クリトリス」カテゴリーアーカイブ

すべてに熟女ならではの匂い立つような色気がある

愛撫というものを受けたことのない理紗には

さあ、わかったらトイレに入るんだ。喜四郎の声が急激に変化を見せた。あいかわらず軽口を叩くような調子だが。今までに聞いたことのない獰猛な響きをはらんでいる。少し気持ち悪いだけで、人畜無害だと見なしていた男が、隠していた毒牙を表に出したようだ。本気だわ。この男は、平気で生徒の人生を破壊できる。戦慄が全身を駆けめぐった。あたりまえだと思っていた平安な日常のなかに、凶悪な怪物が潜んでいたという衝撃が、理紗に大きな決意をさせた。

股間から僅かに浮くと

わたしが生徒たちを護るわ。今は命令に従っても、必ず痴漢グループに対抗する方法が見つかるはずよ。わかったわ。言うことを聞けば、渡辺さんには本当に手を出さないのね。ぼくにも生活があるからな。教師の仕事を捨てたくない。さあ、行こう。理紗の左腕に、喜四郎の右腕がからんでくる。これから夜を楽しもうとする恋人同士のように、喜四郎の蛙顔が晴々と輝き、ぐいぐいと理紗をっばった。

 

女子高生が何か言い出したが

喜四郎がトイレに利用者がいないことを確認すると、すばやく男性用トイレへと入っていく。待って!男のトイレに入るの!?当然だろう。ぼくが女のトイレに入るわけにいかない。でも、わたしは、あっ!覚悟を決めたつもりでも、理紗の足が恐怖に止まってしまう。犯される!必ず犯されるわ!回れ右をして、生徒も学園も投げ捨てて、逃げだそうという衝動に駆られる。脚の筋肉が緊張して、今にも走りだしそうだ。
自分の意思でセックスをたのしめる

エッチになっ一瞬だけ

だが理紗は強靭な意志の力で踏みとどまった。静香ではなく、泉美の今朝の笑顔が頭にある。泉美が撮られている可能性もある。絶対に映像を流出させられない。喜四郎に押された。立ち止まる理紗の背中が、ああっ!理紗は転げるように、男性用トイレの奥の個室へと入れられた。後につづく喜四郎が後ろ手にドアを閉め、鍵をかけるのを目にして、理紗は覚悟ともあきらめともつかない思いを強くする。

従順なだけの奴隷なんか

ここまで来たのよ、理紗ー。理紗が生まれてはじめて目にする男性用トイレの個室には、とくに目新しいものはなかった。理紗が一人で住んでいるマンションのトイレと同じく、洋式の白い便器が鎮座していて、今は白いプラスチックの蓋が下ろしてある。女性用公衆トイレより不潔なイメージがあったが、幸いにもというべきか、便器も四方の仕切りやコ。クリートの床もきれいに清掃されて便器と扉の間に比較的スペースがあり、喜四郎が入口から向かって、右側の仕切りを背にして立った。必然的に理紗は向かつて左側の仕切りを背にして、痴漢教師と対面することになる。

勃起しているのだ

調教を受け始めて以来理紗先生が騒いで、男のトイレに潜む変態女と思われるといけないからな喜四郎が手にした紙バッグを床に置くと、鼠色のスーツの内ポケットから、マジシャンのように白い布を引っぱり出した。両手で布の端を持ちすばやく理紗の顔へ押しつける。とっさに理紗は口を固く閉じ、両手で布の接近を防ごうとした。しかし喜四郎の腕力は予想外に強く、容赦なく白布を唇の間に押しつけられる。E下の歯の間に布が入りこみ、唇の両端に喰いこむ。

人妻好み

すらりとした指が股間を上下に動くと

真面目な良い子。その事故が、亜由美の心のどこかに傷を残していないはずがなかった。つけいるとしたら、そこからだった。真面目な良い子。ほど、一度突き崩せば、どこまでも崩れていってしまうということを、家元はよく知っていたのだ。ふふふ。これで、いただきだねぇ。心の中で舌なめずりをしている。身体の方は、女への興味など全くないが、心を征服するのは違う。
真奈美はさもうれしそうに股間に視線を注いでくる

ペニスを軸に膣のなかをこねながら

男でも女でも、意のままへと陥れる瞬間が。おもしろい。のは、同じだった。アヘンを使って、心のガードを取り払い、意のままに、心を動かす。これほど、画期的な発明だよ、見てらっしゃい、ヤボすけどもめ。家元は、S大の研究員時代、それまで知られてきた、どんなマインドコントロールよりも効率的かつ強力な催眠技術の理論を打ち立てたのだ。しかし、そのあまりの強烈な効果に、周囲の目は、新発見への期待より、悪魔の発明としての危険視、異端視だけになってしまった。

 

