大陰唇」カテゴリーアーカイブ

すべてに熟女ならではの匂い立つような色気がある

愛撫というものを受けたことのない理紗には

さあ、わかったらトイレに入るんだ。喜四郎の声が急激に変化を見せた。あいかわらず軽口を叩くような調子だが。今までに聞いたことのない獰猛な響きをはらんでいる。少し気持ち悪いだけで、人畜無害だと見なしていた男が、隠していた毒牙を表に出したようだ。本気だわ。この男は、平気で生徒の人生を破壊できる。戦慄が全身を駆けめぐった。あたりまえだと思っていた平安な日常のなかに、凶悪な怪物が潜んでいたという衝撃が、理紗に大きな決意をさせた。

股間から僅かに浮くと

わたしが生徒たちを護るわ。今は命令に従っても、必ず痴漢グループに対抗する方法が見つかるはずよ。わかったわ。言うことを聞けば、渡辺さんには本当に手を出さないのね。ぼくにも生活があるからな。教師の仕事を捨てたくない。さあ、行こう。理紗の左腕に、喜四郎の右腕がからんでくる。これから夜を楽しもうとする恋人同士のように、喜四郎の蛙顔が晴々と輝き、ぐいぐいと理紗をっばった。

 

女子高生が何か言い出したが

喜四郎がトイレに利用者がいないことを確認すると、すばやく男性用トイレへと入っていく。待って!男のトイレに入るの!?当然だろう。ぼくが女のトイレに入るわけにいかない。でも、わたしは、あっ!覚悟を決めたつもりでも、理紗の足が恐怖に止まってしまう。犯される!必ず犯されるわ!回れ右をして、生徒も学園も投げ捨てて、逃げだそうという衝動に駆られる。脚の筋肉が緊張して、今にも走りだしそうだ。
自分の意思でセックスをたのしめる

エッチになっ一瞬だけ

だが理紗は強靭な意志の力で踏みとどまった。静香ではなく、泉美の今朝の笑顔が頭にある。泉美が撮られている可能性もある。絶対に映像を流出させられない。喜四郎に押された。立ち止まる理紗の背中が、ああっ!理紗は転げるように、男性用トイレの奥の個室へと入れられた。後につづく喜四郎が後ろ手にドアを閉め、鍵をかけるのを目にして、理紗は覚悟ともあきらめともつかない思いを強くする。

従順なだけの奴隷なんか

ここまで来たのよ、理紗ー。理紗が生まれてはじめて目にする男性用トイレの個室には、とくに目新しいものはなかった。理紗が一人で住んでいるマンションのトイレと同じく、洋式の白い便器が鎮座していて、今は白いプラスチックの蓋が下ろしてある。女性用公衆トイレより不潔なイメージがあったが、幸いにもというべきか、便器も四方の仕切りやコ。クリートの床もきれいに清掃されて便器と扉の間に比較的スペースがあり、喜四郎が入口から向かって、右側の仕切りを背にして立った。必然的に理紗は向かつて左側の仕切りを背にして、痴漢教師と対面することになる。

勃起しているのだ

調教を受け始めて以来理紗先生が騒いで、男のトイレに潜む変態女と思われるといけないからな喜四郎が手にした紙バッグを床に置くと、鼠色のスーツの内ポケットから、マジシャンのように白い布を引っぱり出した。両手で布の端を持ちすばやく理紗の顔へ押しつける。とっさに理紗は口を固く閉じ、両手で布の接近を防ごうとした。しかし喜四郎の腕力は予想外に強く、容赦なく白布を唇の間に押しつけられる。E下の歯の間に布が入りこみ、唇の両端に喰いこむ。

人妻好み

すらりとした指が股間を上下に動くと

真面目な良い子。その事故が、亜由美の心のどこかに傷を残していないはずがなかった。つけいるとしたら、そこからだった。真面目な良い子。ほど、一度突き崩せば、どこまでも崩れていってしまうということを、家元はよく知っていたのだ。ふふふ。これで、いただきだねぇ。心の中で舌なめずりをしている。身体の方は、女への興味など全くないが、心を征服するのは違う。
真奈美はさもうれしそうに股間に視線を注いでくる

ペニスを軸に膣のなかをこねながら

男でも女でも、意のままへと陥れる瞬間が。おもしろい。のは、同じだった。アヘンを使って、心のガードを取り払い、意のままに、心を動かす。これほど、画期的な発明だよ、見てらっしゃい、ヤボすけどもめ。家元は、S大の研究員時代、それまで知られてきた、どんなマインドコントロールよりも効率的かつ強力な催眠技術の理論を打ち立てたのだ。しかし、そのあまりの強烈な効果に、周囲の目は、新発見への期待より、悪魔の発明としての危険視、異端視だけになってしまった。

