クリトリス」カテゴリーアーカイブ

洋介がようやく熟女人妻専門をうたうデリヘル2

濡れ光ってピストン運動している

ただオマンコ拡張による。圧迫感が、目もくらむほどの快楽をもたらしてくれることだけは分かっています。成美さんは。イクウッと叫ぶと、下唇をかみ締めて口を閉じ、しばらくするとまた。だめ、イク?ッ!と声を漏らして息を止めて…を繰り返しました。頂を味わっているのが私にも伝わってきます。初めてのオマンコ絶女性は膣内イキすると、オマンコの中がぎゅっと締まります。

セックスのように

膣内に入っているのがペニスならばオマンコが締め付けたり、もとに戻ったりす。るのに合わせてペニスも変形します。従って膣も女性自身の呼吸に合わせて自然な伸縮を繰り返すわけですけれども太くて固いディ·ドウがハマッていると、一度ギュッと締まったオマンコもすぐさま強制的にもう一度拡げられてしまいます。するとその瞬間からすぐにまた次のエクスタシーが始まるのです。だから、拡張オルガズムはほとんど途切れ目なく続いてしまいます。成美はオマンコでイッたことなかったんだよな!?どうだ、中でイク感覚は?いいだろう?調教師は手元で細かくディドウを震わせ、ける彼女を見下ろして笑いました。

 

乳首をくるくると弄んでいた

だ、めイキ、できないあっ!下半身を痙攣させてイキ続成美さんは思い切り。と一度だけ大きく息を吸うと、すぐにまた自ら拡張オルガに溺れていきました。私は目の前の彼女がどれほどの快感に浸っているのかが良く分かりました。男性が射精の瞬間に息を止める。と気持ちが良いように、私たち女性もオルガの瞬間は、より深い快楽を求めて、呼吸を我慢してしまいます。息をするとエクスタシーが途切れてしまう。息継ぎせずに済めばいいそうしたらずっとイッていられるのに!という思いを幾度となく経験したことがあります。
32歳の人妻の子供っぽい恥ずかしがり方と

ペニスはピッチリしたシースレーブリーフの下でムクムクと起き上がってきた

あ…うぅ…もう死ん…じゃうっし成美さんは文字通り息も絶え絶えになり、あらぬ方向を見つめたまま呟きました。どうした成美、もう限界か!?なら最後にもう一回思いっきりいけ!調教師はそう命じると、これがとどめとばかりにオマンコを貫くディルドウを激しく揺らしました。あーーっ!いいの成美さんは激しい快楽に猛り啼き、ガクリと堕ちて果てたのです。調教師が静かに張形を引き抜いても、しばらくの間、彼女のオマンコはヒクヒクと痙攣を続けていました。成美さんはほとんど失神同然に眠りにつき、私が帰りの時間は大丈夫?

0はお尻の穴周りです欧米では陰毛があるのは不潔と嫌がられるため

と揺り起こすまで、ピクリとも動きませんでした。彼女は新幹線の時間を気にしながらも満足に動くことが出来ず、何とか洋服を着ると、足元をふらつかせながら帰っていきました。数日後、成美さんから届いたメールにはお礼の言葉とともに。あの一日で、愛情では越えられない何かがあることを知ってしまったような気がします…とつづられていました。ご主人を心底愛しているのにも関わらず、夫婦生活では得られなかった。

ペニスをしゃぶった後出された

尻の谷間に硬直していくペ美津子が下腹部を反り返すと快楽を血の通わない淫具で与えられてしまった…私には彼女の戸惑いが痛いほど分かりました。どんなに強烈な快感も永遠に続くはずはなく、日々の生活は信頼できる。相手との関係性の中にあります。けれども心は身体から決して出ることが出来ない以上、快楽に引きずられてしまうのもまた事実です。私はいまだ。答えの出せない問いを成美さんに改めて突きつけられた気がしました。愛情と快感、きっと両取りできるよ。諦めないで頑張りましょうよ!私は敢えて強がった明るいメールを彼女に返しました。