彼の反応は佳代子の予測とは全く違っていた。ああ、お前この前俺の電話聞いていたんだろ。まあ大体において、お前がマゾだってこと、俺はもうずっと前から知っていたよ。あのとき、お前が会社から出て来たのも見えていたし、俺に気がついて立ち止まったこともわかっていた。あの正面のガラスにお前、自分が映っていたこと知らなかったんだろう。

 

お尻が丸出しのやはり白の小さなパンティ

紺野の口調はもちろん咎めるようなものではなく、むしろ優しい笑い顔であったのだが、びっくりすると思って話を切り出したのに、逆に驚いた。のは佳代子の方だった。頭に血が上って、顔が真っ赤になっているのが自分でもよくわかり、の表情を確認するどころではなかった。それで、相談というのはそのことかい。あ、はい。彼紺野がピルスナーグラスの生ビールを一気に飲み干したので、佳代子もつられるようにカクテルを半分ほど口にした。あ、でもどうして私がMとお思いになったのですか。
ツンと鼻を衝く匂さっきから下着がきつい奴隷となりながら私、こんな話をした。ら課長はきっと飛び上がるほどびっくりされると思いました。なのに、私の方が飛び上がっちゃつて、あっ。まだドキドキしてます。なんと、紺野は佳代子の質問には答えず、乳房に伸ばしてきた。いきなり右手を佳代子の左の自分の体の中でも、乳房は自慢のパーツだった。ものすごく巨乳と言うほとではないが、Eカップの乳房は十代の頃からほとんど形を変えず、二十代後半になっても充実した張りを保っていた。

    1. 人妻ブルセラ
    1. 男は女のアソコを舐めている
    1. 挿入してくれました

尻を叱咤された貢だが

でなに今日の話は、俺の調教を受けてみたいとかそういうことか服の上からではあるが、強く揉み込まれても抵抗する気配を見せない佳代子に、紺野は言った。いえ、あの、でも課長にはすでに奴隷さんがいらっしゃるようですし、それに奥様も。紺野は右手で痛みを感じるほどに強く乳房を揉み込んだと思うと、少しずつ指をすぼめていき、的確に乳首を捉えてさらにぎゅっとつねりあげる。ように力を込めた。ああっ。こんな場所でと思いながらも、抵抗できない佳代子から屈服の声が漏れSの男性から受けるこのような刺激がこれほど甘美であることは、佳代子の想像をはるかに上回っていた。経験は。男性とはありません。なに、女とだったらあるとでも言うのか。
股間を触りやすいように
体を拘束されただけで

中出しされましたよね

そういえばお前、宝塚の追っかけを学生時代にしていたと言ってたよな。女性とあるという意味ではないんですけど、部活とかで女の先輩によく叩かれたりはしていました。痛いの、好きなんだろう。は、はとうとう佳代子は認めてしまった。紺野は言葉をかけてくるたびに、首を捉えた親指と人指し指に力を加えてくる。はい。は、私を調教してくださいと言ったのと同じだ。他人に自分の性癖を認めたのは初めてだった。

股間を触りやすいように

股間に穴まで空けられたショーツからは

私はその言葉の余りの羞ずかしさに気が遠くなりそぅでしたが、たどたどしく口にして言ったのです。お、奥方様…私のえっちな、お、んちんを食べさせてください…。よくそんなことが言えたもんだね、おまんこにぷっとい、お、おちこのどスケベ女!お母さん。はそんな言葉と同時に、その素晴らしい器具を私の疼き上がる股間に当てがって来ました。私は不自由な腰をグッと迫り出すような浅ましいポーズになり、必死でその男性の形をした物をアソコでくわえ込もうとします。

あまりにも卑猥なその腰の動きは。どスケベ女。と罵られても当然だと思いました。心の底からソレが欲しくて欲しくて、もうためらったり格好を気にしている余裕は全くありません。ふおおおつつつす、凄いです、奥方様あくっつつとうとう幹の部分がメリメリと私のアソコを抉るように侵入して来ると私は脳が焼かれるような強烈極まりない愉悦を覚え、素直に感激を口にしてさっき知ったばかりの。奥方様。と言う言葉まで自然と口を付いて出て来ました。バイブの振動が面白いように私の官能に訴え掛けて来るし、挿入が深まってパール玉がグルグル回ってくれる心地良さはもうこの言語に絶する素晴らしさでした。