 

もう一方の手でキムの胸を愛撫した

ボスである教授も、研究の差し止めを命じてきた。そんなことができるはずがない。目指した研究は、本人の意志に逆らって、何でもさせられるし、何であれ、しないようにさせられる。ということは、それは、犯罪者の更生にピッタリのはずだった。臨床データを集めれば、すぐにも完成するはずなのだ。しかし、教授に逆らったせいで研究費も、奨学金も差し止められ、あげくは、施設からの事実上の追放だ。
ファックスを送ってるからパンツを被ってアソコを広げる間抜けな姿で人間を操ること。への執着に、周囲が恐怖と、懸念を持ったのだと言うことに、家元は気がつきはしなかった。ただ、自分の研究を邪魔する者達への悪意だけを蓄え込んだだけだった。しかし、今この瞬間は、あの時の悪意も、復讐への思いも飛んでいる。ただ、たとえようのないほど。なこの瞬間を、家元は心から楽しんでいた。家元がニコニコとほほえむその前で、亜由美はすでに、何一つ身につけるものなく横たわっていた。

    1. 彼のチンポを飲み込むときに吸い込むように動くようになって最高だったな...
    1. 陵辱される姿を通りかかった誰かに見られてしまうことが怖かった
    1. オ オマンコしたいですぅ……

四分の一カッブー乳首の露出するブラジャーと黒いガーターベルト

一度閉じた目を開けることができない。真っ暗な闇の底で、亜由美は懸命に考えようとしていた。あの日、自分を助けたことで。お兄ちゃん。の人生は変わってしまった。自分のせいでオリンピックを諦めなければならない。大学だって、決まってたのがダメになったって。そんな私は。良い子。だったのだろうか?親からも、教師からも、周りの大人は、みんなが、亜由美を。
あまりにも甘美な射精だった
子宮頸管を圧迫しはじめた

女膣がきゅむきゅむと締まる

良い子。だと言った。自分でもそうあろうとした。自分が一人の人間の運命を変えてしまったのだ。しかし、良い子。亜由美の。そんな悪魔のような人間が果たしてなのだろうかと、心のどこかがいつも、そう囁いている。は、そんな所にあったのかもしれない。一度、そこに向き合えば、闇から出るのは不可能だ。闇からの声に導かれて、亜由美の心には、次々と。

口内発射って言うんだ

バイブがソロソ口と抜かれると

弟はここは触らないのかな?もったいないね。だけどまあ、から塞いでおく必要がある。これからなわみと仕事をする相手はここが大好きかもしれないガラスの浣腸器でチューっと吸い上げてお尻に刺します。お湯が入ってきます。うぅぅん。すぐに苦しくなります。百ccの注射器で七本も入れられました。グリセリンを二百CCぐらい入れた計算でしょう。きっちり十分、がまんして。ふううう。すぐにお腹が苦しくなります。

び乳首に針先が深く突き刺さってきました

お尻を締めるのが精一杯で、ほかのことなんて考えられません。もうだめ。あと七分。ムリ、限界。まだまだ。トイレに行かせて。だめに決まってるじゃないか。あっ、電話が来た。まだダメだよ。金男は携帯で誰かと話をしています。もうだめ、もうだめ。そう思いますが、勝手にトイレに行けば、どれだけ叱られるかわかりません。ガタガタと震えながら、四つん這いでひたすら耐えるのです。

 

クリトリスを摘み

長い電話です。もう十分は過ぎたのではないでしょうか。出そうになります。少し出たんじゃないかと思います。悪い悪い。ここで出してごらん。トイレに…。もう間に合わないだろ。そんな!やれよ。ううううう。洗面器にしろというのです。リビングの床で。早くしないと大変なことになるよ。ふぇぇぇぇぇ。
はじめて彼俊治が大学1年ではじめてセックスしたころ

お尻をビタビタぶたれて……見てよ

べそをかきながら、洗面器にお尻をおろします。が噴き出します。そして固形物が…。すぐにジャーっと音を立ててお尻から液体金男はわたしの排泄姿を撮影したのです。やめて。だめだ。特典映像だな、これは派手な音を立てて、大量の排泄をしているわたしを彼はビデオで記録するのです。赤岩と金男は気が合うのか、ライバルなのか、わたしから見ていると少しハラハラする関係なのですが、一致しているのは、わたしのすべてを記録して、ネットなどで公開していこう、という点です。なわみの生き方そのものがスゴイんだよ。と赤岩が強調します。ぜんぶ、さらけ出すんだ。

