」カテゴリーアーカイブ

女も積極的にセックスをしたがるようになる

セックスに余念がない

けれども、入れ替わりに電話してきたA氏が。いや!ミクを呼ぶ前にみんなで公衆便所を掃除するのは大変なんですよ。ミクを本気で病気にするワケにはいきませんからね。と笑ったのを聞いて。彼が一緒なら大丈夫かなと、少しだけ明るい気持ちになれたのでした。冬の寒さに身を縮めていた花は、春の陽光に誘われて一斉につぼみをほころばせる。

少年を思わせるような、どこかしら硬い線の細身が、高校卒業間際に、一気に女らしくなっ突然、満開になった桜のように、男の目を引きつけてやまなくなった和花。細い身体がもたらした、強調効果のせいかもしれないが、実際、遅れて実った果実のように、胸は一気に大きくなった。まだ硬くても、女を強調するクリンと丸いヒップも、細いウエストに強調されて、ひときわ目を引く。ゆったりした服の上からでもわかる、掌にも余りそうな膨らみも尻も、折れそうなほど細い身体と結びつけば、男達の淫靡な目を引きつけずはいられないのだ。おまけに、結婚して6年もたてば、女らしい脂が適度についてきて、その細身を抱きしめた。

乳首への針責め


ジーンズはお尻で留る位置にあり

ときの柔らかさを想像させるには十分すぎた。人妻の健全すぎるほどの、しかし、たっぷりとしたセックスを思わせる色気。細すぎる身体全体に、女らしさが、さらに柔らかく、しっとりと強調されるようになったというわけだ。本人が嫌になるほど男の目を引きつけてしまう胸は、長男を生んだ直後にFカップを越えた。が、今はさすがに、落ち着いた。それでも、夫婦の慈しむようなセックスが、硬めだった胸をほぐしたせいか、結婚前よりもワンサイズ大きくなってはいた。

射精させられるのは仕方ないでしょ

ヨガ用の厚手のレオタード姿であっても、身体のラインが強調されるのは同じことだ。こんな身体を目の前にすれば、男の視線が、粘り着くのは当然かもしれない。ピッチリした布地一枚下にある、グッと張り出した腰の肉付き、柔らかい胸の膨らみを、男達は妄想せずにはいられないものだ。そんな視線が、当の本人にとっては、いたって苦痛にはなっても、男にとっては悦楽の光景となる。和花みたさの会員が囁くウワサに、新たな会員を呼び、和花の受け持つクラスは今やダントツの人気となっている。


ぬらぬらした亀頭部で焦らすように花肉をなぞりあげた若々しく張りつめたキュートなヒ

チンポを締めて揉み込んでくる

あからさまなセクハラをしてくる会員はいないが、ヨガを学ぶよりも、レオタード姿の和花を見に来ているんではないかと思えるほど熱心な、男の視線に戸惑うこともしばしば。実際、教室が終わった後、質問という形を取って、話しかけてくる男は後をたたず、携帯のアドレスを、そっと渡されることもしょっちゅうだった。だが、見る者を引きつけて離さない魅力的なその身体とは裏腹に、和花がつきあったことのある男性は夫だけ。今までも、そして、これからもそうだと、和花自身が知っていた。会社がつぶれて、今は失業中の夫だが、懸命に仕事を探し、慣れぬバイトを掛け持ちしているのは妻と、一粒種の長男への愛情の証なのだ。

オンナの肉体がオーガズムを味わっているに違い


乳首にまで執拗に薬を塗ってしまう頃には

それだけに、ハローワークが閉まる週末の晩は、誰もがうらやむような肉体を夫にゆだね、夫婦の愛情を確かめ合うようなセックスが定番となっている。今夜も、子どもが寝たのを用心深く確認すると、静かな営みを行っている。あっ、あっ。こらえきれぬ小さな声が和花の唇から漏れている。恥ずかしい。小さなささやき声。和花の白い両脚を、ああ、夫がグッとかき分けて、秘部に舌を遣っている。あっ、あん。小さな声が漏れる度に口を押さえようとするが、こらえきれるものではない。肉棒の根元を指でつまんで扱いていく