僕の股間から向ける本当にイキち○ぼからスポッと唇を離したゆうこちゃん


股間にいってしまうようでした

ぃっちゃう!いっちゃいそおっっ!何とそれを入れられただけでアクメを極めそうになった私でしたが。お母さん。はピタッとバイブを止めてしまいました。おっと危ない所だったね。それにしても、いきなりイッテしまいそうになるなんて、少しはしたなさ過ぎるんじゃないかい?私が極めそうになった様子までしっかり観察されているのです。年の功と言う事もあるでしょうし、同性だからと言う事もあるでしょう。お母さん。の手管に手もなく翻弄されて、どんどん性の深みにはまっていく自分を理性ではもうどうにも抑えられませんでした。

横道は指を抜き挿しさせながら子宮頸管を指頭で押し上げてきた

ホラ、こういう風にクリに当てるんだよ。ヒイイーッッッ太い幹を奥深くまで挿入した。お母さん。は、私のえっちなお豆の包皮をクリンと指でめくると、物凄く敏感な上薬の効果で極限までズキズキと疼き上がっていた尖りに丸っこいコブを当てて来ました。本当にイキそうな位の痛烈な快感がズキッと走って大声が出てしまい、お母さん。にからかわれてしまいましたが、これがバイブなんか始めたらあっと言う間に弾けてしまうのは間違いありませんでした。そしてここまでセットして、一休みとばかり手を休めてしまった。


アナルに埋まった結び目が擦れる快感にウットリと悶絶しながら先生に歩み寄った私は

へたり込んでお尻を拭くこともできないので

お母さん。お父さん。に言ったのです。お父さん、この子に自分の立場をハッキリと教えてやりましょうかね。そうだな…。そら、コイツが動いたらあっと言う間に天国だよ、美咲。お父さんに教えてもらって、奴隷の立場をハッキリ言いなさい。抜いちまうからね…。言えなきゃ、コイツはああ、何て淫らで辛い試練なのでしょう。極限までウズウズと燃え上がリはしたない言葉を口にしてまでえっちな道具をくわえさせてもらった私のおまんこは、絶頂を寸前に止められてしまったもどかしさで本当に頭が変になってしまいそうです。

勃起させられてしまう米倉は


何度目なのかもわからないオーガズムに向けて

もし本当にこのままおあずけを喰らってしまったら、私は正気を保つ自信はありませんでした。お父さん。が耳元で囁いて来た言葉は、恐るべき悪辣なものでした。わ、私は…。本当にそんなことがこの世で許されて良いのでしょうか。いくら何でもひど過ぎると、その内容を聞いてそう思った私は、涙がとめどなく溢れて言葉が詰まってしまいました。それは私にとって人生の終焉を意味するような内容だったのです。アソコに刺さったままで

  • なおも膣の周囲を舐めまわしつづける
  • ヨガ教室での毎朝の調教
  • どうして下着を着てきたんだ

高ぶったペニスを取り出した

金属製の嘴は容赦なく膣内に入っていく

肉棒を扱うナースが憎い
ピストン運動をするにはまずどうするか

デンサなんですもの、恥ずかしいと思うほうがなのよね。ああ、だけど、そんなぁ。人前でのオシッコなんて、子供のころだって、いつした。だろうか。物心ついて以来、そんなこと考えたこともない。桜木が真面目な顔をして、手を差し出している。それだけに、それをヘ。に思う自分が、おかしいのだろうか。ダメよ、ヘンなコトを考えちゃ。
調教を受け始めて以来

アナルの周りをぬらぬらと徘徊させた

検査なんですもの、この子のためなんですもの。といっても、人前でオシッコをするのが恥ずかしい事であるのに変わりはない。しかし、恥ずかしさをこらえて、香奈は、尿道をゆるめる。妊娠しているとオシッコは近くなるのだ。まして、たっぷりとそこを弄られれば、いつしか膀胱は満タンになってしまっていた。一度ゆるめると、たちまち、ちょろっとした流れは、香奈の意志とは無関係に奔流となってしまうのも当然だった。

唾液にまみれて1層いきり勃っているペニスを凝視している瑠璃子の顔は

ハイ、上手ですよぉ。そのまま、出し切っちやっても良いですよ。小さなコップのようなものを股間から取り出した桜木は、奈が出すところをじっと見つめいてる。そのまま、香桜木が、ぽんとさりげなく、の液体がたまっている。右の床に置いたコップには、2~3センチオシッコが出続けているかなの両膝に、さりげなく両手があてがわれ香奈の足は広がったままだった。これでは、オシッコ姿を見られているのと変わらないじゃない。
バイブの一方の黒光りする