奴隷となるべく売られた

服を着ていても、着てなくても…。そんなことができるでしょうか。それによってわたしはどうなってしまうのでしょうか。終わりました。まだダメだ。風呂場に行く。それをトイレに捨てるんだ。排泄物を捨てに行くところも撮影されてしまいます。風呂場ではお湯を出して、浣腸器でさらにお湯だけを入れます。

お尻の穴から

ペニスを持っていてしするのです。づらい。慣れるよ。それに気持ちがいいはずだけどな。入れては出し、入れては出それは人によるのではないでしょうか。今日の仕事もきついから、覚悟してほしいんだよ。哲次が作った器具を入れて中で膨らませながら、金男が言お尻を洗ってローションをつけ、います。どういう仕事なんですか。野外の撮影会だ。楽しいぞ。絶望的な気持ちになります。野外撮影会。

オマンコの中で尿道口が開いた

ペニスにパーン

部内の暑気払いの二次会の席で。課長、ちょっとご相談があるのですけど、この後もう一軒連れて行っていただけませんか。と自分からきっかけを作ったのだった。紺野は優しい男だった。普段から女子社員だけではなく、後輩の男性社員にも慕われていたしふたつ返事で近くの部下の公私にわたる相談事にもよく乗っているから、ホテルのバーへと連れて行ってくれた。ロングのカクテルをひと口だけ口にしたところで、り出した。課長、Sさんなんですよね。佳代子はいきなり切突然の切り出しに紺野が相当驚くだろうと思いはしたが、まっすぐ切り出す以外の方法を佳代子はみつけることができなかったのだ。
肛門鏡はそうやって

何か……来地鳴りのような音が子宮からハッキリと生まれていた

しかし、彼の反応は佳代子の予測とは全く違っていた。ああ、お前この前俺の電話聞いていたんだろ。まあ大体において、お前がマゾだってこと、俺はもうずっと前から知っていたよ。あのとき、お前が会社から出て来たのも見えていたし、俺に気がついて立ち止まったこともわかっていた。あの正面のガラスにお前、自分が映っていたこと知らなかったんだろう。

 

お尻が丸出しのやはり白の小さなパンティ

紺野の口調はもちろん咎めるようなものではなく、むしろ優しい笑い顔であったのだが、びっくりすると思って話を切り出したのに、逆に驚いた。のは佳代子の方だった。頭に血が上って、顔が真っ赤になっているのが自分でもよくわかり、の表情を確認するどころではなかった。それで、相談というのはそのことかい。あ、はい。彼紺野がピルスナーグラスの生ビールを一気に飲み干したので、佳代子もつられるようにカクテルを半分ほど口にした。あ、でもどうして私がMとお思いになったのですか。
ツンと鼻を衝く匂さっきから下着がきつい奴隷となりながら私、こんな話をした。ら課長はきっと飛び上がるほどびっくりされると思いました。なのに、私の方が飛び上がっちゃつて、あっ。まだドキドキしてます。なんと、紺野は佳代子の質問には答えず、乳房に伸ばしてきた。いきなり右手を佳代子の左の自分の体の中でも、乳房は自慢のパーツだった。ものすごく巨乳と言うほとではないが、Eカップの乳房は十代の頃からほとんど形を変えず、二十代後半になっても充実した張りを保っていた。

    1. 人妻ブルセラ
    1. 男は女のアソコを舐めている
    1. 挿入してくれました

尻を叱咤された貢だが

でなに今日の話は、俺の調教を受けてみたいとかそういうことか服の上からではあるが、強く揉み込まれても抵抗する気配を見せない佳代子に、紺野は言った。いえ、あの、でも課長にはすでに奴隷さんがいらっしゃるようですし、それに奥様も。紺野は右手で痛みを感じるほどに強く乳房を揉み込んだと思うと、少しずつ指をすぼめていき、的確に乳首を捉えてさらにぎゅっとつねりあげる。ように力を込めた。ああっ。こんな場所でと思いながらも、抵抗できない佳代子から屈服の声が漏れSの男性から受けるこのような刺激がこれほど甘美であることは、佳代子の想像をはるかに上回っていた。経験は。男性とはありません。なに、女とだったらあるとでも言うのか。
股間を触りやすいように
体を拘束されただけで

中出しされましたよね

そういえばお前、宝塚の追っかけを学生時代にしていたと言ってたよな。女性とあるという意味ではないんですけど、部活とかで女の先輩によく叩かれたりはしていました。痛いの、好きなんだろう。は、はとうとう佳代子は認めてしまった。紺野は言葉をかけてくるたびに、首を捉えた親指と人指し指に力を加えてくる。はい。は、私を調教してくださいと言ったのと同じだ。他人に自分の性癖を認めたのは初めてだった。