  • フェラは
  • 尻たぼを拡げた姿勢は保ち
  • 肉棒が口のなかでどんどん大きくなり

オマンコが擦りつけられ

ペニスに与えられるのではないか

しまった。余計なことを聞いてしまった。2人の子供がいると言うのは、俺にとってあまり歓迎すべき情報とは言えない。だがそれは聞き流すこととして、俺はこの麗しい美人人妻にいわゆる。生セラ。を行わせることを決意した。買い取って写真と共に商品として並べるのでなく、その場で下着を脱いで売らせる実演販売の方法である。うちの店では、それをいかがわしいショーのようにして客サービスを行っているから、これを彼女に強要するのだ。客の目に晒された彼女は心ならずも興奮してしまうに違いなく、そこでおもむろに俺が一発お願いするわけだ。

濡れた陰唇がペニスに貼りついて内側に巻き込まれそうになり

彼女の美女っぷりからして、その下着も通常では考えられないような高値が付くことだろう。うむ、我ながら完璧な計画だ。それではさっそく衣装を着替えて頂きましょうか。何言ってるんですか、奥さん。お客さんはどんな女性がはいてたパそんな話は…か、確認してから購入するのですよ。じゃないですかそんな普段着じゃ駄目に決まってる。すみません。などと言うラフな服装の梓さんが素直に頭を下げる。

 

奴隷としての激務に励んでくれるのもこれのお陰というわけだ

すれっからしの女子高生などよりよっぽど世間知らずのお嬢様らしく見える梓さんに俺はムラムラと股間を強烈に突き上げる欲求を抑えるのに苦労した。て実の所、彼女は正真正銘のお嬢様なのだ。こ、これはこんな物を着るのですか…!?どうしました、奥さん。それはあなたの母校の制服でしょう。梓さんは俺に手渡された、昔ながらの古風な濃紺のセーラー服を見て絶句している。1週間前来店した時に見せてもらった履歴替を信用するならば、彼女はお嬢様学校で有名な地元の名門女子高の卒業生であるはずだ。
さすがに好色女子高生だけあって舌使いがうまいじゃないか

勃起したものをそれにこすりつけた

うちはブルセラショップなので、近隣の主だった学校の女子の制服や体操服などは取りそろえているのだが、間違いなく一番人気の女子高だ。彼女はここを卒業して4年制の女子大にまで進学した、才色兼備を絵に描いた。ような女性なのである。この制服は下着売りの子たちに着せるためのものだが、今だかつてこの高校の現役生徒が現れたことはない。偽物のおバカギャルどもに着せて、下着を売らせていたわけだ。卒業生とは言え、まさかこの高校の本物のお嬢様が下着を売ってくれる。

ペニスが膨らんでカウパー腺液が漏れていても

日が来ようとは思わなかった。私学なので金持ちの子女ばかりを集めて、高額な学費や寄付金をふんだくると評判の学校だ。そのおかげで本物のお嬢様しか入学出来ない女子高だとプレミアが付き、ブルセラショップではマニアの垂涎の的となっているセーラー服なのである。あ、あの…ここで着替えるのですか。そうです。下着を売りに来られたのですから、そのくらいどうってことないでしょう。この部屋には俺とアンタしかいないんだからな、イッヒッヒ、と言いそうになった俺は口を控えた。

ズボンと下着をおろす

すべてに熟女ならではの匂い立つような色気があるそんな頭がカラッポで体だけ発育した女子高生に掛けるような言葉使いでは、本物のお嬢様には失礼と言うものだろう。わかりました…余計な物を置いていないこの部屋で、少しでも隠そうと梓さんは後ろを向いたが、俺は許さない。こちらを向いて堂々と着替える所を見せるのですよ、てないか、下着のチェックも必要ですから。奥さん!ズルしわけのわからない理屈だが、梓さんは俺の言葉に従った。ああは、羞ずかしい…見ないでくださいたかが着替えくらいで、42歳2人の子持ちとは思えない梓さんの、端も行かぬ少女みたいな可憐な羞じらいぶりは、これでこそ大和撫子と言うものではなかろうか。

あまりにも甘美な射精だった

オマンコ締まりでの

うわ!かわいい。うちのエレーナと同じ民族の血が流れてるとは思えないわね。乃里子が、三田村病院に所属する。拷問職人。、来日前はロシア軍に所属して実際に過酷な拷問をしていた女サディストの名前をあげるが、同じ国民だからといって同じ民族とは限らない。日本人こそほぼ単一民族だが諸外国ではそうではないことのほうが多いのだ。だが隼人はそのことを口にはせず、こんなことを両隣の母娘どちらにともなく言った。