もう一方の手でキムの胸を愛撫した

ボスである教授も、研究の差し止めを命じてきた。そんなことができるはずがない。目指した研究は、本人の意志に逆らって、何でもさせられるし、何であれ、しないようにさせられる。ということは、それは、犯罪者の更生にピッタリのはずだった。臨床データを集めれば、すぐにも完成するはずなのだ。しかし、教授に逆らったせいで研究費も、奨学金も差し止められ、あげくは、施設からの事実上の追放だ。
ファックスを送ってるからパンツを被ってアソコを広げる間抜けな姿で人間を操ること。への執着に、周囲が恐怖と、懸念を持ったのだと言うことに、家元は気がつきはしなかった。ただ、自分の研究を邪魔する者達への悪意だけを蓄え込んだだけだった。しかし、今この瞬間は、あの時の悪意も、復讐への思いも飛んでいる。ただ、たとえようのないほど。なこの瞬間を、家元は心から楽しんでいた。家元がニコニコとほほえむその前で、亜由美はすでに、何一つ身につけるものなく横たわっていた。

    1. 彼のチンポを飲み込むときに吸い込むように動くようになって最高だったな...
    1. 陵辱される姿を通りかかった誰かに見られてしまうことが怖かった
    1. オ オマンコしたいですぅ……

四分の一カッブー乳首の露出するブラジャーと黒いガーターベルト

一度閉じた目を開けることができない。真っ暗な闇の底で、亜由美は懸命に考えようとしていた。あの日、自分を助けたことで。お兄ちゃん。の人生は変わってしまった。自分のせいでオリンピックを諦めなければならない。大学だって、決まってたのがダメになったって。そんな私は。良い子。だったのだろうか?親からも、教師からも、周りの大人は、みんなが、亜由美を。
あまりにも甘美な射精だった
子宮頸管を圧迫しはじめた

女膣がきゅむきゅむと締まる

良い子。だと言った。自分でもそうあろうとした。自分が一人の人間の運命を変えてしまったのだ。しかし、良い子。亜由美の。そんな悪魔のような人間が果たしてなのだろうかと、心のどこかがいつも、そう囁いている。は、そんな所にあったのかもしれない。一度、そこに向き合えば、闇から出るのは不可能だ。闇からの声に導かれて、亜由美の心には、次々と。

すぐに挿入していただきました

いまだ半勃ち状態のペニスに白魚のような指をからめてくる

ペニスにも深く影響してきそうだ
乳首の先にぶらさがっています

いきなり声が聞こえた。目ぇ覚ました?オ、ジ、サ、若い男が覗き込んでくる。もちろん、牧野は、この顔を覚えている。あの時和花を連れてきた若い男だ。緒方とかいったな。オジサン、パソ、さんくすな。まじ、ヤべえところだったぜ。あんたが、ここまでデキるってのは思わなかったよ。和花は、和花は、ここにいるんだな?ああ、ずっといるよ。
膣内の新たな部分をえぐるたびに

挿入による快感と志摩子の言葉に触発され

牧野が拍子抜けするほど、あっさりと認めた。しかし、簡単に認めるというのは悪い兆候に決まっていると知っている。もちろん、相手が圧倒的に優位だからこそ、なのだろうから。リキが、どうなったのかと聞こうとした瞬間、緒方はニヤリと話しかけてきた。ていうか、さ、オッサン、これ飲んでよ。鉄格子の間に、紙コップをそっと置いた。なんだ、それは?

チンチンを

え?へへへ、さあ、なんでしょうね。ただ、飲んで死んだりしないのだけは保証するよ。飲んで。誰が、そんなモノを大人しく飲むと思うんだ。ふざけるな。だよねぇ、そりゃ、そのままじゃ飲んでくれないよねぇ。さふっと、四角いモノが鉄格子の向こうで見えた。リモコン?牧野の背後で、画面が浮かび上がる。気がつかなかった。
あまりにも甘美な射精だった

茶ピンクのきれいな乳首が少年たちの前に現れた横で見ていた圭介は

牧野の背後にある壁にモニタが埋め込まれていたのだ。50インチ以上はありそうだ。久しぶりに見た妻が、そこにいた。着物姿で花を生けている。背中がすらっと伸びて、端正な正座姿だった。思わず近寄る牧野。画面に毛を伸ばすと、モニタは冷たく、ずっしりとしたガラスで仕切られている。あ、念のために、いっておくとさ、その間のガラス。

騎乗位はまず貢クンみたいなマゾの男の子を犯す楽しみがあるのよ
拘束され腰枕でし出しになっている女優の

股間を押さえ

亀頭のエラに唇を引っかけサンの頭が砕けても、割れないガラスだから。それ、オッサンが頭ぶつけたらさ、す。振り返ると、緒方がヘラヘラと笑っている。どうするつもりだ。いやあね、奥さん、今日、暇なんだよ。わかってんだろ。奥さんがここで、なにをしているのか、さ奥歯を食い締めて、意地でも怒りの言葉を出すまいとする牧野。相手は、牧野が憤るほどに、喜ぶに決まっているのだ。
女性のセックス感度は心次第だからです