老練な遊び人にクンニリングスを受けているような反応だ

恥ずかし変わらないも何も、その通りなのだが、香奈にとっては、これも検査の一部なのかと、もう出て行って、ともなんとなく言えなかった。それでも、恥ずかしくて、思わず膝を閉じかけると、さらに両手に力を入れて膝を広げられてしまうのだ。ダメッと叱られもちろん、膝を閉じようとしたのも羞恥ゆえの反射だ。らおうと思ったわけでもない。桜木の指示に逆大して力を入れてない桜木の両手に従って、く張り詰めた太ももが広がってしまう。ああん、これじゃ、丸見ええ。さっきまで以上の角度で白チラリと桜木の顔を盗み見ると、コがでる場所を見つめている。

奴隷の誓楽しそうに言いながら薔薇色の乳首に吸いついてきた
乳首や

尻をヒクヒクと振るわせてしまう

お尻の穴に挿れるよああ、そんなに見ないで。真面目そのものの表情で香奈のオシッマゾ恥ずかしい姿を男の目にさらしている自分に、我知らずのうちに、ヒスティックな快感が、ゾクリと背中を登っている。しかし、香奈は、膝を目一杯広げられ、真っ裸のオシッコ姿を赤の他人に見つめられながら、なぜか。すみません。と謝るしかなかった。永遠に続くのかと思えるような水音は、最後に、て、ようやく終わろうとしていた。A-ん、いくら検査でも恥ずかしかったよ。チョロっと勢いよく出鏡で見なくても、自分の顔が真っ赤になっているのが分かるほどだ。他人の指に感じてしまったことも、どうしようもなく恥ずかしい。
奴隷としての自分に課せられている

セックスの方法を

だが夫にもみられたことのないオシッコ姿をさらしてしまったは、い恥ずかしさだ。考えられなまさか、そんなところを人前にさらすなんて。夫に、そんな趣味などないから、まさか、そんなシーンを男が見たがる。とも思ってない。しかし、人妻としてノーマルなセックスは知っているだ。けに、セックス以上の恥ずかしさを覚えてしまったのも当然だった。

オマンコが擦りつけられ

ペニスに与えられるのではないか

しまった。余計なことを聞いてしまった。2人の子供がいると言うのは、俺にとってあまり歓迎すべき情報とは言えない。だがそれは聞き流すこととして、俺はこの麗しい美人人妻にいわゆる。生セラ。を行わせることを決意した。買い取って写真と共に商品として並べるのでなく、その場で下着を脱いで売らせる実演販売の方法である。うちの店では、それをいかがわしいショーのようにして客サービスを行っているから、これを彼女に強要するのだ。客の目に晒された彼女は心ならずも興奮してしまうに違いなく、そこでおもむろに俺が一発お願いするわけだ。

濡れた陰唇がペニスに貼りついて内側に巻き込まれそうになり

彼女の美女っぷりからして、その下着も通常では考えられないような高値が付くことだろう。うむ、我ながら完璧な計画だ。それではさっそく衣装を着替えて頂きましょうか。何言ってるんですか、奥さん。お客さんはどんな女性がはいてたパそんな話は…か、確認してから購入するのですよ。じゃないですかそんな普段着じゃ駄目に決まってる。すみません。などと言うラフな服装の梓さんが素直に頭を下げる。

 

奴隷としての激務に励んでくれるのもこれのお陰というわけだ

すれっからしの女子高生などよりよっぽど世間知らずのお嬢様らしく見える梓さんに俺はムラムラと股間を強烈に突き上げる欲求を抑えるのに苦労した。て実の所、彼女は正真正銘のお嬢様なのだ。こ、これはこんな物を着るのですか…!?どうしました、奥さん。それはあなたの母校の制服でしょう。梓さんは俺に手渡された、昔ながらの古風な濃紺のセーラー服を見て絶句している。1週間前来店した時に見せてもらった履歴替を信用するならば、彼女はお嬢様学校で有名な地元の名門女子高の卒業生であるはずだ。
さすがに好色女子高生だけあって舌使いがうまいじゃないか

