痴漢」カテゴリーアーカイブ

調教中

セックスも

そこには、当然ながら他の課の女子社員も用を足しに来る。その前で、面白半分言い掛かりを付けられ、ののしられ、衆人に恥を曝すのは身を切られる。ほど辛かった。軽蔑の輪が次第に他の課に、そして会社全体に広がって行く数日の内に、彼は、受付の総務課の女の子にまで”お前”と呼ばれる様になっていた。転落の一週間が過ぎ、彼は部長のメリー·ホプキンスに呼ばれ、彼女の前にかしこまってい通訳を勤める秘書の永井敬子が、傍に控えているのは勿論のことである。東山の態度は、一週間前と別人の様に変ってしまっていた。
奴隷としての自分に課せられている

本質的に男たちの尻を叩くのが好きな女たちが集まっている

身体を固くして、オドオドした態度で相手の顔色を窺いながら返事をする。それも、最大級の敬語を使ってであった。メリー·ホプキンスは、そんな彼の様子を満足そうに眺めながら、いかにも高慢な態度で言葉を続ける。永井敬子の訳す言葉も、それに合わせて、ぞんざいな表現になっていった。だ覚えているかい?は、はい。身に泌みております。のことが必要なのねるわね。ところで、お前、こんどは私との身分の隔たりを実感する必要がぁ…。

 

下半身を小刻みに震わせて

判らないのかい?うわべだけでなく、心底から私に屈従する様になるには、私の辱めを、そ。じ、じゃあ、貴女も、私に靴の底を舐めろと。靴の底じゃ、二番せんじで面白くないわ。ギス·マイ·アスホール!”なのよ。もうひとつピンと来ていない東山の様子を見て、通訳の永井敬子は、軽蔑に唇を歪めながらさらに解説を付け加える。アスホールって言うのはね、肛門のこと。普通はアヌスとかエイヌスとか言うし、その形容詞ゲツの穴”って所かしら。
勃起した状態だと収まりが着かないから手コキでいいんで射精さして股間をまさぐっている姿が見えてしまうで、でも、まさか…本当には…。それが、本当なの。ホプキンス部長は、本気でお前に、自分のアスホールにキスさせるつもり狼狽の色を見せる東山の顔を見やりながら、永井敬子は冷たく答えた。自分の意図が伝わったのを察したメリー·ホプキンスは、スッと立ち上ると彼に向かって顎をしゃくり、否応言わせぬ厳しい態度でソファーの横の絨緞の上を指す。そこへ仰向けに寝ろとの、意思表示だった。女が心持ち足を開いて立つと、その豊満な腰のスカートがふわりと膨らむ。薄い紫のワンピースに、紺のベルトが、きりっとしたアクセントになっていた。

    1. 乳首をつまんでひねり上げました
    1. から赤黒く勃起したペニスを取りだした
    1. 華麗な下着姿を披露してくれた

下着だけになり

永井敬子に促されて、オズオズと床に寝た東山の唇は、極度の緊張と屈辱にワナワナと震えている。彼の頭の方を向いてその首を跨いだメリー·ホプキンスは、した。上からジーッと男の顔を見下ろたくましい円柱長めのスカートの裾が彼の顔の上で揺れ、の付根に見え隠れする。白いパンティに包まれた股間が、やがて、彼女はゆっくりと男の顔の上に腰を下ろした。すっぽりと彼の顔を包んだスカートの内部で、薄明りに浮ぶ外人女の圧倒的なボリュームのヒップが、彼の顔面めがけてじわじわと落下し、やがて、ぴったりと鼻と口とを覆う。
これまで関係があった女たち-といっても素人は数人で
深紅色をした膣がひ媚びた声音をあげ

佐伯はカテーテルの挿入をつづけながら

ムーッと生臭い気の遠くなる様な異臭が、女のパンティ越しに彼の鼻から侵入して、を痺れさせた。ファースト、スメルー。先ず、臭いをお嗅ぎ!その脳永井敬子の通訳を介して、メリー·ホプキンスの叱咤が彼の耳に届くが、その命令に従うまでもなく、東山の圧迫された呼吸は、その臭気を、何回も胸一杯吸い込んでいた。頭がクラクラする程の恥ずかしさとみじめさに、オーケイ前に私の肛門へのキスを許すわ。思わず涙が滲む:ナウ·ユー·メイ·キス·マイ·アスホール。

あの上手なフェラを仕込んだのは誰なのか

亀頭をつまんで上下に素早く摩擦し始めた

クリトリスを擦りているようだ
ペニスを咥えた肉びらがゆっくりと上下する女の尻が好きな牧瀬にとって

梶山会長の差しまわしのベンツ560の後部座席に収まって、二人は出発した。空港から五分も走ると、道央自動車道の千歳インタひろびろとしたフリーウェーを、ベンツはスピードを上げて札幌へ向かう。あたし、さっきイッちゃつたの。麻衣が、に打ち明けた。わかってたわよ。頭の中が白くなってツンツンって。パンティー、着替えなくていい?濡れちやったでしょ。そうだけど札幌までに乾くと思う。武井くんの名前聞いただけでそれじゃア…本人を眼の前にしたら、どうなるの?
下着の ラインから鼠蹊部までの