でも、この子とて育て方ひとつではエレーナを凌ぐ拷問好きのサディストにすることも出来るかもしれんよもちろん姉と同じ血が流れている以上はむしろ拷問好きのマゾにするほうが簡単だとは思うが。さっきの女キャスターちゃんと、同じGカップといっても随分と印象違いますわね。自らは、豊胸手術を受けさせられたことでそれより上のサイズの乳を持っている沙織が言う。いずれにしても十四歳って羨ましいわぁ。うらやたった十四という年齢で異国に連れて来られ、スパイとして生きる教育を受けさせられるわけだから、羨ましがられても本人は迷惑だろう。なお、このソフィアと一緒に、彼女や姉のサーシャを産んだ母親も今回!緒に来日しております。

この接待奴隷には皆様の席にまわらせますが


奴隷狩りが不可能になったため

このようにステージでお見せするほどではない熟女ですが、まだまだ体も悪くありませんし、殺さない限りどんな痛めつけ方をしてもOKということになっていますので、みなさまも倶楽部の方でいずれ一度お試しくださいませ。もちろん予めご予約いただければ、姉妹と一緒に母親も入れて三人並べることも可能です。彼女もいずれはちゃんとスパイとして外務省の方に配属されることもありましょうが、他の四人と違い、彼女だけは今のところ当方の所属奴隷であることを付け加えさせていただきます。というわけで、そろそろ女優さんの方も本当に限界っぽい感じになってる。毛しみたいですので、次に参りましょう。五つの光の輪の中に、五人の美女たちが再び浮かび上がる。

奴隷になることよりも

女優角川ともみだけは、真ん中に据えられた大きなテーブルの上で、擬似男根にまたがり半ば悶絶しているが、ほかの日本人111名はスポットライトを消された時のままだった。ここまで時間をかけるとは、安田舞衣の片脚立ちをリサが解放したのも道理だった。いくら鍛えられているとはいえ、暗闇でこの時間片脚で立っているのはまず無理だろう。四人とも素っ裸になりなさい。裸になったら、テーブルに上がって女の部分を見ていただくのよ。四人ともその命令には即座に反応した。ここで恥ずかしがってもたもたして、罰を与えられることの方が怖いのだろう濡れた白いレオタードを剥き下ろして豊かな乳房を露出させたフィギュアスケーター安田舞衣はお腹のところまで下ろしたそれを、一度止めて!瞬自らの股間に目をやった。


静香はまったく気にしてい肉棒は完全に屹立していた

ペニスがばん

そこの部分には経血が真っ赤に円を作っており、まるで日の丸のようだった。いやーっ、一度拭かせてくださいい。そのままで台に上がって性器を見せるのは嫌だと、泣き喚く。左から二番目の水川明日香は元々半身には何も身につけておらず、かわいそうなくらいあっけなく全裸だ。真ん中の女優の前バリは、リサが引き毟ったが、本人の愛液でますます。粘着性は落ちてしまっていたようで、こちらもあっけなく性器が露出する。

奴隷市場で買われた際


股間の小さなパンティに目を遣った

女優のそこは、肛門に極太のものを収めているためか、しゃがんで脚を開いているだけで、女の穴がはだけきり、内部のピンク色とその上部にルビー色の尖りがはっきりと見えてしまっていた。とが四番目の女、村上友紀も既に下半身は裸で、左右に拡げられて布切れと化しているブラウスを脱ぐとこれまたあっさりと全裸になった。十四歳のロシア娘も、乳房の上まで捲り上げられた白いスリップを首から抜いて、続いて両手を抜く。立っている四人はいずれも実に素晴らしいプロポこうして見ると、ションをしている。スポーツ選手のふたりは独特の筋肉質だが、二人とも胸は豊かだし、反対側の11人の肉感的なGカップ、稚い細い身体に砲弾のように実ったG乳と、こちらもともに素晴らしい。レイププレイに数回使える程度ではいかんともしがたかろう