勃起したものをそれにこすりつけた

うちはブルセラショップなので、近隣の主だった学校の女子の制服や体操服などは取りそろえているのだが、間違いなく一番人気の女子高だ。彼女はここを卒業して4年制の女子大にまで進学した、才色兼備を絵に描いた。ような女性なのである。この制服は下着売りの子たちに着せるためのものだが、今だかつてこの高校の現役生徒が現れたことはない。偽物のおバカギャルどもに着せて、下着を売らせていたわけだ。卒業生とは言え、まさかこの高校の本物のお嬢様が下着を売ってくれる。

ペニスが膨らんでカウパー腺液が漏れていても

日が来ようとは思わなかった。私学なので金持ちの子女ばかりを集めて、高額な学費や寄付金をふんだくると評判の学校だ。そのおかげで本物のお嬢様しか入学出来ない女子高だとプレミアが付き、ブルセラショップではマニアの垂涎の的となっているセーラー服なのである。あ、あの…ここで着替えるのですか。そうです。下着を売りに来られたのですから、そのくらいどうってことないでしょう。この部屋には俺とアンタしかいないんだからな、イッヒッヒ、と言いそうになった俺は口を控えた。

ズボンと下着をおろす

すべてに熟女ならではの匂い立つような色気があるそんな頭がカラッポで体だけ発育した女子高生に掛けるような言葉使いでは、本物のお嬢様には失礼と言うものだろう。わかりました…余計な物を置いていないこの部屋で、少しでも隠そうと梓さんは後ろを向いたが、俺は許さない。こちらを向いて堂々と着替える所を見せるのですよ、てないか、下着のチェックも必要ですから。奥さん!ズルしわけのわからない理屈だが、梓さんは俺の言葉に従った。ああは、羞ずかしい…見ないでくださいたかが着替えくらいで、42歳2人の子持ちとは思えない梓さんの、端も行かぬ少女みたいな可憐な羞じらいぶりは、これでこそ大和撫子と言うものではなかろうか。

あまりにも甘美な射精だった

オマンコ締まりでの

うわ!かわいい。うちのエレーナと同じ民族の血が流れてるとは思えないわね。乃里子が、三田村病院に所属する。拷問職人。、来日前はロシア軍に所属して実際に過酷な拷問をしていた女サディストの名前をあげるが、同じ国民だからといって同じ民族とは限らない。日本人こそほぼ単一民族だが諸外国ではそうではないことのほうが多いのだ。だが隼人はそのことを口にはせず、こんなことを両隣の母娘どちらにともなく言った。

でも、この子とて育て方ひとつではエレーナを凌ぐ拷問好きのサディストにすることも出来るかもしれんよもちろん姉と同じ血が流れている以上はむしろ拷問好きのマゾにするほうが簡単だとは思うが。さっきの女キャスターちゃんと、同じGカップといっても随分と印象違いますわね。自らは、豊胸手術を受けさせられたことでそれより上のサイズの乳を持っている沙織が言う。いずれにしても十四歳って羨ましいわぁ。うらやたった十四という年齢で異国に連れて来られ、スパイとして生きる教育を受けさせられるわけだから、羨ましがられても本人は迷惑だろう。なお、このソフィアと一緒に、彼女や姉のサーシャを産んだ母親も今回!緒に来日しております。

この接待奴隷には皆様の席にまわらせますが


奴隷狩りが不可能になったため

このようにステージでお見せするほどではない熟女ですが、まだまだ体も悪くありませんし、殺さない限りどんな痛めつけ方をしてもOKということになっていますので、みなさまも倶楽部の方でいずれ一度お試しくださいませ。もちろん予めご予約いただければ、姉妹と一緒に母親も入れて三人並べることも可能です。彼女もいずれはちゃんとスパイとして外務省の方に配属されることもありましょうが、他の四人と違い、彼女だけは今のところ当方の所属奴隷であることを付け加えさせていただきます。というわけで、そろそろ女優さんの方も本当に限界っぽい感じになってる。毛しみたいですので、次に参りましょう。五つの光の輪の中に、五人の美女たちが再び浮かび上がる。

奴隷になることよりも

女優角川ともみだけは、真ん中に据えられた大きなテーブルの上で、擬似男根にまたがり半ば悶絶しているが、ほかの日本人111名はスポットライトを消された時のままだった。ここまで時間をかけるとは、安田舞衣の片脚立ちをリサが解放したのも道理だった。いくら鍛えられているとはいえ、暗闇でこの時間片脚で立っているのはまず無理だろう。四人とも素っ裸になりなさい。裸になったら、テーブルに上がって女の部分を見ていただくのよ。四人ともその命令には即座に反応した。ここで恥ずかしがってもたもたして、罰を与えられることの方が怖いのだろう濡れた白いレオタードを剥き下ろして豊かな乳房を露出させたフィギュアスケーター安田舞衣はお腹のところまで下ろしたそれを、一度止めて!瞬自らの股間に目をやった。