オナニーだから

わからない。すごく不安。精神安定剤、もってくればよかったわ。いいわ。あたし、じゃんじゃん、お酒飲んじゃう。二人の女の子は、緊張のあまりこちこち。里絵は立場上、麻衣にブレーキをかけているが、その里絵も武井豊·騎手の大ファンなのだ。それにしても、梶山源吾はさすがに手まわしがいい。彼女たちの千歳への到着便にあわせて、空港へ迎えの車を出し、ホテルのメーンダイニングを予約して武井を招いておいたのだ。

処女を強奪した男へ顔を向けた

ベンツは途中、たいした交通渋滞にもあわず、札幌市の中心部に乗り入れていた。ライラックの季節は終わったが、札幌の大通公園にはさまざまな花が咲き乱れ、エルムやポプラの葉が涼しげに風にゆれている。さ、どうぞ。会長がお待ちですから。田中に促されて麻衣と里絵は、ロビーに入って行く。札幌は、ホテルの多い街である。市の中心部はもちろん、郊外に到るまで、大きなホテルが杯ある。それなのに、夏の札幌はホテルの予約をとるのは容易ではない。
高ぶったペニスを取り出した

乳首にきちんと装着されているのか

涼しい北海道に憧れる、本州からのレジャー客が多いのだ。札幌グランドホテルは札幌きっての老舗であり、場所が大通公園と道庁の中間という一等地にある。セピア色のずっしりとした外観。ロビーもひろびろ。麻衣と里絵は足がもつれるぐらい緊張していた。クロークに荷物を入れ、二人はみつめあった。

じかに掴んで膣へ挿入男は嘲るような口調で言い
ちっとは大きくなるだろうが男の股間から

なぜか高速ピストンを実践する男が多すぎるような気がします

尻は良い感触だよなあお化粧、直さなくてもいいかしら?オーケーよ。雰囲気いいわよ。彼女たちは、お互いに確認をすると、さっとエレベーターに乗りこんだ。麻衣、武井豊-くんに、どんな感じで迫る?問題は、そこよね。ちゃらちゃらして、武井騎手の大ファンです、というのは、やめよう。軽く見られちゃうもんね。かと言って、つんつんしてたら、この女たちバッカじゃなかろうか…。セッティングしてくれた梶山会長にも悪いわよ。
あの上手なフェラを仕込んだのは誰なのか

必死にお尻を振っても

雰囲気、壊さないようにしなきゃ。結局、出たとこ勝負よ。エレベーターを降りると、制服のボーイがさっとよってきた。梶山会長は、いらしてるかしら?あ、武井豊一さまと、席でお待ちでございます。ボーイに先導されて、里絵と麻衣は、窓際の奥まった席に案内された。会長、どうもさっそくお招き下さいまして。こちら友だちの大内里絵さん。麻衣は、にこやかに挨拶した。

オマンコが擦りつけられ

ペニスに与えられるのではないか

しまった。余計なことを聞いてしまった。2人の子供がいると言うのは、俺にとってあまり歓迎すべき情報とは言えない。だがそれは聞き流すこととして、俺はこの麗しい美人人妻にいわゆる。生セラ。を行わせることを決意した。買い取って写真と共に商品として並べるのでなく、その場で下着を脱いで売らせる実演販売の方法である。うちの店では、それをいかがわしいショーのようにして客サービスを行っているから、これを彼女に強要するのだ。客の目に晒された彼女は心ならずも興奮してしまうに違いなく、そこでおもむろに俺が一発お願いするわけだ。

濡れた陰唇がペニスに貼りついて内側に巻き込まれそうになり

彼女の美女っぷりからして、その下着も通常では考えられないような高値が付くことだろう。うむ、我ながら完璧な計画だ。それではさっそく衣装を着替えて頂きましょうか。何言ってるんですか、奥さん。お客さんはどんな女性がはいてたパそんな話は…か、確認してから購入するのですよ。じゃないですかそんな普段着じゃ駄目に決まってる。すみません。などと言うラフな服装の梓さんが素直に頭を下げる。

 

奴隷としての激務に励んでくれるのもこれのお陰というわけだ

すれっからしの女子高生などよりよっぽど世間知らずのお嬢様らしく見える梓さんに俺はムラムラと股間を強烈に突き上げる欲求を抑えるのに苦労した。て実の所、彼女は正真正銘のお嬢様なのだ。こ、これはこんな物を着るのですか…!?どうしました、奥さん。それはあなたの母校の制服でしょう。梓さんは俺に手渡された、昔ながらの古風な濃紺のセーラー服を見て絶句している。1週間前来店した時に見せてもらった履歴替を信用するならば、彼女はお嬢様学校で有名な地元の名門女子高の卒業生であるはずだ。
さすがに好色女子高生だけあって舌使いがうまいじゃないか