股間を触りやすいように

股間に穴まで空けられたショーツからは

私はその言葉の余りの羞ずかしさに気が遠くなりそぅでしたが、たどたどしく口にして言ったのです。お、奥方様…私のえっちな、お、んちんを食べさせてください…。よくそんなことが言えたもんだね、おまんこにぷっとい、お、おちこのどスケベ女!お母さん。はそんな言葉と同時に、その素晴らしい器具を私の疼き上がる股間に当てがって来ました。私は不自由な腰をグッと迫り出すような浅ましいポーズになり、必死でその男性の形をした物をアソコでくわえ込もうとします。

あまりにも卑猥なその腰の動きは。どスケベ女。と罵られても当然だと思いました。心の底からソレが欲しくて欲しくて、もうためらったり格好を気にしている余裕は全くありません。ふおおおつつつす、凄いです、奥方様あくっつつとうとう幹の部分がメリメリと私のアソコを抉るように侵入して来ると私は脳が焼かれるような強烈極まりない愉悦を覚え、素直に感激を口にしてさっき知ったばかりの。奥方様。と言う言葉まで自然と口を付いて出て来ました。バイブの振動が面白いように私の官能に訴え掛けて来るし、挿入が深まってパール玉がグルグル回ってくれる心地良さはもうこの言語に絶する素晴らしさでした。

僕の股間から向ける本当にイキち○ぼからスポッと唇を離したゆうこちゃん


股間にいってしまうようでした

ぃっちゃう!いっちゃいそおっっ!何とそれを入れられただけでアクメを極めそうになった私でしたが。お母さん。はピタッとバイブを止めてしまいました。おっと危ない所だったね。それにしても、いきなりイッテしまいそうになるなんて、少しはしたなさ過ぎるんじゃないかい?私が極めそうになった様子までしっかり観察されているのです。年の功と言う事もあるでしょうし、同性だからと言う事もあるでしょう。お母さん。の手管に手もなく翻弄されて、どんどん性の深みにはまっていく自分を理性ではもうどうにも抑えられませんでした。

横道は指を抜き挿しさせながら子宮頸管を指頭で押し上げてきた

ホラ、こういう風にクリに当てるんだよ。ヒイイーッッッ太い幹を奥深くまで挿入した。お母さん。は、私のえっちなお豆の包皮をクリンと指でめくると、物凄く敏感な上薬の効果で極限までズキズキと疼き上がっていた尖りに丸っこいコブを当てて来ました。本当にイキそうな位の痛烈な快感がズキッと走って大声が出てしまい、お母さん。にからかわれてしまいましたが、これがバイブなんか始めたらあっと言う間に弾けてしまうのは間違いありませんでした。そしてここまでセットして、一休みとばかり手を休めてしまった。


アナルに埋まった結び目が擦れる快感にウットリと悶絶しながら先生に歩み寄った私は

へたり込んでお尻を拭くこともできないので

お母さん。お父さん。に言ったのです。お父さん、この子に自分の立場をハッキリと教えてやりましょうかね。そうだな…。そら、コイツが動いたらあっと言う間に天国だよ、美咲。お父さんに教えてもらって、奴隷の立場をハッキリ言いなさい。抜いちまうからね…。言えなきゃ、コイツはああ、何て淫らで辛い試練なのでしょう。極限までウズウズと燃え上がリはしたない言葉を口にしてまでえっちな道具をくわえさせてもらった私のおまんこは、絶頂を寸前に止められてしまったもどかしさで本当に頭が変になってしまいそうです。

勃起させられてしまう米倉は


何度目なのかもわからないオーガズムに向けて

もし本当にこのままおあずけを喰らってしまったら、私は正気を保つ自信はありませんでした。お父さん。が耳元で囁いて来た言葉は、恐るべき悪辣なものでした。わ、私は…。本当にそんなことがこの世で許されて良いのでしょうか。いくら何でもひど過ぎると、その内容を聞いてそう思った私は、涙がとめどなく溢れて言葉が詰まってしまいました。それは私にとって人生の終焉を意味するような内容だったのです。アソコに刺さったままで

  • なおも膣の周囲を舐めまわしつづける
  • ヨガ教室での毎朝の調教
  • どうして下着を着てきたんだ

すぐに挿入していただきました

いまだ半勃ち状態のペニスに白魚のような指をからめてくる

ペニスにも深く影響してきそうだ
乳首の先にぶらさがっています

いきなり声が聞こえた。目ぇ覚ました?オ、ジ、サ、若い男が覗き込んでくる。もちろん、牧野は、この顔を覚えている。あの時和花を連れてきた若い男だ。緒方とかいったな。オジサン、パソ、さんくすな。まじ、ヤべえところだったぜ。あんたが、ここまでデキるってのは思わなかったよ。和花は、和花は、ここにいるんだな?ああ、ずっといるよ。
膣内の新たな部分をえぐるたびに

挿入による快感と志摩子の言葉に触発され

牧野が拍子抜けするほど、あっさりと認めた。しかし、簡単に認めるというのは悪い兆候に決まっていると知っている。もちろん、相手が圧倒的に優位だからこそ、なのだろうから。リキが、どうなったのかと聞こうとした瞬間、緒方はニヤリと話しかけてきた。ていうか、さ、オッサン、これ飲んでよ。鉄格子の間に、紙コップをそっと置いた。なんだ、それは?