静香はまったく気にしてい肉棒は完全に屹立していた

ペニスがばん

そこの部分には経血が真っ赤に円を作っており、まるで日の丸のようだった。いやーっ、一度拭かせてくださいい。そのままで台に上がって性器を見せるのは嫌だと、泣き喚く。左から二番目の水川明日香は元々半身には何も身につけておらず、かわいそうなくらいあっけなく全裸だ。真ん中の女優の前バリは、リサが引き毟ったが、本人の愛液でますます。粘着性は落ちてしまっていたようで、こちらもあっけなく性器が露出する。

奴隷市場で買われた際


股間の小さなパンティに目を遣った

女優のそこは、肛門に極太のものを収めているためか、しゃがんで脚を開いているだけで、女の穴がはだけきり、内部のピンク色とその上部にルビー色の尖りがはっきりと見えてしまっていた。とが四番目の女、村上友紀も既に下半身は裸で、左右に拡げられて布切れと化しているブラウスを脱ぐとこれまたあっさりと全裸になった。十四歳のロシア娘も、乳房の上まで捲り上げられた白いスリップを首から抜いて、続いて両手を抜く。立っている四人はいずれも実に素晴らしいプロポこうして見ると、ションをしている。スポーツ選手のふたりは独特の筋肉質だが、二人とも胸は豊かだし、反対側の11人の肉感的なGカップ、稚い細い身体に砲弾のように実ったG乳と、こちらもともに素晴らしい。レイププレイに数回使える程度ではいかんともしがたかろう

  • ブラジャーとお揃いの下着だ
  • フェラチオの速度を速めますと
  • タケルの股間の膨らみに手を添えて

すぐに挿入していただきました

いまだ半勃ち状態のペニスに白魚のような指をからめてくる

ペニスにも深く影響してきそうだ
乳首の先にぶらさがっています

いきなり声が聞こえた。目ぇ覚ました?オ、ジ、サ、若い男が覗き込んでくる。もちろん、牧野は、この顔を覚えている。あの時和花を連れてきた若い男だ。緒方とかいったな。オジサン、パソ、さんくすな。まじ、ヤべえところだったぜ。あんたが、ここまでデキるってのは思わなかったよ。和花は、和花は、ここにいるんだな?ああ、ずっといるよ。
膣内の新たな部分をえぐるたびに

挿入による快感と志摩子の言葉に触発され

牧野が拍子抜けするほど、あっさりと認めた。しかし、簡単に認めるというのは悪い兆候に決まっていると知っている。もちろん、相手が圧倒的に優位だからこそ、なのだろうから。リキが、どうなったのかと聞こうとした瞬間、緒方はニヤリと話しかけてきた。ていうか、さ、オッサン、これ飲んでよ。鉄格子の間に、紙コップをそっと置いた。なんだ、それは?

チンチンを

え?へへへ、さあ、なんでしょうね。ただ、飲んで死んだりしないのだけは保証するよ。飲んで。誰が、そんなモノを大人しく飲むと思うんだ。ふざけるな。だよねぇ、そりゃ、そのままじゃ飲んでくれないよねぇ。さふっと、四角いモノが鉄格子の向こうで見えた。リモコン?牧野の背後で、画面が浮かび上がる。気がつかなかった。
あまりにも甘美な射精だった

茶ピンクのきれいな乳首が少年たちの前に現れた横で見ていた圭介は

牧野の背後にある壁にモニタが埋め込まれていたのだ。50インチ以上はありそうだ。久しぶりに見た妻が、そこにいた。着物姿で花を生けている。背中がすらっと伸びて、端正な正座姿だった。思わず近寄る牧野。画面に毛を伸ばすと、モニタは冷たく、ずっしりとしたガラスで仕切られている。あ、念のために、いっておくとさ、その間のガラス。