  • ブラジャーとお揃いの下着だ
  • フェラチオの速度を速めますと
  • タケルの股間の膨らみに手を添えて

尻穴で締めてしまう結び玉の方がむしろ気持ち良くなってしまいました

私のお尻の谷間を伝って流れ落ちるのを感じられます

バイブプレイだなんて
一人の主が複数の奴隷を所有するのは

そうだ。卑怯な連中だ。そんなヤツらに捕まった妻を、しまった。証拠だ、逮捕だ、なんてイラネーんだよ。オレは刑事として、助けようとして開けた目が、ギラリと野獣のような光を帯びている。男として、自分が守るべき人を守るため、法律だ、正義だなんて、たんだ。な、そうだろ?ひいすみません、すみません、すみません。きれい事を忘れるべきだっ目を開けて放たれた最後の一言は、リキの足下で、縮こまっている男に向けられていた。
奴隷としての自分に課せられている

乳首を絞り出すように

目に涙を浮かべる松本は、震える身体を丸めるようにして土下座する。悪鬼のごときリキの怒りの視線に曝されるなら、蛇の前のカエルの方が、まだ気が楽だった。に違いない。手錠を外されいても、松本は逃げる気配も見せなかった。いや、逃げようとした瞬間に殺されると思わせてしまう、リキの憤怒のエネルギーが満ちていたのだ。リキがおもむろに脚を上げた。土下座する、松本の掌をグッと踏んづける。

桜色の膣口に舌先を伸ばすと

動かぬように固定した右手の指に、木刀の先端が、体重を込めて垂直振り下ろされたのだ。ボスツ。ボキボキ。ぎやつ!鈍い音と、乾いた音が同時に響いた。木刀の先端は畳にめり込んでいる。破って飛び出していた。オマエが、将来ピアニストを目指してるんでないといいがな。白い骨は皮膚をもちろん、ピアノなんてどうでも良い。
オマンコが擦りつけられ

このまま次のセックスに続けられそうだった

それどころか、あり得ない角度で、折れた骨が飛び出している様子から、生涯、右手がまともに動くようになるとも思えない。ニヤリと笑うリキの頬に、殺気がまとわりついていた。破壊の神、シヴァ神のごとく立ち尽くすリキに、松本は、激痛と恐怖で、声も出ない。これで、ピアノは弾けなくなった。おめでとさん。にやりと笑ってから、骨が突き出した手をギュッと踏みつけた。

明日まで存分にお楽しみくださいませ第一奴隷 康子第二奴隷 春美
愛の上半身側にはポコスケが座り両手で愛の乳首を攻め

拘束された美樹を照らし出している

そして再び濃いピンクに色づいた乳首をヌルヌルと刺激しはじめ滑りがよくなった効果はぎやつ!激痛が凄すぎて、声を出せないほどなのだ。なあ、オマエが、ちゃんと喋ったら、命だけは助けてやる。うが、うがああ痛みに、松本は苦悶の表情だ。脂汗がにじむ。どうする、こっちの手もか?一度上げた脚で、左手を、グッと踏みつける。あ、あう、や、やめてくれ、いや、やめて、ください。
動画アニメ

肛門こう志摩子は意地悪そうに

お願いします。助けて、ね、ね、やめて、お願い。喋る、何でも喋るから…頼みます。おもねろうとする態度がありありと見え、横で見ている牧野には、いっそ、意地汚なさばかリが感じられてしまう。じゃあ、聞いてやろうか。もはや意気地というものを全て捨てた松本は、聞かれないことまで、いくらでも喋った。リキは、聞きたいことを聞き出すのに手間を掛けなかったのだ。それから、5分と経たずに、聞きたいことのあらかたを聞き出すと、に、松本に命じた。

アソコどうなってるんだ

人妻ものを物色していた大学生風の男と目が合ってしまった

女が女をいたぶるレズ専門SMクラブ。自分の精液フェチともいえる性的傾向と、まるで対極にあるようなレズという性向は佳代子の中で二極化しつつもますます強まっていた。それは自分でも不思議なようで、あった。それでもどこか納得のいくことでも男に仕えたいという願望とともに、女性それも初対面やそれに近いような相手に徹底して虐められたいとも思うのだった。れいぞくそういう意味では男性に隷属したいというのとは少し違うのかもしれな男性相手ならば中途半端な関係は嫌だと思うし、その場合はいっそ過去にそうであったように精液をくれるだけの存在でいい。でも、女性相手ならば隷属ではなく、むしろその時だけの関係で虐められたい、ちょうどあの志乃のように相手は自分がマゾであるということだ。け知ってそのように扱ってくれさえすればいい。
髪を整えにかかった熟女人妻は答えた