チンチンを

え?へへへ、さあ、なんでしょうね。ただ、飲んで死んだりしないのだけは保証するよ。飲んで。誰が、そんなモノを大人しく飲むと思うんだ。ふざけるな。だよねぇ、そりゃ、そのままじゃ飲んでくれないよねぇ。さふっと、四角いモノが鉄格子の向こうで見えた。リモコン?牧野の背後で、画面が浮かび上がる。気がつかなかった。
あまりにも甘美な射精だった

茶ピンクのきれいな乳首が少年たちの前に現れた横で見ていた圭介は

牧野の背後にある壁にモニタが埋め込まれていたのだ。50インチ以上はありそうだ。久しぶりに見た妻が、そこにいた。着物姿で花を生けている。背中がすらっと伸びて、端正な正座姿だった。思わず近寄る牧野。画面に毛を伸ばすと、モニタは冷たく、ずっしりとしたガラスで仕切られている。あ、念のために、いっておくとさ、その間のガラス。

騎乗位はまず貢クンみたいなマゾの男の子を犯す楽しみがあるのよ
拘束され腰枕でし出しになっている女優の

股間を押さえ

亀頭のエラに唇を引っかけサンの頭が砕けても、割れないガラスだから。それ、オッサンが頭ぶつけたらさ、す。振り返ると、緒方がヘラヘラと笑っている。どうするつもりだ。いやあね、奥さん、今日、暇なんだよ。わかってんだろ。奥さんがここで、なにをしているのか、さ奥歯を食い締めて、意地でも怒りの言葉を出すまいとする牧野。相手は、牧野が憤るほどに、喜ぶに決まっているのだ。
女性のセックス感度は心次第だからです

ペニスで責めるのが主流で

ちょうど、猫が鼠を弄ぶ時のように、だ。ははは。オレ、今日、溜ほってるんだよね。ちょっと、奥さんのところに行っちゃおうかなあって。毎日、出さないと健康に悪いっしょ、実際。へらへらとした笑いを浮かべている。何だと。いやね、オッサンが、たっぷりとかな。これを飲んでくれないなら、今すぐ、上に行って、ちょっと。いや、へらへらとした笑いの目に、悪意が浮かんでいた。

尻の谷間に硬直していくペ美津子が下腹部を反り返すと

亀頭を露出させておいて

あたし、なにも聞こえない。しっかりしてよ。甲錦さんじゃないの?はっと冴子は腰を浮かす。まさか。彼はだから、きょうは静岡で巡業なの。そのあとヒイキ筋に呼ばれてて、料亭に行ってから熱海に…。ほら、またチャイムが。こんどは、別荘マンションの入り口に、誰かがきている気配が冴子にもわかった。二人とも全裸。具合が悪いことおびただしい。

管理人かしら?後で出直してくるように言ってくる。冴子は全裸の身体に、バスタオルを巻いて玄関に行った。ハーイ。どなた?ごっつぁんでーす。しわがれた、力強い声。あら、甲錦さんなの?おーい、わしです。甲錦は巨躯に似あわずせっかちなのか、ドアのノブをがちゃがちゃまわした。冴子は湯がはじける素肌を見て、どうしようと思った。

勃起しても仕方ないわ


フェラチオ大好きっ

時間はまだ宵の口。甲錦が熱海のマンションに到着するのは、早くても夜の十時ごろになると冴子は思っていた。全裸の肌に巻きつけたバスタオルを、乳房のあたりで締めつけながら冴子は困惑した。こんばんは。甲錦です。また、鉄製のドアの向こうで大きな拳がノックする。冴子は意を決して、ドアの鍵をあけた。二百四十キロ、百八十九センチの巨体を、いつまでも通路に立たせておくわけにはいかない。ドアがひらき、入り口を杯に塞ぐように、大関·甲錦の巨躯が入ってきた。

先生のオマンコ

ごめんね。バスルームにいたの。甲錦さん、もっと遅くくると思ってたから。冴子はバスタオルを引きあげ、空いた手で肩のあたりをかくした。肌がざわッと緊張する。思いもかけず、悩ましい冴子のポーズに昂奮して、綱だって土俵を割ってしまう。このまま甲錦が突進してきたら、居間のソファまで吹っ飛びそう。甲錦のブッシュは強力で、まともに受けたら、横しかし、甲錦はバツが悪そうに笑って、冴子さんに会いたくて、お座敷はキャンセルしました。