騎乗位はまず貢クンみたいなマゾの男の子を犯す楽しみがあるのよ
拘束され腰枕でし出しになっている女優の

股間を押さえ

亀頭のエラに唇を引っかけサンの頭が砕けても、割れないガラスだから。それ、オッサンが頭ぶつけたらさ、す。振り返ると、緒方がヘラヘラと笑っている。どうするつもりだ。いやあね、奥さん、今日、暇なんだよ。わかってんだろ。奥さんがここで、なにをしているのか、さ奥歯を食い締めて、意地でも怒りの言葉を出すまいとする牧野。相手は、牧野が憤るほどに、喜ぶに決まっているのだ。
女性のセックス感度は心次第だからです

ペニスで責めるのが主流で

ちょうど、猫が鼠を弄ぶ時のように、だ。ははは。オレ、今日、溜ほってるんだよね。ちょっと、奥さんのところに行っちゃおうかなあって。毎日、出さないと健康に悪いっしょ、実際。へらへらとした笑いを浮かべている。何だと。いやね、オッサンが、たっぷりとかな。これを飲んでくれないなら、今すぐ、上に行って、ちょっと。いや、へらへらとした笑いの目に、悪意が浮かんでいた。

尻尾として埋め込まれている器具が

チンポを飲み込んでいるようなものじゃないですか

いやー、顔とおまんこ一緒に撮らないでぇ。やめてー、細谷ちゃん、いえ細谷先生、細谷様ぁ。カシャッカシャッと、シャツターを切る音がシャワーのように部屋に響き渡る。折角だ、浜岡君のそれをともみ君にしゃぶらせて。浜岡にしても、言われなくともそうするつもりだっただろう。射精寸前まで来ていたが、僅かでも時間を置けば落ち着いているだろう実際そういう訓練を積んできているのだ。

セックスするときでもそうだった

さらにシャッター音が響いてし、うぐうぐ、うげーっ!えずといきなり喉奥を突かれたともみが嘔吐いているが、もちろん誰も意に介さない。口には大きいの入れられて、あそこは物欲しそうにパクパクして、凄い見世物だなあ、ともみ君。興奮するのか、細谷のものが一段と硬度を増して反り返った。発足当初から、秘密クラブである。エスタブリッシユメント倶楽部。には、男根の大きさという後天的にはどうすることも出来ない、入会への基準が存在しているが、その規定も十分に満たせる持ち物だった。

 

バストや股間にもパソコンのケーブルが食い込んでいる真っ昼間に夫の書斎でこんな恰好

リサは、この男をこちら側に取り込んでしまおうと考えていた。そのた。めには会員にしてしまう方が後々の利用価値も高いと考えている。このこと自体が彼にとっては政治家生命すら簡単に揺さぶることが出来るハニートラップである以上は、どのようにするのもこちら次第という状況を既に手にしているが、サディストであるならば会員にして味方にしっつ尻尾は握るというのが最良の方法だと思えるからだ。細谷が属して現段階では政権の座を握っている国民主権党が、次の総選挙でボロボロに負けるであろうことは、現実の数々の失敗による国民の失望がここまで高まっている以上は避けられないことではあろうが、この男自体の人気は絶大で、彼が落選するというのは、余程のことがない限りはないだろうということもわかっていた。細谷が一旦カメラを置くと、修兵もフェラチオを中断させて一度ベッドから降り、段取り通りコンセントに繋いだ、電動マッサージ機いわゆる電マを持ち出してくる。
ダイアナの乳首を巧みに指で摘んだ

局部を消毒するためのものだ大小のバイブレーター

修ちゃん、うれし1つ。それクリちゃんに当てながら、修ちゃんのおちんぼでまたオマ。コしてぇ。それを目にした女優が、本当に心から嬉しそうな声をあげる。根っからの淫乱なのだ。えっ、えっえっ。無理ムリむりむりむり、入れないでそんなの絶対入らない。え、えっ、やめ。やめて、入れないで…え、入ったの入っちゃったの、いゃん大っきい、硬いっ、入れられるのはほんとに初めてなの。え、えっえっ、い、いクリトリスに当てるのではなく、性器に直接挿入されて、スイッチが入った音がすると、途端に女優が悶絶する。

オナニー禁止

ういーんと言葉さえ出ないようで、している。い、い、ひっ。という呻き声だけを断続的に発一分もせずに、声がさらに高く裏返り、登りつめようとしたところで、パチッという音がしてスイッチが切られる。い、いやようやく言葉らしきものが、角川ともみの口から出る。や、やめないで、このままイカせてぇ。美人清純派女優の本気の懇願に、ビクンビクンと政治家の男根もリサの口の中で跳ねるため、少々攻撃をゆるめて、口を離すと、それを察した友紀がすかさず上がってきて交代した。リサは立ち上がると、座っている細谷の顔に屈み込み、口唇を自ら重ねていく。