ペニスで責めるのが主流で

ちょうど、猫が鼠を弄ぶ時のように、だ。ははは。オレ、今日、溜ほってるんだよね。ちょっと、奥さんのところに行っちゃおうかなあって。毎日、出さないと健康に悪いっしょ、実際。へらへらとした笑いを浮かべている。何だと。いやね、オッサンが、たっぷりとかな。これを飲んでくれないなら、今すぐ、上に行って、ちょっと。いや、へらへらとした笑いの目に、悪意が浮かんでいた。

セックスで三回

お尻の穴見なさい

その検査をします。だから、奥さんが、たくさん、感じないと検査ができないのです。あん、そんなことって!太ももを、サラサラっとなでられただけで、まう自分が恥ずかしい。ピンク色の声を漏らしてしおまけに、濡れてる。とはっきりと指摘されてしまったのだ。自分がエッチなんだと、断定されたみたいで、恥ずかしさが最高潮。でですね。濡れていただくのは構いませんがあいにく、病院と違って白衣がありません。
口内発射って言うんだ

残念ながらおれのチンポは1本しかなく

奥さんのビショビショの場所で、濡れてしまうと…。あん、いやん、おっしゃらないでぇ。いやいやとタオルの下で首を振る。桜木にみられていない、その童顔のほほは、羞恥になぶられて、真っ赤だが、その目は快感に潤みきっている。決して、拒絶の表情ではないのだ。いえ、ご説明しているだけですから。ご安心を。で、ですね、私も服を!度脱がせていただいている次第ですということなんですね、ほら。

 

オナニーで気をやると同時に口中に

え?あうーあうう、あううう、だめぇ指がぬるりとかき回してきたのだ。第一、これだけ、奥様が感じてしまうと、私としても、ボが苦しいですからね、解放させていただきますよ。え?え?あう、ああん、だ、だめ、あうう、あう。ズボの中でチ桜木の説明もむちゃくちゃだ。普段の香奈なら、いくら天然娘でも、おかしいと思えるだろう。しかし、放尿姿も、絶頂も見られている相手だ。
人妻好み亀頭の先端が子宮口を突きあげるその上、大開脚して、隠すこともできない秘部。中にこそ指は入ってこクリクリト弄られては、ないが、むき出しにされたクリトリスまで、にものを考えるどころではない。冷静香奈にしたら、これもケンサの一部なのだと思い込むしかない。ね、ケンサを続けますから、このまま大人しくしくしてくださいね。あう、は、はい、あ、あん、あう、もう、あう。

    1. 真菜の尻ばかり見ていたのだから
    1. 感じやすい身体してるねえ旦那とあんまりオマンコしてないだろう
    1. 赤目のお尻が口を塞ぐのです

拘束し

いくら天然娘でも、人妻だ。香奈とてセックスを夫にたっぷりと仕込まれてきた。タオルの白い世界の向こう側で、想像くらいできる。チンポが苦しい。桜木が、どんな姿になっているのか桜木の言葉の意味くらい、しっかりイメージできてしまう。もっとも、夫以外に、男ののモノを見たことのない香奈にとっては、その姿はおぼろげではあるのだが。ああん、恥ずかしい。こんな検査だなんて。それに、この人、裸に、ああ、どうしよ。
髪を整えにかかった熟女人妻は答えた
どんなにきわどく見せつけてもがっちりと下着にガードされているバストに

早くチンポちょうだい

しかし、いまさら、これが単なるエッチだと思えば、いることになってしまうではないか。香奈はウワキしてこれをレイプだと思うのは、すっかり感じてしまった香奈にとって、でに無理だった。ウワキなんて、してはダメ。だとしたら、このまま。ケンサ。だと思うしかないではないか。大丈夫ですよ。あくまでもケンサですからね。安心してください。

尻の谷間に硬直していくペ美津子が下腹部を反り返すと

亀頭を露出させておいて

あたし、なにも聞こえない。しっかりしてよ。甲錦さんじゃないの?はっと冴子は腰を浮かす。まさか。彼はだから、きょうは静岡で巡業なの。そのあとヒイキ筋に呼ばれてて、料亭に行ってから熱海に…。ほら、またチャイムが。こんどは、別荘マンションの入り口に、誰かがきている気配が冴子にもわかった。二人とも全裸。具合が悪いことおびただしい。

管理人かしら?後で出直してくるように言ってくる。冴子は全裸の身体に、バスタオルを巻いて玄関に行った。ハーイ。どなた?ごっつぁんでーす。しわがれた、力強い声。あら、甲錦さんなの?おーい、わしです。甲錦は巨躯に似あわずせっかちなのか、ドアのノブをがちゃがちゃまわした。冴子は湯がはじける素肌を見て、どうしようと思った。