この後どんなセックスが続いたのか

いまだたくましいセックスを欲している

と、言った。大きな身体を特注品らしいアロハシャツで包んでいる。ズボンは、ふつうの男性の四人分くらいの生地が必要だろう。くいと突き出たお腹。ベルトの位置が、冴子の眼の高さくらいに感じる。目立ってしょうがないのが、頭にのっけた大銀杏。ちょっと待っててね。あたし、お風呂すましてくる。

セックスを知っているということが


さっき膣鏡でひろげられたにもかかわらず

その両肩を、甲錦は熊のような大きな手でかかえ、冴子さん、可愛いでーす。と、うなじのあたりに軽くキスをした。あン、いやソ、恥ずかしい。冴子は身をくねらせて、バスルームに逃げこんだ。動悸が早く、乳房がたぷたぷゆれた。バスルームの中では、麻紀が不安そうな眼をして待っている。どうしたの?きちやったのよ。ウッソオ、そんなの、ありィ。お尻の中に感じてしまっていたのです

  • 射精してやったものだが
  • クリトリスに吸い付かれ
  • 射精したい

久々のクンニリングス

由梨恵は吾郎とセックスまでするつもりはなかったのだ

粗大ゴミがバリケードになっているし、背の高い草も生い茂っていて、その手前にベニア板が囲んでいるし、上にもブルシートの屋根があるのです。おじさんたちに囲まれます。いいねえ、女子校生。ホンモノだものね。おまけに初物だからさ。走ってる姿もいいけど、裸はもっといいね。どっと笑い声。手が伸びてきます。七人、十四本の手。唇。脇腹それが触れてきて、動きます。乳房に。乳首に。股間に。股の奥に。ああん。

ザラザラ、ゴツゴツの指くすぐったいような、いやらしいようなも伸びています。汚い手。若いねえ、はじけるような感触だな。まったく、きれいな肌だよね。爪走るのが好きですが、日に焼けるのは嫌い。もともと色は白いほうでしたし。日焼けして赤くなるのが嫌だったのです。だからずっと日焼け止めをしっかりつけてきたので、外にいる時間が長いわりには白いのです。

静香ベトベトに唾液で乳首を湿らせながら


奴隷女に仕上げる

むしゃぶりつきたいなこんなこと、初めてです。大勢に触られている。そして彼らが乳房や乳首をチュウチュウと吸いはじめました。顔をおさえられて、キスをしてくるおじさんもいます。タバコ臭い、いえ歯周病臭い。唾液が流しこまれてきます。うぁぁ。オモチャなんだからね、菜津希ちゃんは。そうだよ、嫌がっちゃダメだよ。

アナルに

興奮しているので、気持ちは野獣でしょう。思いを遂優しい声ですが、げるまで絶対に許してくれないでしょう。おじさんたちが、下半身裸になっています。足を広げられます。左右の人が足を閉じさせないようにがっちりと押さえています。腕も押さえられます。最初にまずおしゃぶりだよ。昨日の復習からだ。そうだ、学生は予習復習が大切だぞ。上半身だけ起き上がらされ、腕を後ろにひねられて、立つおじさんの股間と向き合います。


セックスで女性の快感が深いそうです

亀頭部で喉奥を圧迫された麗は

私をまたぐようにああ汚いオチンチン。臭いオチンチン。ら口を開けて、そこに顔を埋めます。いっぱい並んでいます。自分かしゃぶったとたん、その味で昨日が甦ります。おいしいって言ってごらん。おいしい。笑って、うれしいって言ってごらん。うれしい。言わされて、それが本心のような気がしてきます。

調教を受けていた当時


そして乳首を吸われ軽く噛まれた後に鈴付きのクリップを挟まれる

上手になったじゃないか。一通り、全員にご挨拶だよ。ほど反応しない人もいます。もうちょっと気合い入れてやれよ。今日はこの口の中にある物体が体を貫くのです。こんなことが上達するなんて…。彼らのチンポをしゃぶっていくのです。すぐ固くなる人もいれば、昨日と違い、やや殺気立っているおじさんたち。オナニーしていいよ