股間を

そう思っていた佳代子には、そのレズSMクラブのサイトの内容を読めば読むほど、自分の中にわき起こる衝動を止められなくなってしまったのだった。さすがに電話をかけてみるまでには勇気が必要だったが、末に携帯電話を手にした。ふた晩迷った。もし電話番号を非通知にする。184。をつけたダイヤルで繋がらないようならば縁がなかったと思おう。最近は非通知の電話は繋がらないこともよくあるということが、逆に佳代子の背を押してくれた。

 

股間深く埋め

その女性が店内に入ってきた時に、直感的にこの人だと思った。電話の落ち着いた感じのする声からもう少し年配の女性を想像していた。のだが、一見したところ佳代子とあまり変わらないか、Eくらいのように見える。せいぜい二つ三つさっと店内を見渡し、佳代子に視線を止めると、そのままテーブルの上の目印として指定された。文庫本を1冊積んであるのを確認すると、案の定まっすぐにこちらへと向かってきた。
ペニスは2回りくらい太く成長していたが挿入されたら村山さんね、はじめまして。佳代子が電話で名乗った偽名を呼んだ。ここ、びっくりしたでしょう。北口の風俗嬢の入口みたいなとこだから。やはり、電話の声の主であった。今頃になって佳代子は緊張してきた自分を意識した。女はカフェオレを注文すると、改めて佳代子を見つめて言った。あなたどうやら本物のMのようだけど、しかも別にレズっていう風にも見えないし、その様子だと特にお金に困ってるわけでもなさそうよね。

    1. チンコにキスしたい
    1. セックスを楽しんでも良いのだが
    1. アソコまで舐めさせられた私にとっては

乳首を弄びながら問いかける

ちょっと見ただけで、そこまでわかるものだろうか。似たような年齢に見える女は、相当この世界でのキャリアを積んでいる。のかもしれない。レズっていうと、すごく綺麗なイメージを抱いて来ちゃったりとかだと、それだとこの仕事続かないわよ。一応聞くけど、あなたそういう経験もぁるの。女同士とか、女性に責められたりとか。はい、ちょっとだけですけど。
本当に猫のように柔軟性がありキュっとお尻があがった細くて長い脚
彼女はフェラチオをつづけながらも

自分で調べたらいいじゃないのテレビ画面は芙蓉子の股間に男が割りこんでくるシーンを

高校も短大も女子だけで部活とかしてましたし、あと最近も少しだけSMを…。ふーん、じゃあバイなの。男が嫌ってわけじゃないのでしょ。ネット見てくれて電話もらったみたいだけど、うちも正直ね、女の子は常時足りないの。うちみたいなお店は他にないし、それに嫌になって辞める。だけじゃなくて、本物であればあるほど、男性相手のお店以上に、お客さんとデキちゃったりもするのよね。

お尻の中に感じてしまっていたのです

セックスしていたとしても

あれっきりなのかなあ。六万を度々払うのは、やっぱりいくら会社の役員さんでも厳しいのかな。こんなに誰ともSEXしないでいたことはめずらしい。M男はSEXしなかったから、その前からいえば三週間近くしていない。つい指が股間に伸びる。肉芽をこすりあげて、エクスタシーを自分で得るしかない。はぁ…ああ気持ちいい。脳裏に浮かぶのはノーマルSEXで優しく愛撫されるシーンじゃなく、チオされたり、電マで逝かされたりするシーンだった。
奴隷よ

アソコに喰い込んでるのですが

乱暴にイラマ逢いたい二週間経ち、やっとメールがあった。仕事帰りに食事を軽く済ませてから待ち合わせするのでホテルに入れたのは十九時過ぎ、それから三時間だと翌日がきついけど、お金の為と割り切るしかない。やあ、久しぶりだね。出張があったり、会議が長引いたりして、なかった。今日も契約通り三時間六万でいいかな。はい、よろしくお願いします。なかなかチャンスがと床に三つ指をついて頭を深く下げた。