勃起しても仕方ないわ


フェラチオ大好きっ

時間はまだ宵の口。甲錦が熱海のマンションに到着するのは、早くても夜の十時ごろになると冴子は思っていた。全裸の肌に巻きつけたバスタオルを、乳房のあたりで締めつけながら冴子は困惑した。こんばんは。甲錦です。また、鉄製のドアの向こうで大きな拳がノックする。冴子は意を決して、ドアの鍵をあけた。二百四十キロ、百八十九センチの巨体を、いつまでも通路に立たせておくわけにはいかない。ドアがひらき、入り口を杯に塞ぐように、大関·甲錦の巨躯が入ってきた。

先生のオマンコ

ごめんね。バスルームにいたの。甲錦さん、もっと遅くくると思ってたから。冴子はバスタオルを引きあげ、空いた手で肩のあたりをかくした。肌がざわッと緊張する。思いもかけず、悩ましい冴子のポーズに昂奮して、綱だって土俵を割ってしまう。このまま甲錦が突進してきたら、居間のソファまで吹っ飛びそう。甲錦のブッシュは強力で、まともに受けたら、横しかし、甲錦はバツが悪そうに笑って、冴子さんに会いたくて、お座敷はキャンセルしました。


この後どんなセックスが続いたのか

いまだたくましいセックスを欲している

と、言った。大きな身体を特注品らしいアロハシャツで包んでいる。ズボンは、ふつうの男性の四人分くらいの生地が必要だろう。くいと突き出たお腹。ベルトの位置が、冴子の眼の高さくらいに感じる。目立ってしょうがないのが、頭にのっけた大銀杏。ちょっと待っててね。あたし、お風呂すましてくる。

セックスを知っているということが


さっき膣鏡でひろげられたにもかかわらず

その両肩を、甲錦は熊のような大きな手でかかえ、冴子さん、可愛いでーす。と、うなじのあたりに軽くキスをした。あン、いやソ、恥ずかしい。冴子は身をくねらせて、バスルームに逃げこんだ。動悸が早く、乳房がたぷたぷゆれた。バスルームの中では、麻紀が不安そうな眼をして待っている。どうしたの?きちやったのよ。ウッソオ、そんなの、ありィ。お尻の中に感じてしまっていたのです

  • 射精してやったものだが
  • クリトリスに吸い付かれ
  • 射精したい

ペニスは2回りくらい太く成長していたが

股間に嫌らしく喰い込ませるように密着させて装着しながらそんな事を言います

紺野をあきらめたとは言え、やはり紺野が彼女をかわいがっているというのが手に取るように見えてしまうと、佳代子はいてもたってもいられな力一。俺も、何人も年上の部下を使う身だ。仕事をする上で、年齢がであるということはひとつの要素になろうとも、絶対的な要素でもなんでもない。だいたいお前がガタガタ言うほど彼女はお前のことを意識してないだろう彼女の言動に我慢が出来なくなってこと。女性同士の和が乱れてますから、部長からもひと言言ってくださいよ。若くして既に部長という役職になっていた紺野につい言ってしまった佳代子に、驚くほど冷たい目の紺野が言ったのだった。

下着を履かせた

仕事を辞して専業主婦となった佳代子に待っていたものは、屈と虚脱感だった。壮大なる退そうして、ひとりで居る昼間の時間がもたらしたのは、自分の性欲と向き合う時間。気が付くとマゾという自分の性癖を意識してしまうような行動をしているのだった。辞めてひと月も経つと、家事をしている時間と睡眠時間以外、の時間をコンピューターの前で過ごすようになった。その大半その手の書籍やビデオなどを買うことがままならなくとも、インタネットにはそれをはるかに凌ぐ文字と写真、そしてネット上での他人との交流という刺激が満ちあふれていた。

 

静香はそのままクリトリスを刺激しつづけた

しのそれは佳代子にとって、全く新しい世界と、マゾであると告白しただけで、たくさんのサディストを自称する男からの賞賛の言葉が与えられる。といううっとりするほど魅惑的な世界だった。しかし、それだけで満足するには佳代子の肉体はマゾとしてその時既に。を積みすぎていた。五池袋駅の北口。待ち合わせに指定された場所は、出口のすぐ前にある。エンペラー。という名の喫茶店だった。指定された時間より三十分ほど早く到着したため、しまうか躊躇ったが、思いのほか風の強い外は寒い。
ペニスの型取りをした時は

チンポだけじゃ物足りないのでキンタマも食べさせてくださいってな

店内にすぐに入ってためら自動扉が横に開く瞬間、自らを励ますように背筋を伸ばした佳代子にそれまで俯いて座っていた数人の女性客が、顔をあげて視線を投げかけてきた。いらっしゃいませ。うつむ銀色のトレイを左手で胸元に持った初老の男性店員が、寄ってくる。あの、禁煙席は。ゆったりと歩みついそう言いたくなるほどに、店の中はタバコの匂いが充満していた。申し訳ございませんが、当店には禁煙席のご用意はございません。仕方がなく、空いている窓側の席に案内をしてもらう。