勃起したものをそれにこすりつけた

うちはブルセラショップなので、近隣の主だった学校の女子の制服や体操服などは取りそろえているのだが、間違いなく一番人気の女子高だ。彼女はここを卒業して4年制の女子大にまで進学した、才色兼備を絵に描いた。ような女性なのである。この制服は下着売りの子たちに着せるためのものだが、今だかつてこの高校の現役生徒が現れたことはない。偽物のおバカギャルどもに着せて、下着を売らせていたわけだ。卒業生とは言え、まさかこの高校の本物のお嬢様が下着を売ってくれる。

ペニスが膨らんでカウパー腺液が漏れていても

日が来ようとは思わなかった。私学なので金持ちの子女ばかりを集めて、高額な学費や寄付金をふんだくると評判の学校だ。そのおかげで本物のお嬢様しか入学出来ない女子高だとプレミアが付き、ブルセラショップではマニアの垂涎の的となっているセーラー服なのである。あ、あの…ここで着替えるのですか。そうです。下着を売りに来られたのですから、そのくらいどうってことないでしょう。この部屋には俺とアンタしかいないんだからな、イッヒッヒ、と言いそうになった俺は口を控えた。

ズボンと下着をおろす

すべてに熟女ならではの匂い立つような色気があるそんな頭がカラッポで体だけ発育した女子高生に掛けるような言葉使いでは、本物のお嬢様には失礼と言うものだろう。わかりました…余計な物を置いていないこの部屋で、少しでも隠そうと梓さんは後ろを向いたが、俺は許さない。こちらを向いて堂々と着替える所を見せるのですよ、てないか、下着のチェックも必要ですから。奥さん!ズルしわけのわからない理屈だが、梓さんは俺の言葉に従った。ああは、羞ずかしい…見ないでくださいたかが着替えくらいで、42歳2人の子持ちとは思えない梓さんの、端も行かぬ少女みたいな可憐な羞じらいぶりは、これでこそ大和撫子と言うものではなかろうか。

尻尾として埋め込まれている器具が

チンポを飲み込んでいるようなものじゃないですか

いやー、顔とおまんこ一緒に撮らないでぇ。やめてー、細谷ちゃん、いえ細谷先生、細谷様ぁ。カシャッカシャッと、シャツターを切る音がシャワーのように部屋に響き渡る。折角だ、浜岡君のそれをともみ君にしゃぶらせて。浜岡にしても、言われなくともそうするつもりだっただろう。射精寸前まで来ていたが、僅かでも時間を置けば落ち着いているだろう実際そういう訓練を積んできているのだ。

セックスするときでもそうだった

さらにシャッター音が響いてし、うぐうぐ、うげーっ!えずといきなり喉奥を突かれたともみが嘔吐いているが、もちろん誰も意に介さない。口には大きいの入れられて、あそこは物欲しそうにパクパクして、凄い見世物だなあ、ともみ君。興奮するのか、細谷のものが一段と硬度を増して反り返った。発足当初から、秘密クラブである。エスタブリッシユメント倶楽部。には、男根の大きさという後天的にはどうすることも出来ない、入会への基準が存在しているが、その規定も十分に満たせる持ち物だった。

 

バストや股間にもパソコンのケーブルが食い込んでいる真っ昼間に夫の書斎でこんな恰好

リサは、この男をこちら側に取り込んでしまおうと考えていた。そのた。めには会員にしてしまう方が後々の利用価値も高いと考えている。このこと自体が彼にとっては政治家生命すら簡単に揺さぶることが出来るハニートラップである以上は、どのようにするのもこちら次第という状況を既に手にしているが、サディストであるならば会員にして味方にしっつ尻尾は握るというのが最良の方法だと思えるからだ。細谷が属して現段階では政権の座を握っている国民主権党が、次の総選挙でボロボロに負けるであろうことは、現実の数々の失敗による国民の失望がここまで高まっている以上は避けられないことではあろうが、この男自体の人気は絶大で、彼が落選するというのは、余程のことがない限りはないだろうということもわかっていた。細谷が一旦カメラを置くと、修兵もフェラチオを中断させて一度ベッドから降り、段取り通りコンセントに繋いだ、電動マッサージ機いわゆる電マを持ち出してくる。
ダイアナの乳首を巧みに指で摘んだ