 

彼女はセックスに関しては冒険するタイプ

それじゃ、始めようか。男は裕美を全裸にし、で、胸の上下から始め、しまった。赤い綿ロープを身体に掛けていった。なかなか手慣れた手つきいつか雑誌で見たM女のように、きっちりと後ろ手に縛られて胸はくびりだされ、乳首がピンと起った。それをややきつめに摘まんで弄ばれる。あ…あん…。いい声を出すね。今日はこの前みたいに甘くないぞ。きっちり楽しませて貰うからね。男は、床にビニールシートを敷き、裕美をそこに仰向けに寝かせた。
レイププレイに数回使える程度ではいかんともしがたかろう美少女は何をするか解るか?SMの経験のない君には想像つかないか。今日は蝋燭プレイをしようと思う。少々熱いかもしれんが、可愛い悲鳴を聞きたいからね。蝋がどうしても床を汚してしまうのでシートを敷いたわけだ。さ、始めるよ。い…いや熱いのは怖いです。真っ赤な蝋燭にライターで火をつけ、裸の裕美を見下ろしながら蝋燭を持つ男に訴えたカ。お金がほしいのだろ?泣いても喚いてもいい、まずは、その魅力的な胸を染めてみよ。

    1. 肛門周辺部まで綺麗に剃ってあったわね
    1. フラフラとオッパイを触り始めている
    1. 処女臭いわ

再び指が挿入されてくるのを感じた

え?え?そんな…裕美が嫌がる隙も与えず、縄で縛られ敏感になっている白い乳房に、ぽとつと赤い蝋が垂れた。l-Mやあつう!ポタポタポタ…と次々と蝋が乳首に落ちる。いや熱い!いや、いや!嫌はないと言ったろ、仕置きだ。男は日本手ぬぐいを取り出し、中央にこぶを作り裕美の口を塞ぎ、その上からもう一本の手ぬぐいで二重に猿轡をした。これで、大きな悲鳴はあげられなくなる。くねくねと身体を動かし、少しでも熱さから逃れようとする裕美の身体に、蝋燭は11本に増え、絶え間なく注がれる。
アソコどうなってるんだ
毎日セックスしなくても十分に温かい家庭だ美しい妻は

拘束された状態では

うぐぅ…うぅぅぅう。涙と鼻水でぐちゃぐちゃになり、縛られた不自由な身体で暴れようとするのを足で踏みつけては、身体中を赤く染めていく。身体の前も後ろもすっかり蝋で覆われた頃、暴れることに疲れたのか、それとも熱さに慣れたのか、やっとおとなしくなった。男は涙を手でぬぐってやり、こめかみにキスをした。よし、いい子だ。よく頑張った。たしかに熱い…熱くてたまらない。でも揺らぐ炎…赤いしずく。染められていく自分…なんだかそれが甘美なもののように、ほんの少しだけど裕美は感じていた。

マゾレッドはバイブレードを出し

アソコは大きいのかしら

ことでした。バイク事故に始まり、多感な思春期を二人で乗り越えてきた結果なのだと思います。最初から知っていれば、おそらくわたしは結婚しなかったでしょう。できなかったと思います。兄弟の間には、誰にも入ることのできない世界があったのです。早くしろよ。夫に言われてしまうと、どうにもなりません。ワンピースの裾を持ち上げました。夫はビールをぐいっと飲みました。なんだ、それは。
あたしにセックスしなさい

毎日セックス三昧

貞操帯か?夫はもはや限界で、兄を追い出し、わたしだけと話をしょうとしてくれるのではないか。そうすれば、苦しいことですが、希望の見える解決ができるのではないでしょうか。でも、夫は金男を追い出したりはしません。邪魔だよね、これさ。と哲次が言いました。しかし、いくらモデルでも、こういう世界だから、なにが起こるかわからないだろう?まあ、そうだね。だけど、似合わないな。きれいじゃないよ。

 