乳首露出の黒ブラに包まれた豊乳が貢の眼前でゆさゆさと揺れている

待ち合わせの時間にもう一度入り直そうかと思ったが、さっと見渡した店内に空いている。席はたったのふたつ。次に入ってきた時に満席だったらどうしよう、と佳代子は思ったのだっ男にミルクティをオーダーすると、もう一度店内全体を見渡してみる。全部で十五あまりの対面四人がけのテーブル席。ターのような席は佳代子はここに、面接を受けるためにやってきた。実際にここで面接をされるのか、それとも別の場所に行くための単なる。待ち合わせ場所なのかはわからない。そして、見て取れたのはどうやらほぼ全ての席の客がそういう目的で座っているのだということだ。

ひざまずいて下向きになった乳首をつまみ

あまりにも甘美な射精だった女性対女性、女性対男性、相手の到着を待っている女性。まだ少女のような娘も居れば、いかにも水商売のお姉さんといった雰囲気の女性もいる。ゆったりとコーヒーブレイクを楽しんでいるという、人間がひとりもいないのだった。くつろいだ様子の佳代子がそのサイトを見つけたのは本当に偶然だった。いつも使っていたチャットと呼ばれる、パソコンの上で文字を使った会たど話をするサイトから、リンクを辿っている時にいきなり行き着いたのだっ。

勃起した状態だと収まりが着かないから手コキでいいんで射精さして

鞭で傷ついた尻タブで体を支えるのですおそるおそるスプーンでいただきます手が震えま

何という趣味の悪い幻覚でしょう。2人ともゴテゴテと派手に着飾っている。いつもの服を脱ぎ捨てて、一糸まとわぬ全裸でした。お母さん。の脂肪にダブついた三段腹や醜く垂れ下がった乳房、そして。お父さん。の枯れ枝のような骨と皮だけの股間に唯1つ元気そうなペニスが目に入った時、私はこのおぞましい幻覚を消し去ろうと固く目を閉じました。ピシャリツ!目を閉じるんじゃないよ、このアマツ!激しい口調で猛烈なビンタを見舞われた私は、その痛みで現実に引き戻この痛みは決して幻覚なんかではありまされ、恐る恐る目を開けました。あり得ない現実の前に私の頭の中では、さっき聞こえた2人の会話が断片的に蘇って来ます。
痴漢に責められ

また小峰の肉棒が押しこまれていた

雅之さんが、私を捨てた…そんな、バカなこでも自分の置かれた状況をよく考える時間も私には与えられませんでした。お母さん。お父さん。の手が伸びて、私の恐ろしい程ピンとそそり立てていた乳首を軽く摘んで来たのです。んんんんっっっ!ホンの一寸の刺激なのに、私はおっぱいをその指に擦り付けるように突き出してガクガクと揺さぶり、強烈な悲鳴をくぐもらせてしまうのをどうしようもありませんでした。まるで壊れた蛇口のように、ソコから奔流のように積もり積もった快感が流れ出し、連動してアソコからドクドクととめどなくえっちな液体が溢れ出て来るのを感じました。何だい、そのガッツいたような反応はっ!分を出してしまうのかい、恥をお知りっ!

 

セックス自体はそんなに好きではないし性欲もないから

憎い私に体を触られても気。まあまあ。もうこの人は私達の物になったんだ、せてやろうじゃないか。タップリいい思いをさ雅之さんが私を捨てたし、ご両親に私を譲り渡した!?淡々と落ち着いた。お父さん。の言葉の方が私には大きなショックでした。私は物じゃないのに、一体どうしようと言うのでしょう。もう、こんな物は必要ないね。タップリいい声を聞かせておくれ、美咲さん。
洋介がようやく熟女人妻専門をうたうデリヘル2セックスに突入していたさんざん私に屈辱を味わわせた口枷が外され、ボールを吐き出すと同時に私の顔に大量の涎が流れ落ちましたが、まともな言葉は何一つしゃべる。ことの出来ない状態でした。それからすぐに左右に別れた2人の手指がおっぱいに掛かると、後はどうしようもなく出てしまうえっちなよがり泣きを盛大に聞かせてしまう羽目になりました。お母さん。お父さん。におっぱいを揉まれ始めると、もう本当にトロけるような心地良さで私は何も考えることも出来ないくらい感じ入ってしまいました。もちろん薬でウズウズしていたからというのもありますが、たぶんそうでなくても、アンアンとえっちな声を張りながら2人の手に膨らみを押し当てるようなはしたない反応をしてしまっただろうと思います。それくらい年期の入った2人のテクニックも素晴らしかったですし、何より左右の乳房を違う感触と技巧の手に愛撫されるという贅沢さが私には応えました。