局部を消毒するためのものだ大小のバイブレーター

修ちゃん、うれし1つ。それクリちゃんに当てながら、修ちゃんのおちんぼでまたオマ。コしてぇ。それを目にした女優が、本当に心から嬉しそうな声をあげる。根っからの淫乱なのだ。えっ、えっえっ。無理ムリむりむりむり、入れないでそんなの絶対入らない。え、えっ、やめ。やめて、入れないで…え、入ったの入っちゃったの、いゃん大っきい、硬いっ、入れられるのはほんとに初めてなの。え、えっえっ、い、いクリトリスに当てるのではなく、性器に直接挿入されて、スイッチが入った音がすると、途端に女優が悶絶する。

オナニー禁止

ういーんと言葉さえ出ないようで、している。い、い、ひっ。という呻き声だけを断続的に発一分もせずに、声がさらに高く裏返り、登りつめようとしたところで、パチッという音がしてスイッチが切られる。い、いやようやく言葉らしきものが、角川ともみの口から出る。や、やめないで、このままイカせてぇ。美人清純派女優の本気の懇願に、ビクンビクンと政治家の男根もリサの口の中で跳ねるため、少々攻撃をゆるめて、口を離すと、それを察した友紀がすかさず上がってきて交代した。リサは立ち上がると、座っている細谷の顔に屈み込み、口唇を自ら重ねていく。

オマンコの気持ちよさ思い出させて

セックスで三回すぐに舌を絡め濃密なキスになる。おまんこ、おまんこ、おまんこイカせてくださいい。修兵様ぁ。先ほどまでの修兵君という言い方から、だった。すっかり変化しているともみ一分以上の口づけからようやく離れたリサは、テーブルの上から持参した小さな袋を手に取ると、中から緑色の柄のついた注射針を取り出す。全部で六本だ。先生も如何ですか。この女優さん、おっぱいへの針も大好きなんですよ。細谷はまたもリサに驚かされた、という顔をする。

お尻の中に感じてしまっていたのです

セックスしていたとしても

あれっきりなのかなあ。六万を度々払うのは、やっぱりいくら会社の役員さんでも厳しいのかな。こんなに誰ともSEXしないでいたことはめずらしい。M男はSEXしなかったから、その前からいえば三週間近くしていない。つい指が股間に伸びる。肉芽をこすりあげて、エクスタシーを自分で得るしかない。はぁ…ああ気持ちいい。脳裏に浮かぶのはノーマルSEXで優しく愛撫されるシーンじゃなく、チオされたり、電マで逝かされたりするシーンだった。
奴隷よ

アソコに喰い込んでるのですが

乱暴にイラマ逢いたい二週間経ち、やっとメールがあった。仕事帰りに食事を軽く済ませてから待ち合わせするのでホテルに入れたのは十九時過ぎ、それから三時間だと翌日がきついけど、お金の為と割り切るしかない。やあ、久しぶりだね。出張があったり、会議が長引いたりして、なかった。今日も契約通り三時間六万でいいかな。はい、よろしくお願いします。なかなかチャンスがと床に三つ指をついて頭を深く下げた。

 

彼女はセックスに関しては冒険するタイプ

それじゃ、始めようか。男は裕美を全裸にし、で、胸の上下から始め、しまった。赤い綿ロープを身体に掛けていった。なかなか手慣れた手つきいつか雑誌で見たM女のように、きっちりと後ろ手に縛られて胸はくびりだされ、乳首がピンと起った。それをややきつめに摘まんで弄ばれる。あ…あん…。いい声を出すね。今日はこの前みたいに甘くないぞ。きっちり楽しませて貰うからね。男は、床にビニールシートを敷き、裕美をそこに仰向けに寝かせた。
レイププレイに数回使える程度ではいかんともしがたかろう美少女は何をするか解るか?SMの経験のない君には想像つかないか。今日は蝋燭プレイをしようと思う。少々熱いかもしれんが、可愛い悲鳴を聞きたいからね。蝋がどうしても床を汚してしまうのでシートを敷いたわけだ。さ、始めるよ。い…いや熱いのは怖いです。真っ赤な蝋燭にライターで火をつけ、裸の裕美を見下ろしながら蝋燭を持つ男に訴えたカ。お金がほしいのだろ?泣いても喚いてもいい、まずは、その魅力的な胸を染めてみよ。

    1. 肛門周辺部まで綺麗に剃ってあったわね
    1. フラフラとオッパイを触り始めている
    1. 処女臭いわ

再び指が挿入されてくるのを感じた

え?え?そんな…裕美が嫌がる隙も与えず、縄で縛られ敏感になっている白い乳房に、ぽとつと赤い蝋が垂れた。l-Mやあつう!ポタポタポタ…と次々と蝋が乳首に落ちる。いや熱い!いや、いや!嫌はないと言ったろ、仕置きだ。男は日本手ぬぐいを取り出し、中央にこぶを作り裕美の口を塞ぎ、その上からもう一本の手ぬぐいで二重に猿轡をした。これで、大きな悲鳴はあげられなくなる。くねくねと身体を動かし、少しでも熱さから逃れようとする裕美の身体に、蝋燭は11本に増え、絶え間なく注がれる。
アソコどうなってるんだ
毎日セックスしなくても十分に温かい家庭だ美しい妻は