  • エッチテクでもう一発抜かれてしまうのだろうけど
  • お尻を両手で広げると
  • 愛撫はお手のものだと言う佐々木の妻キャサリンがまとわリついて

勃起した状態だと収まりが着かないから手コキでいいんで射精さして

鞭で傷ついた尻タブで体を支えるのですおそるおそるスプーンでいただきます手が震えま

何という趣味の悪い幻覚でしょう。2人ともゴテゴテと派手に着飾っている。いつもの服を脱ぎ捨てて、一糸まとわぬ全裸でした。お母さん。の脂肪にダブついた三段腹や醜く垂れ下がった乳房、そして。お父さん。の枯れ枝のような骨と皮だけの股間に唯1つ元気そうなペニスが目に入った時、私はこのおぞましい幻覚を消し去ろうと固く目を閉じました。ピシャリツ!目を閉じるんじゃないよ、このアマツ!激しい口調で猛烈なビンタを見舞われた私は、その痛みで現実に引き戻この痛みは決して幻覚なんかではありまされ、恐る恐る目を開けました。あり得ない現実の前に私の頭の中では、さっき聞こえた2人の会話が断片的に蘇って来ます。
痴漢に責められ

また小峰の肉棒が押しこまれていた

雅之さんが、私を捨てた…そんな、バカなこでも自分の置かれた状況をよく考える時間も私には与えられませんでした。お母さん。お父さん。の手が伸びて、私の恐ろしい程ピンとそそり立てていた乳首を軽く摘んで来たのです。んんんんっっっ!ホンの一寸の刺激なのに、私はおっぱいをその指に擦り付けるように突き出してガクガクと揺さぶり、強烈な悲鳴をくぐもらせてしまうのをどうしようもありませんでした。まるで壊れた蛇口のように、ソコから奔流のように積もり積もった快感が流れ出し、連動してアソコからドクドクととめどなくえっちな液体が溢れ出て来るのを感じました。何だい、そのガッツいたような反応はっ!分を出してしまうのかい、恥をお知りっ!

 

セックス自体はそんなに好きではないし性欲もないから

憎い私に体を触られても気。まあまあ。もうこの人は私達の物になったんだ、せてやろうじゃないか。タップリいい思いをさ雅之さんが私を捨てたし、ご両親に私を譲り渡した!?淡々と落ち着いた。お父さん。の言葉の方が私には大きなショックでした。私は物じゃないのに、一体どうしようと言うのでしょう。もう、こんな物は必要ないね。タップリいい声を聞かせておくれ、美咲さん。
洋介がようやく熟女人妻専門をうたうデリヘル2セックスに突入していたさんざん私に屈辱を味わわせた口枷が外され、ボールを吐き出すと同時に私の顔に大量の涎が流れ落ちましたが、まともな言葉は何一つしゃべる。ことの出来ない状態でした。それからすぐに左右に別れた2人の手指がおっぱいに掛かると、後はどうしようもなく出てしまうえっちなよがり泣きを盛大に聞かせてしまう羽目になりました。お母さん。お父さん。におっぱいを揉まれ始めると、もう本当にトロけるような心地良さで私は何も考えることも出来ないくらい感じ入ってしまいました。もちろん薬でウズウズしていたからというのもありますが、たぶんそうでなくても、アンアンとえっちな声を張りながら2人の手に膨らみを押し当てるようなはしたない反応をしてしまっただろうと思います。それくらい年期の入った2人のテクニックも素晴らしかったですし、何より左右の乳房を違う感触と技巧の手に愛撫されるという贅沢さが私には応えました。

    1. だいぶエッチにも協力的だしなあ
    1. ファックは日本黒人の
    1. 浩介は亜希子との情熱的なセックスがどうしても忘れられ来週

男根をこれみよがしに

決して力を入れずにヤワヤワとソフトタッチの膨らみの揉み方や、指でクリクリと乳首を弄り回して来るやり方など、せっかちな雅之さんには期待出来ない上手な愛撫を、左右の乳房に別々の手で味わわせてもらうなんて…信じられない事に、私は主人の両親におっぱいを揉まれるだけで、恥を晒しそうになっていたのです。ところが、そこでなぜか2人の愛撫はピタリと止まってしまいました。ふふふ、イキそうだったのかい?夫の親におっぱいを揉まれて気をやるなんて、呆れたどスケベだねぇ私は。お母さん。の辛辣な言葉に唇をキッと噛み締めますが、胸の膨らみに被せられたままの2人の手があるだけで、正常な理性は働きませんもっと、もっとちゃんとして!私をイカせて頭の中ではそうとしか考えられませんでした。言葉に私は慄然としてしまいました。が、続く。
尻穴で締めてしまう結び玉の方がむしろ気持ち良くなってしまいました
さっそく憧れの熟女のヌードを

自分から尻を突き出して

お父さん。美咲さん、あなたはこれから私達の奴隷になるのですよ。かったら、ご主人様、イカせて下さい、と言いなさい。イカせて欲しそんな言葉、言えるはずがないではありませんか!私が困っていると2人は又ゆっくりともどかしいくらい丁寧な愛撫を再開して来ました。ああ、何と言うことでしょう。さっきよりも気持ち良くなる一方なのです。すぐに追い詰められた私でしたが、その気配を察するとおっぱいの愛撫はピタリと止まってしまうのです。