    1. だいぶエッチにも協力的だしなあ
    1. ファックは日本黒人の
    1. 浩介は亜希子との情熱的なセックスがどうしても忘れられ来週

男根をこれみよがしに

決して力を入れずにヤワヤワとソフトタッチの膨らみの揉み方や、指でクリクリと乳首を弄り回して来るやり方など、せっかちな雅之さんには期待出来ない上手な愛撫を、左右の乳房に別々の手で味わわせてもらうなんて…信じられない事に、私は主人の両親におっぱいを揉まれるだけで、恥を晒しそうになっていたのです。ところが、そこでなぜか2人の愛撫はピタリと止まってしまいました。ふふふ、イキそうだったのかい?夫の親におっぱいを揉まれて気をやるなんて、呆れたどスケベだねぇ私は。お母さん。の辛辣な言葉に唇をキッと噛み締めますが、胸の膨らみに被せられたままの2人の手があるだけで、正常な理性は働きませんもっと、もっとちゃんとして!私をイカせて頭の中ではそうとしか考えられませんでした。言葉に私は慄然としてしまいました。が、続く。
尻穴で締めてしまう結び玉の方がむしろ気持ち良くなってしまいました
さっそく憧れの熟女のヌードを

自分から尻を突き出して

お父さん。美咲さん、あなたはこれから私達の奴隷になるのですよ。かったら、ご主人様、イカせて下さい、と言いなさい。イカせて欲しそんな言葉、言えるはずがないではありませんか!私が困っていると2人は又ゆっくりともどかしいくらい丁寧な愛撫を再開して来ました。ああ、何と言うことでしょう。さっきよりも気持ち良くなる一方なのです。すぐに追い詰められた私でしたが、その気配を察するとおっぱいの愛撫はピタリと止まってしまうのです。

これまで関係があった女たち-といっても素人は数人で

ぬめった乳首の感触が静香を酔わせた

そのままズボンとトランクスを脱ぎ捨てて下半身裸になった
六つのリングが光っている蘭のフェラチオするように言われ

二人の男が頭を互い違いに並んで寝ているため、梨乃が勃起させた男根は客席側にあり、有香が勃起させた男根は客席から遠い側にある。ふたりの女が場所を入れ替わることで、向きを変えることなく、有香はやはり客席に背を向けたまま、見えはしないが梨乃は客席側を向いてそれぞれ巨根を自らの性器に入れていくそしてまた客席にそこを公開しながらのフェラチオをし先ほどの男のものよりさらにひと回り大きい男根をなん一回目の性交と、梨乃に舐められ、たことで濡れそぼった有香の性器は、なく呑み込んでしまった。あ、あーーん。やっぱりおっきい。梨乃も同じだろう。特に痛いなどの声も発さずに、梨乃ママは、少し手加減なさい。入れてしまったようだ。何故かという説明を女は省いた。録音されてそのことが公開されると、将来の本当の母娘競演に差し障るということだろうか。
お尻の中に感じてしまっていたのです

まるで乳首が

ほら、次はふたりともお尻よ。最初は黒人11本をママに、日本人11本を梨乃ちゃんにと思っていたけど、サミーがどうしても梨乃ちゃんともしたいって言うから、ふたりともおまんこは黒人、お尻の穴は日本人ちんぽね。まだ小さいままだ。有香の口元につきつけられた男根は、有香さん…。前に立った男が自分の名をやはり小さな声で口にした。か…カズ君…。どうやら声は、11日と空けず梨乃を犯しに病室に来て、梨乃のフェラチオのお手本にと、何度もその男根をしゃぶらされたカズ君のようだ。それを口に含んでみて、有香はそのことを確信した。

こに中出しされて

元々男優の仕事もしているのか。男優として出演するのか、それともカズであるならば、感じるポイントももうよくわかっていた。口の中で舌をローリングし、男根の先端全体を舐めまわしながら、喉を少し締めてやるとムクムクとあっという間にそれが膨れていくのがわかる。最初から勃起している男根様に頬ずりするように奉仕するのもいいが、くのは堪らない悦びだ。この大きくなっていたまよろこついつい、その状況で腰の動きも早くなってしまう。スローニ、スロー111と、ボブから抗議が来たために、再び腰を沈めたところで、グさせてクリトリスの刺激を愉しませてもらうことにした。
マゾレッドはバイブレードを出し

さっきから始めたパイズリの動きはそのままに

腰の上下の動きを止めてローリンたのストーーツブ!残念ながら手加減したにも関わらず、はボブのものが性器の最奥で爆ぜてしまったのがだが、わかる。それを察知した司会者が誰にともなく。あららら。まあ仕方ないか。と、一言い。カズは準備OKのようね。梨乃ちゃん身体前に倒してサミーに抱きついてお尻高くあげるのよ。おちんぽ抜けないように気をつけてね。と、梨乃に指示を送る。どうやらカズは梨乃の肛門に取られてしまうらしい。