拘束された状態では

うぐぅ…うぅぅぅう。涙と鼻水でぐちゃぐちゃになり、縛られた不自由な身体で暴れようとするのを足で踏みつけては、身体中を赤く染めていく。身体の前も後ろもすっかり蝋で覆われた頃、暴れることに疲れたのか、それとも熱さに慣れたのか、やっとおとなしくなった。男は涙を手でぬぐってやり、こめかみにキスをした。よし、いい子だ。よく頑張った。たしかに熱い…熱くてたまらない。でも揺らぐ炎…赤いしずく。染められていく自分…なんだかそれが甘美なもののように、ほんの少しだけど裕美は感じていた。

マゾレッドはバイブレードを出し

アソコは大きいのかしら

ことでした。バイク事故に始まり、多感な思春期を二人で乗り越えてきた結果なのだと思います。最初から知っていれば、おそらくわたしは結婚しなかったでしょう。できなかったと思います。兄弟の間には、誰にも入ることのできない世界があったのです。早くしろよ。夫に言われてしまうと、どうにもなりません。ワンピースの裾を持ち上げました。夫はビールをぐいっと飲みました。なんだ、それは。
あたしにセックスしなさい

毎日セックス三昧

貞操帯か?夫はもはや限界で、兄を追い出し、わたしだけと話をしょうとしてくれるのではないか。そうすれば、苦しいことですが、希望の見える解決ができるのではないでしょうか。でも、夫は金男を追い出したりはしません。邪魔だよね、これさ。と哲次が言いました。しかし、いくらモデルでも、こういう世界だから、なにが起こるかわからないだろう?まあ、そうだね。だけど、似合わないな。きれいじゃないよ。

 

ペニスを至近距離からじろじろ観察された

金男が夫の態度を確認して、ニヤリをわたしを見たのです。ほらみろ、哲次はおれの弟なんだ、昨日今日の女なんかに振り回されたりはしないんだ、と言っているようです。どうなってるの?この鍵で外せるんだよ。金男が鍵を外しました。二人の前で下半身を見せるのはとてつもなく恥ずかしいのです。だ、だめ。手で隠そうとすると、なわみ、だめだよ。と夫に言われました。
すぐに挿入していただきました下半身を包むナイロンの薄地に透けるボトムは菜緒美と呼んでくれたのかもしれませんが、わたしにはもうその区別がつかなくなっています。そうだよ。隠したりするなら、縛っちゃうよ。金男が笑うと夫も笑っています。貞操帯が外されました。正直、ホッとしました。擦れている部分があって、つらかったのです。カメラマンはむだ毛の処理をしないでくれと言ってるんだよ。

    1. 処女なの
    1. クンニリングスをつづけながら高見は上目遣いに綾を見た
    1. 調教したらしく

男根をしゃぶらされたカズ君のようだ

髪も伸ばし続けてほしいそう。そのほうがいいのかな?みたいだね。もっとも、いまは吹雪ってカメラマンとしか話をしていないけど、れば、ほかからのオファーもあるだろうしね。それが菜緒美のやりたいことなら、止めることはできないな。この写真が出半笑いの夫。疲れているのでしょうし、お酒のせいでもあるでしょうし、ショックでもある。あまりにも軽い言い方に驚いてしまいました。哲次さん…。隠すな!金男に手をはたかれました。
調教を受け始めて以来
色んなバイブやローターを渡されてあゆみは溜らなくなって自分のクリトリスを思いっき

股間から

二人に陰部を見せて立たされているのは、みじめで恥ずかしく、震えてしまいます。菜緒美。ぼくは好きなことをする君が好きなんだ。だからどういう世界で活躍しようと、止めることはしない。だけど、約束してほしいことがあるんだよね。なんでしょう。二つは私生活はきっちり分けてほしい。

膣内の新たな部分をえぐるたびに

せめて私は椅子を引いて私はあわてて自分の肉棒もしまいこもうとした

の仁義を破り報いを受けた自分を激しく悔いる事になった。俺は彼女と娘がその後どこで何をして暮らしているのか知らないし、会った事もない。今でも思い出す度、罪悪感で猛烈に胸が痛む。二度と過ちを起こさぬよう、パイプカット手術を受けたのはこういう事情だ。さてそんな俺の事情など知る由もないサヨさんは、でもないことを言い始めた。