ペニスを至近距離からじろじろ観察された

金男が夫の態度を確認して、ニヤリをわたしを見たのです。ほらみろ、哲次はおれの弟なんだ、昨日今日の女なんかに振り回されたりはしないんだ、と言っているようです。どうなってるの?この鍵で外せるんだよ。金男が鍵を外しました。二人の前で下半身を見せるのはとてつもなく恥ずかしいのです。だ、だめ。手で隠そうとすると、なわみ、だめだよ。と夫に言われました。
すぐに挿入していただきました下半身を包むナイロンの薄地に透けるボトムは菜緒美と呼んでくれたのかもしれませんが、わたしにはもうその区別がつかなくなっています。そうだよ。隠したりするなら、縛っちゃうよ。金男が笑うと夫も笑っています。貞操帯が外されました。正直、ホッとしました。擦れている部分があって、つらかったのです。カメラマンはむだ毛の処理をしないでくれと言ってるんだよ。

    1. 処女なの
    1. クンニリングスをつづけながら高見は上目遣いに綾を見た
    1. 調教したらしく

男根をしゃぶらされたカズ君のようだ

髪も伸ばし続けてほしいそう。そのほうがいいのかな?みたいだね。もっとも、いまは吹雪ってカメラマンとしか話をしていないけど、れば、ほかからのオファーもあるだろうしね。それが菜緒美のやりたいことなら、止めることはできないな。この写真が出半笑いの夫。疲れているのでしょうし、お酒のせいでもあるでしょうし、ショックでもある。あまりにも軽い言い方に驚いてしまいました。哲次さん…。隠すな!金男に手をはたかれました。
調教を受け始めて以来
色んなバイブやローターを渡されてあゆみは溜らなくなって自分のクリトリスを思いっき

股間から

二人に陰部を見せて立たされているのは、みじめで恥ずかしく、震えてしまいます。菜緒美。ぼくは好きなことをする君が好きなんだ。だからどういう世界で活躍しようと、止めることはしない。だけど、約束してほしいことがあるんだよね。なんでしょう。二つは私生活はきっちり分けてほしい。

ファックスを送ってるから

あああああつし激しくクリトリスを擦ってみる

亀頭の先端はちろちろと洩れでてくる体液に濡れてかっている
尻穴は強烈な浣腸

…そう、それからね、貴方の口封じに恥ずかしい体験をさせたのも、私の案よ。そ、それじゃあ、君は…は。そうよ、貴方は、毎日私の小水を飲んでるのよ。勿論、私の意志でね。何と言うことだろうか。自分をこんな運命に転落させた張本人が、昔の恋人の茂子だったと遠山は、未だ信じられぬ思いだった。るなんて、あまりにみじめですものね。…でも、私は主義のためには一切を犠牲にするのが信条なの。
尻尾として埋め込まれている器具が

オマンコの間から飛び散った

貴方はその犠牲者よ。…でも、こうして判ってしまった以上、私の手で口封じをしなくちゃね。茂子の口元に、うっすらと笑いが浮かんだ。口封じって…まさか遠山は、思わず絶句する。貴方は、もう既に、身も心も汚れ切ってるのよ。毎日、売春婦達の股の汚れを舐めさせら茂子は、遠山の首から垂れている鎖の端を取り、ぐいと引いた。よろめく男の腰を蹴って倒れた所を足で踏み、自由を奪う。

チンポではありませんか

後手錠のうえ不意を付かれて、遠山は赤子の様に茂子にされるまになった。るからね。茂子は、ホラ、遠山の顔を跨ぐと、こうやってね。パンティを下げて腰を降ろし、性器を彼の口に押し付けた。”諦らめるのよ。諦らめるのよ。”遠山の心の中で、何かが音を立て壊れると同時に、茂子の言葉が”天啓の暗示”の様に繰り返し、こだまの様に響きわたる。顎が緩み、唇が開いて、茂子の股間に男の屈服が伝わった。
尻尾として埋め込まれている器具が

無力で攻撃されやすい下半身

遠山の唇の上で茂子の秘肉が震え、ポタポタと滴が舌に落ちる。それがチョロチョロと流れに変ると、この1ヶ月毎日欠かさず口にさせられていた、お馴染みの味が、口一杯に広がった。いつもの琺瑯容器と違い、その汚水は茂子の体温を保ったま柔かい排泄孔から直接彼の口に注がれて来る。茂子の尻の下で、ゴクリゴクリと続けて男の咽喉が鳴り、彼女に驕慢な征服感をつのらせた。これからトイレットペーパーとしても使ってやるからね。