オマンコの気持ちよさ思い出させて

セックスで三回すぐに舌を絡め濃密なキスになる。おまんこ、おまんこ、おまんこイカせてくださいい。修兵様ぁ。先ほどまでの修兵君という言い方から、だった。すっかり変化しているともみ一分以上の口づけからようやく離れたリサは、テーブルの上から持参した小さな袋を手に取ると、中から緑色の柄のついた注射針を取り出す。全部で六本だ。先生も如何ですか。この女優さん、おっぱいへの針も大好きなんですよ。細谷はまたもリサに驚かされた、という顔をする。

尻穴で締めてしまう結び玉の方がむしろ気持ち良くなってしまいました

私のお尻の谷間を伝って流れ落ちるのを感じられます

バイブプレイだなんて
一人の主が複数の奴隷を所有するのは

そうだ。卑怯な連中だ。そんなヤツらに捕まった妻を、しまった。証拠だ、逮捕だ、なんてイラネーんだよ。オレは刑事として、助けようとして開けた目が、ギラリと野獣のような光を帯びている。男として、自分が守るべき人を守るため、法律だ、正義だなんて、たんだ。な、そうだろ?ひいすみません、すみません、すみません。きれい事を忘れるべきだっ目を開けて放たれた最後の一言は、リキの足下で、縮こまっている男に向けられていた。
奴隷としての自分に課せられている

乳首を絞り出すように

目に涙を浮かべる松本は、震える身体を丸めるようにして土下座する。悪鬼のごときリキの怒りの視線に曝されるなら、蛇の前のカエルの方が、まだ気が楽だった。に違いない。手錠を外されいても、松本は逃げる気配も見せなかった。いや、逃げようとした瞬間に殺されると思わせてしまう、リキの憤怒のエネルギーが満ちていたのだ。リキがおもむろに脚を上げた。土下座する、松本の掌をグッと踏んづける。

桜色の膣口に舌先を伸ばすと

動かぬように固定した右手の指に、木刀の先端が、体重を込めて垂直振り下ろされたのだ。ボスツ。ボキボキ。ぎやつ!鈍い音と、乾いた音が同時に響いた。木刀の先端は畳にめり込んでいる。破って飛び出していた。オマエが、将来ピアニストを目指してるんでないといいがな。白い骨は皮膚をもちろん、ピアノなんてどうでも良い。
オマンコが擦りつけられ

このまま次のセックスに続けられそうだった

それどころか、あり得ない角度で、折れた骨が飛び出している様子から、生涯、右手がまともに動くようになるとも思えない。ニヤリと笑うリキの頬に、殺気がまとわりついていた。破壊の神、シヴァ神のごとく立ち尽くすリキに、松本は、激痛と恐怖で、声も出ない。これで、ピアノは弾けなくなった。おめでとさん。にやりと笑ってから、骨が突き出した手をギュッと踏みつけた。

明日まで存分にお楽しみくださいませ第一奴隷 康子第二奴隷 春美
愛の上半身側にはポコスケが座り両手で愛の乳首を攻め

拘束された美樹を照らし出している

そして再び濃いピンクに色づいた乳首をヌルヌルと刺激しはじめ滑りがよくなった効果はぎやつ!激痛が凄すぎて、声を出せないほどなのだ。なあ、オマエが、ちゃんと喋ったら、命だけは助けてやる。うが、うがああ痛みに、松本は苦悶の表情だ。脂汗がにじむ。どうする、こっちの手もか?一度上げた脚で、左手を、グッと踏みつける。あ、あう、や、やめてくれ、いや、やめて、ください。
動画アニメ

肛門こう志摩子は意地悪そうに

お願いします。助けて、ね、ね、やめて、お願い。喋る、何でも喋るから…頼みます。おもねろうとする態度がありありと見え、横で見ている牧野には、いっそ、意地汚なさばかリが感じられてしまう。じゃあ、聞いてやろうか。もはや意気地というものを全て捨てた松本は、聞かれないことまで、いくらでも喋った。リキは、聞きたいことを聞き出すのに手間を掛けなかったのだ。それから、5分と経たずに、聞きたいことのあらかたを聞き出すと、に、松本に命じた。