安心した様子でとん。悪いが奥さん。アンタのような淫乱さんは俺1人じゃ役不足のようだ。イヤッ!サヨさんはよほど良かったと見えて、俺のムスコをギュッと万力のようそれは一時的なもので、な力で締め付けて硬度を保たせている。が、をさらに歓ばせる力は、俺にはもうない。おい、ユウイチ、後は頼んだぞ。わかりやした!俺はこの飢えた人妻を、精力があり余り、俺よりサイズのデカいチンポを持つユウイチに回してやることにしたのだ。嫌がるサヨさんを無理矢理引き離すと、喜色満面であっと言う間に服を脱ぎ、仰向けで若い力の漲る。

オナニーしてるの


彼女も股間をくねらせはじめたではないか

ペニスを勢い良くそそり勃たせたユウイチの方へ向かわせる。ユウイチ、ゴムを付けるのを忘れるな。へい、承知しやした。ユウイチに俺の失敗を話した事はないが、イカせ屋。の仁義については、いつも口うるさく言い聞かせてある。素直にサックを勃起ペニスに被せるユウイチを見た俺は安心し、同時に自分のムスコが急速にしぼんで行くのを感じていた。

こんな気持よいセックス初めてだった……

サヨさんは現金なもので、自分よりはるかに若い、息子と言ってもおかしくない年齢のユウイチが、俺よりたくましいペニスをギンギンに勃起させているのを、ウットリと艶めかしい視線で見やるとよろしくお願いします、とペコリとお辞儀していた。今度ケンジ親分に抱かせる時には、三つ指を付いて挨拶するように言っておかねばなるまい。ケンジには調教が終わった女を回す事になっている。ケンジは俺に輪を掛けた女好きなのだ。ケンジの気に入るような女に仕上げると言う目標がぁるので、俺の仕事も熱が入ると言うものだ。人妻としての慎みをかなぐり捨てたサヨさんは、もう本能のままに淫らに振る舞い、ユウイチに覆い被さってそそり勃つペニスをくわえ込むと、はしたない声を上げながら激しく腰を振り始めていた。


重力に逆らって型崩れしないオッパイが

バイブで胸を弄られた

スゲエや!奥さん、僕のチンポが食い千切られそうですよ。ろくでなしの夫の呪縛から解放されたサヨさんは、テクニックはなくてもサイズが大きく、何よりイキの良いユウイチのナニに、すぐ夢中になったようで、息子のような若い青年を相手に大声でよがりまくりながら大きな乳房とお尻を揺さぶり上げ、見ている方が羞ずかしくなるような派手な乱れようだ。これならケソン親分に献上しても大丈夫だろう。健闘を祈るぞ。その言葉は、全身汗みずくで激しく一戦を交えている親子のような年齢差の2人の耳には届いていないようだ。俺は体中に心地良い疲労を覚えながら、昼食をとって昼寝でもするかと、服を着て。

アソコから愛液を溢れさせて男を欲しがっていると思うと


何度目になるのかわからないオーガズムの白い津波が

仕置き部屋を後にしたのだった。マサキチさん!起きて下さい、マサキチさーん!どんどんと遠慮のないノックと、そんな俺の名を呼ぶ声でハッと目覚めると、山田組事務所内の仮眠室ですっかり眠りこけてしまっていた。どうやら俺はサヨさんの最後の調教で中出し射精に疲れ果て、昼飯も食わずここで意識を失っていたようだ。何でえうるせーな!寝起きで不機嫌な俺が中から開けてやると、息せき切ってユウイチが入って来た。俺に何か月か?はい!ぜひともマサキチさんに助けて頂きたいことがありまして俺は。まさかこんな形で愛撫する日が来るとは思わなかったは妙な感慨に浸っていた

  • 愛撫は必要不可欠だと思いました
  • 処女を強引に奪われた町田先生を出来れば殺してしまいたいくらい憎んでいるのに
  • 子宮口は塞がっているわけだしね

レイププレイに数回使える程度ではいかんともしがたかろう

硬くなったクリトリスを指先だけ見つけると

喰らえ、理紗先生っ!理紗の体内で、亀頭がはじけた。大量の精液が、膣の最奥へぶちまけられる。射精の圧力に押されたように、理紗の手足がピンと伸びた。イクつ!ああ、イクううっ!先生っ、わたしも、わたしもっ!イッちゃいますうし泉美も、凌辱する指をちぎる勢いで食い締め、四肢をつっぱらせた。11人の身体の下で、机がさらに大きく揺れて、バランスが崩れた。倒壊する机の舞台の上から、絶頂を極めた女教師と女生徒が投げ出される。

唇からペニスをはずすなり

イックううううううううううううううううつっ!!イッちゃうっ!!叫びながら、理紗と泉美は床に落ちた。を新たな絶頂の高みへ押し上げる。あひおおっ、またイクっ!!きゃふぅぅっ、もっとイキますっ!!背中や肩を打った痛みが、二人ペニスと指の形に開いたままの二つの膣口から、新鮮な愛液がどっと噴き出す。自分たちの教室を汚してしまったことも、今は意識に上らない。

 