亀頭を凝視する
さっき111人に鞭打たれた可哀想なミュウのお尻に

愛妻が目の前でセックスをしているところを見るのはツライもの

真理ちゃんのお尻を犯してもらうからここまでの位置関係からいくと、確かにそういうことだろう。ほら、お口もおろそかにしないよ、ママが待ってるわよ。梨乃が口奉仕している方がまだ準備完了とはいかないのだろうか。必然的に梨乃の方が三穴奉仕をするという形になり、有香の方はボブの男根が力を失い、どうやら性器から逃げていくのは時間の問題のようだ。男によってはこのまま回復して11回戦ということもあるというのにたまこうなると一度火がついてしまった身体は、堪らなかった。
バイブの一方の黒光りする

一気に究極のオーガズムへ駆け上がろうとした真菜は

仕方ないわね。どなたか、男性の方でボブを瞬殺した梨乃ちゃんママのおまんこ、初で味わってみたい方、いらっしゃいませんかご自慢のいちもつ。無理ムリ無理、痛い、たい痛ーい。さ、裂けちゃう、お尻裂ける。隣でカズが梨乃の肛門に入れようとしているようだ。カズ、どんどんローション垂らして一気に入れちゃいなさい。司会の女がけしかけている。これまで梨乃が肛門を責められているシーンを一度も見ていなかった。

女性のセックス感度は心次第だからです

痴漢されてたって女の子が言っていたな

妻がほかの男とセックスする現場を覗き見るのだ
フリスクを大量に口に含んでフェラしてみたり

軽いと思っていたパンツ売りの女子高生達よりさらに尻軽なので、日本はこんなことで大丈夫だろうかと、ガラにもなく心配になるくらいである。発覚するとヤバいとビクビクしながら、性経験が乏しくマグロみたいな女子高生とヤるのは、労多くして実りの少ないセックスだった。何すんだ。このオッサン、と言いたげな目で見られ、乳を触るだけでギャハハっとバカ笑いされた日には勃つものも勃たない。その上終わった後は小遣いもやらねばならない。大人のパンツ売り女性とのセックスの素晴らしさを知った後では、あんなクソガキどもに惑わされていた自分がアホらしく思えて来る。
顔を股間に埋めた

秘部や肛門の拭き方もバラバラである

その点、大人の女性、ありていに言えばオバサンとヤルのは、お互い大いに盛り上がって非常に楽しい。比べたわけではないが俺のムスコは人よりサイズが大きめらしい。これはまだアソコの狭い女子高生とヤルには不利だったが、かなり緩くなったオバサ。にはとても重宝される。やっぱり女性に歓んでもらわないと、セックスなど楽しくないから、俺は完全に口リータ趣味からも方向転換したのである。そしてオバサン達は、ヤッてしまってもお金をくれ、なんて言わないありがたい人が多い。

勃起を見せており

金を稼ぐために下着を売りに来てるはずなのだが。もしかすると、単にえっちな刺激が欲しくてこの店に来てるのだろうか。ならば俺が食べてあげるのは、彼女達にとっても願ったり叶ったりなわけだ。さてそんな俺を大いに興奮させている、42歳の人妻である梓さんはこれまで出会ったオバサンの中では最上級の美人と言って良かった。そんなに厚化粧ではないが、やはり女としての年期が違うようでメイクも品良くばっちり決まって、まるで女優みたいだった。
オマンコが擦りつけられ

クンニをやめて体を起こした

実際、名前を思い出せないが、昔アイドル歌手で今は美人女優として有名な芸能人ととても良く似ている。そんな美女がまるで小娘のように真っ赤になって羞じらいながら今から俺に1週間身に着けている下着を差し出そうと言うのだ。俺のムスコが爆発寸前にドクドクと脈打ってもやむを得まい。ところで奥さん…えぇっと、奥さんで良かったですか?主人と、子供が2人おります。しまった。余計なことを聞いてしまった。2人の子供がいると言うのは、俺にとってあまり歓迎すべき情報とは言えない。

お尻の穴まで愛液を垂れ流してチOポ入れやすくするためなんだろう
はい 先生のチンポをあの……

股間までキッチリ縄を食い込ませ後ろ手錠やリード付き首輪まで嵌めてやる大サービスで

このチンポが好きでねだがそれは聞き流すこととして、俺はこの麗しい美人人妻にいわゆる。生セラ。を行わせることを決意した。買い取って写真と共に商品として並べるのでなく、その場で下着を脱いで売らせる実演販売の方法である。うちの店では、それをいかがわしいショーのようにして客サービスを行っているから、これを彼女に強要するのだ。客の目に晒された彼女は心ならずも興奮してしまうに違いなく、そこでおもむろに俺が一発お願いするわけだ。彼女の美女っぷりからして、その下着も通常では考えられないような高値が付くことだろう。
まさかこんな形で愛撫する日が来るとは思わなかったは妙な感慨に浸っていた