これまで関係があった女たち-といっても素人は数人で

ぬめった乳首の感触が静香を酔わせた

そのままズボンとトランクスを脱ぎ捨てて下半身裸になった
六つのリングが光っている蘭のフェラチオするように言われ

二人の男が頭を互い違いに並んで寝ているため、梨乃が勃起させた男根は客席側にあり、有香が勃起させた男根は客席から遠い側にある。ふたりの女が場所を入れ替わることで、向きを変えることなく、有香はやはり客席に背を向けたまま、見えはしないが梨乃は客席側を向いてそれぞれ巨根を自らの性器に入れていくそしてまた客席にそこを公開しながらのフェラチオをし先ほどの男のものよりさらにひと回り大きい男根をなん一回目の性交と、梨乃に舐められ、たことで濡れそぼった有香の性器は、なく呑み込んでしまった。あ、あーーん。やっぱりおっきい。梨乃も同じだろう。特に痛いなどの声も発さずに、梨乃ママは、少し手加減なさい。入れてしまったようだ。何故かという説明を女は省いた。録音されてそのことが公開されると、将来の本当の母娘競演に差し障るということだろうか。
お尻の中に感じてしまっていたのです

まるで乳首が

ほら、次はふたりともお尻よ。最初は黒人11本をママに、日本人11本を梨乃ちゃんにと思っていたけど、サミーがどうしても梨乃ちゃんともしたいって言うから、ふたりともおまんこは黒人、お尻の穴は日本人ちんぽね。まだ小さいままだ。有香の口元につきつけられた男根は、有香さん…。前に立った男が自分の名をやはり小さな声で口にした。か…カズ君…。どうやら声は、11日と空けず梨乃を犯しに病室に来て、梨乃のフェラチオのお手本にと、何度もその男根をしゃぶらされたカズ君のようだ。それを口に含んでみて、有香はそのことを確信した。

こに中出しされて

元々男優の仕事もしているのか。男優として出演するのか、それともカズであるならば、感じるポイントももうよくわかっていた。口の中で舌をローリングし、男根の先端全体を舐めまわしながら、喉を少し締めてやるとムクムクとあっという間にそれが膨れていくのがわかる。最初から勃起している男根様に頬ずりするように奉仕するのもいいが、くのは堪らない悦びだ。この大きくなっていたまよろこついつい、その状況で腰の動きも早くなってしまう。スローニ、スロー111と、ボブから抗議が来たために、再び腰を沈めたところで、グさせてクリトリスの刺激を愉しませてもらうことにした。
マゾレッドはバイブレードを出し

さっきから始めたパイズリの動きはそのままに

腰の上下の動きを止めてローリンたのストーーツブ!残念ながら手加減したにも関わらず、はボブのものが性器の最奥で爆ぜてしまったのがだが、わかる。それを察知した司会者が誰にともなく。あららら。まあ仕方ないか。と、一言い。カズは準備OKのようね。梨乃ちゃん身体前に倒してサミーに抱きついてお尻高くあげるのよ。おちんぽ抜けないように気をつけてね。と、梨乃に指示を送る。どうやらカズは梨乃の肛門に取られてしまうらしい。

亀頭を凝視する
さっき111人に鞭打たれた可哀想なミュウのお尻に

愛妻が目の前でセックスをしているところを見るのはツライもの

真理ちゃんのお尻を犯してもらうからここまでの位置関係からいくと、確かにそういうことだろう。ほら、お口もおろそかにしないよ、ママが待ってるわよ。梨乃が口奉仕している方がまだ準備完了とはいかないのだろうか。必然的に梨乃の方が三穴奉仕をするという形になり、有香の方はボブの男根が力を失い、どうやら性器から逃げていくのは時間の問題のようだ。男によってはこのまま回復して11回戦ということもあるというのにたまこうなると一度火がついてしまった身体は、堪らなかった。
バイブの一方の黒光りする

一気に究極のオーガズムへ駆け上がろうとした真菜は

仕方ないわね。どなたか、男性の方でボブを瞬殺した梨乃ちゃんママのおまんこ、初で味わってみたい方、いらっしゃいませんかご自慢のいちもつ。無理ムリ無理、痛い、たい痛ーい。さ、裂けちゃう、お尻裂ける。隣でカズが梨乃の肛門に入れようとしているようだ。カズ、どんどんローション垂らして一気に入れちゃいなさい。司会の女がけしかけている。これまで梨乃が肛門を責められているシーンを一度も見ていなかった。