律動のたびに膣内へと引っ張りこまれる

床に横たわる理紗と泉美の顔の上に、亀頭が差し出された。が混じった滴が、二人の額や鼻に落ちる。精液と愛液理紗はひざまずき、亀頭に舌を這わせる。すぐに泉美も身体を起こし横から肉幹に唇をつけた。二人とも絶頂の余韻の中をふわふわと漂い、口で男のモノの汚れをぬぐうことに抵抗がなくなっている。ん、ふっ…あふ熱い吐息のデュエットに、ピチャペチャという濡れた音楽が伴った。
あゆみがオナニーしながら指を入れられているところだ

喫茶店でオナニーを見せた

男根の根本から鈴口まできれいになると、射精前の勢いも取りもどした。三人とも、もう一度イキたいだろう。今度は黒板に手をついて、尻を向け新たな命令にも、理紗と泉美は従順に応じた。二人ともに、自分の身体が次の快感への期待に疼いていることを痛感している。黒板の前に並んだ。銃殺を待つ囚人にも似た様子で、今度は、泉美くんに射精してやるぞ!泉美の尻が、意識しないまま大きく震えた。すかさず女生徒の股間に、肉棒が突き入れられる。

アナルに埋まったローターのアブない快感に悶々としているありささんだから

同時に、理紗の大きくふくらんだままのクリトリスが、喜四郎の右手の指でしごかれる。ふわああー入ってきますうーんああつし。ほおおうう!クリトリス、ちぎれるわーたまらひぃぃっ!新たな艶声が、暗い教室に何度も響いた。女教師の終着駅雲ひとつない青空が、白々しいほどにまぶしい。また日曜日が来たのだ、と空を見上げた理紗はなんとなく思い、左手に握る泉美の右手に力をこめた。理紗と泉美はなかよく手をつないで、また見知らぬ路線の半河駅という見知らぬホームに立っていた。

クリトリスを刺激した

肉棒の根元を指でつまんで扱いていくここもローカル線だ。ホームに11人と郎だけしかいないホームの上り線のほうを見れば、太平洋の青くきらめく海面が水平線までつづいている。下りのほうは、線路の向こう側がすぐに山の斜面だ。駅舎といえるものは、ひとつだけの改札にくっついた小屋だけしかない。ここは終日駅員無配置駅なんだ。と、喜四郎が専門用語で言った。周囲を見まわしても、人間が住んでいる痕跡は、上り線路と海岸の間に走るアスファルトの道路だけだった。

ファックスを送ってるから

あああああつし激しくクリトリスを擦ってみる

亀頭の先端はちろちろと洩れでてくる体液に濡れてかっている
尻穴は強烈な浣腸

…そう、それからね、貴方の口封じに恥ずかしい体験をさせたのも、私の案よ。そ、それじゃあ、君は…は。そうよ、貴方は、毎日私の小水を飲んでるのよ。勿論、私の意志でね。何と言うことだろうか。自分をこんな運命に転落させた張本人が、昔の恋人の茂子だったと遠山は、未だ信じられぬ思いだった。るなんて、あまりにみじめですものね。…でも、私は主義のためには一切を犠牲にするのが信条なの。
尻尾として埋め込まれている器具が

オマンコの間から飛び散った

貴方はその犠牲者よ。…でも、こうして判ってしまった以上、私の手で口封じをしなくちゃね。茂子の口元に、うっすらと笑いが浮かんだ。口封じって…まさか遠山は、思わず絶句する。貴方は、もう既に、身も心も汚れ切ってるのよ。毎日、売春婦達の股の汚れを舐めさせら茂子は、遠山の首から垂れている鎖の端を取り、ぐいと引いた。よろめく男の腰を蹴って倒れた所を足で踏み、自由を奪う。

チンポではありませんか

後手錠のうえ不意を付かれて、遠山は赤子の様に茂子にされるまになった。るからね。茂子は、ホラ、遠山の顔を跨ぐと、こうやってね。パンティを下げて腰を降ろし、性器を彼の口に押し付けた。”諦らめるのよ。諦らめるのよ。”遠山の心の中で、何かが音を立て壊れると同時に、茂子の言葉が”天啓の暗示”の様に繰り返し、こだまの様に響きわたる。顎が緩み、唇が開いて、茂子の股間に男の屈服が伝わった。
尻尾として埋め込まれている器具が

無力で攻撃されやすい下半身

遠山の唇の上で茂子の秘肉が震え、ポタポタと滴が舌に落ちる。それがチョロチョロと流れに変ると、この1ヶ月毎日欠かさず口にさせられていた、お馴染みの味が、口一杯に広がった。いつもの琺瑯容器と違い、その汚水は茂子の体温を保ったま柔かい排泄孔から直接彼の口に注がれて来る。茂子の尻の下で、ゴクリゴクリと続けて男の咽喉が鳴り、彼女に驕慢な征服感をつのらせた。これからトイレットペーパーとしても使ってやるからね。