憧れの留美先生とセックスできる

うむ、我ながら完璧な計画だ。それではさっそく衣装を着替えて頂きましょうか。何言ってるんですか、奥さん。お客さんはどんな女性がはいてたパそんな話は…か、確認してから購入するのですよ。じゃないですかそんな普段着じゃ駄目に決まってる。すみません。などと言うラフな服装の梓さんが素直に頭を下げる。すれっからしの女子高生などよりよっぽど世間知らずのお嬢様らしく見える梓さんに俺はムラムラと股間を強烈に突き上げる欲求を抑えるのに苦労した。

洋介がようやく熟女人妻専門をうたうデリヘル2

濡れ光ってピストン運動している

ただオマンコ拡張による。圧迫感が、目もくらむほどの快楽をもたらしてくれることだけは分かっています。成美さんは。イクウッと叫ぶと、下唇をかみ締めて口を閉じ、しばらくするとまた。だめ、イク?ッ!と声を漏らして息を止めて…を繰り返しました。頂を味わっているのが私にも伝わってきます。初めてのオマンコ絶女性は膣内イキすると、オマンコの中がぎゅっと締まります。

セックスのように

膣内に入っているのがペニスならばオマンコが締め付けたり、もとに戻ったりす。るのに合わせてペニスも変形します。従って膣も女性自身の呼吸に合わせて自然な伸縮を繰り返すわけですけれども太くて固いディ·ドウがハマッていると、一度ギュッと締まったオマンコもすぐさま強制的にもう一度拡げられてしまいます。するとその瞬間からすぐにまた次のエクスタシーが始まるのです。だから、拡張オルガズムはほとんど途切れ目なく続いてしまいます。成美はオマンコでイッたことなかったんだよな!?どうだ、中でイク感覚は?いいだろう?調教師は手元で細かくディドウを震わせ、ける彼女を見下ろして笑いました。

 

乳首をくるくると弄んでいた

だ、めイキ、できないあっ!下半身を痙攣させてイキ続成美さんは思い切り。と一度だけ大きく息を吸うと、すぐにまた自ら拡張オルガに溺れていきました。私は目の前の彼女がどれほどの快感に浸っているのかが良く分かりました。男性が射精の瞬間に息を止める。と気持ちが良いように、私たち女性もオルガの瞬間は、より深い快楽を求めて、呼吸を我慢してしまいます。息をするとエクスタシーが途切れてしまう。息継ぎせずに済めばいいそうしたらずっとイッていられるのに!という思いを幾度となく経験したことがあります。
32歳の人妻の子供っぽい恥ずかしがり方と

ペニスはピッチリしたシースレーブリーフの下でムクムクと起き上がってきた

あ…うぅ…もう死ん…じゃうっし成美さんは文字通り息も絶え絶えになり、あらぬ方向を見つめたまま呟きました。どうした成美、もう限界か!?なら最後にもう一回思いっきりいけ!調教師はそう命じると、これがとどめとばかりにオマンコを貫くディルドウを激しく揺らしました。あーーっ!いいの成美さんは激しい快楽に猛り啼き、ガクリと堕ちて果てたのです。調教師が静かに張形を引き抜いても、しばらくの間、彼女のオマンコはヒクヒクと痙攣を続けていました。成美さんはほとんど失神同然に眠りにつき、私が帰りの時間は大丈夫?

0はお尻の穴周りです欧米では陰毛があるのは不潔と嫌がられるため

と揺り起こすまで、ピクリとも動きませんでした。彼女は新幹線の時間を気にしながらも満足に動くことが出来ず、何とか洋服を着ると、足元をふらつかせながら帰っていきました。数日後、成美さんから届いたメールにはお礼の言葉とともに。あの一日で、愛情では越えられない何かがあることを知ってしまったような気がします…とつづられていました。ご主人を心底愛しているのにも関わらず、夫婦生活では得られなかった。

ペニスをしゃぶった後出された

尻の谷間に硬直していくペ美津子が下腹部を反り返すと快楽を血の通わない淫具で与えられてしまった…私には彼女の戸惑いが痛いほど分かりました。どんなに強烈な快感も永遠に続くはずはなく、日々の生活は信頼できる。相手との関係性の中にあります。けれども心は身体から決して出ることが出来ない以上、快楽に引きずられてしまうのもまた事実です。私はいまだ。答えの出せない問いを成美さんに改めて突きつけられた気がしました。愛情と快感、きっと両取りできるよ。諦めないで頑張りましょうよ!私は敢えて強がった明るいメールを彼女に返しました。