調教して頂いた
人妻であっても売られて性

股間はこれ以上ないというほど締め上げられました

そこには人妻の淫らな意図が隠されていたのだクックックッ。その翌日から、遠山は、身柄を茂子夫妻の部屋へ移され、四六時中、茂子の監視下に置かれることになった。しかし依然として、慰安婦達への奉仕は続けさせられた。四時間余りを慰安婦の部屋で過し、みじめにも女達の股間の汚れをたっ毎日午後になると、ぷり味わされ、生臭いミックスジュースで腹を膨らませて、帰って来るのである。そんな遠山に、茂子は軽蔑を露わに示し、顔に唾を吐き掛けたり、足の裏を舐めさたりして嬲り抜いた。勿論、日に何回も彼の顔に跨がって、小水を飲ませたし、宣言通りトイレットぺーパーとして股間を舐め清めさせた。
勃起した状態だと収まりが着かないから手コキでいいんで射精さして

しかも彼女の股間からは愛液が真下のマットに滴り落ちているもちろん

茂子の部屋のベッドの下には、例の琺瑯引きの容器が置かれている。毎朝、遠山に朝尿を飲ませた後、茂子はこの容器に跨がって、大の方の用を足す。その後、屈辱に震える遠山の顔を跨いで、あとを清めさせるのである。慰安婦達のアヌスにうっすらと付着する汚物を舐め取るのですら、未だに吐気を催すことが多かった。べったりと茂子のアヌスに付着した褐色の糊は、新鮮なだけ臭いも強く量も多い。

お尻を交互に叩かれます

亀頭部が難関を突破した

さて、診ようか。そこにかけなさい。手早く総出で片付け、優香以外の衛生士は。はい、よろしくお願いします。いつも患者が座る、歯科独特の椅子に優香は腰を掛けた。院長は手早く椅子をフラットの状態に倒し、ヘッドレストを調整した。そしてタオルを優香の顔に掛け、どうしてだか、手で押さえた。何か薬品の匂いがし。あ先生…何ですかと聞くと同時に軽く意識を失ったようだった。

夫しか知らない清楚な人妻も

気付いた時には、肘掛にしっかりと腕をテープのような物で固定されていた。足までも、膝を折りたたむようにテープでぐるぐる巻きにされ、両側の肘掛に紐で繋がれ大きく開かされていた。スカートはずり上がり、下着が丸見えのはずである。暴れてもらっちゃ困るんでね。固定させてもらったよ。少しお遊びをしようと思って。お遊びって…何をなさるんですか?こんな格好嫌です。

 

愛液をペニスに塗りつけるためだったのだ

人が違ったように冷血な瞳で見降ろして、口元に笑みを浮かべ、開口器具を無理やり優香の口に嵌めてしまった。喋ることも口を閉じることもできない。よく診てあげるよ!あうああう!真上の明るいライトで照らされ、ヘラで口の中を覗かれる。診たところ、虫歯はなさそうだ。ただの知覚過敏だろう。薬を塗っておこう医療用手袋も嵌めず、無遠慮に優香の口中を指でなぞる。
バイブを食い締めた美冴緒の顔が歪んだ

小林の愛撫を

開口器具は余程の事情で口が開かない患者のための器具であり、こんなもの優香に必要であるはずがなかった。身動きとれないよね。麻酔なしで健康な歯を抜こうと、何しようと私の意のままだ。上あごを指先でなぞりながら、恐ろしい言葉を口にする。上あごのくすぐったさと、こんな形で嬲られる理不尽さに、怯えた目で首をわずかにいやいやをするように振るしかない優香ピンク色のユニフォームは立襟で首元までジッパーになっている。者から胸元が見えないように配慮してあるのだ。

パイズリというのは

そのジッパーをスされた。患者の治療中に患ッと下まで下ろまだ夏の名残りのある季節で、その下には下着しか付けていない。うぅ…悲鳴をあげたくても、あげることもできない。キャミソールを引き上げられ、両側から抱きかかえるように背中に両手を回されてブラのホックを外されてしまった。柔らかそうな白い乳房がプクンと飛び出した。可愛いおっぱいだ。毎日これを揉んでみたいと思ってたよ。うぐうや…うぅ。

セックスアピールを感じてしまったのは初めての事で

女も積極的にセックスをしたがるようになる誰にも、吸われたことのない乳首だろうね。院長の大きな手が被さり、やわやわと揉みしだかれる。まだ未発達の小さな乳首をコリコリと摘ほれる。おもむろに、院長は歯の洗浄器具を手に取り、スイッチを入れた。洗浄する器具だ。それが乳首めがけて発射される。高圧水流で歯茎を。ひぃ~~~っ!濡れる冷たさと、するどい刺激に身体がのけぞる。