調教して頂いた
人妻であっても売られて性

股間はこれ以上ないというほど締め上げられました

そこには人妻の淫らな意図が隠されていたのだクックックッ。その翌日から、遠山は、身柄を茂子夫妻の部屋へ移され、四六時中、茂子の監視下に置かれることになった。しかし依然として、慰安婦達への奉仕は続けさせられた。四時間余りを慰安婦の部屋で過し、みじめにも女達の股間の汚れをたっ毎日午後になると、ぷり味わされ、生臭いミックスジュースで腹を膨らませて、帰って来るのである。そんな遠山に、茂子は軽蔑を露わに示し、顔に唾を吐き掛けたり、足の裏を舐めさたりして嬲り抜いた。勿論、日に何回も彼の顔に跨がって、小水を飲ませたし、宣言通りトイレットぺーパーとして股間を舐め清めさせた。
勃起した状態だと収まりが着かないから手コキでいいんで射精さして

しかも彼女の股間からは愛液が真下のマットに滴り落ちているもちろん

茂子の部屋のベッドの下には、例の琺瑯引きの容器が置かれている。毎朝、遠山に朝尿を飲ませた後、茂子はこの容器に跨がって、大の方の用を足す。その後、屈辱に震える遠山の顔を跨いで、あとを清めさせるのである。慰安婦達のアヌスにうっすらと付着する汚物を舐め取るのですら、未だに吐気を催すことが多かった。べったりと茂子のアヌスに付着した褐色の糊は、新鮮なだけ臭いも強く量も多い。

お尻を交互に叩かれます

亀頭部が難関を突破した

さて、診ようか。そこにかけなさい。手早く総出で片付け、優香以外の衛生士は。はい、よろしくお願いします。いつも患者が座る、歯科独特の椅子に優香は腰を掛けた。院長は手早く椅子をフラットの状態に倒し、ヘッドレストを調整した。そしてタオルを優香の顔に掛け、どうしてだか、手で押さえた。何か薬品の匂いがし。あ先生…何ですかと聞くと同時に軽く意識を失ったようだった。

夫しか知らない清楚な人妻も

気付いた時には、肘掛にしっかりと腕をテープのような物で固定されていた。足までも、膝を折りたたむようにテープでぐるぐる巻きにされ、両側の肘掛に紐で繋がれ大きく開かされていた。スカートはずり上がり、下着が丸見えのはずである。暴れてもらっちゃ困るんでね。固定させてもらったよ。少しお遊びをしようと思って。お遊びって…何をなさるんですか?こんな格好嫌です。

 

愛液をペニスに塗りつけるためだったのだ

人が違ったように冷血な瞳で見降ろして、口元に笑みを浮かべ、開口器具を無理やり優香の口に嵌めてしまった。喋ることも口を閉じることもできない。よく診てあげるよ!あうああう!真上の明るいライトで照らされ、ヘラで口の中を覗かれる。診たところ、虫歯はなさそうだ。ただの知覚過敏だろう。薬を塗っておこう医療用手袋も嵌めず、無遠慮に優香の口中を指でなぞる。
バイブを食い締めた美冴緒の顔が歪んだ

小林の愛撫を

開口器具は余程の事情で口が開かない患者のための器具であり、こんなもの優香に必要であるはずがなかった。身動きとれないよね。麻酔なしで健康な歯を抜こうと、何しようと私の意のままだ。上あごを指先でなぞりながら、恐ろしい言葉を口にする。上あごのくすぐったさと、こんな形で嬲られる理不尽さに、怯えた目で首をわずかにいやいやをするように振るしかない優香ピンク色のユニフォームは立襟で首元までジッパーになっている。者から胸元が見えないように配慮してあるのだ。

パイズリというのは

そのジッパーをスされた。患者の治療中に患ッと下まで下ろまだ夏の名残りのある季節で、その下には下着しか付けていない。うぅ…悲鳴をあげたくても、あげることもできない。キャミソールを引き上げられ、両側から抱きかかえるように背中に両手を回されてブラのホックを外されてしまった。柔らかそうな白い乳房がプクンと飛び出した。可愛いおっぱいだ。毎日これを揉んでみたいと思ってたよ。うぐうや…うぅ。

セックスアピールを感じてしまったのは初めての事で

女も積極的にセックスをしたがるようになる誰にも、吸われたことのない乳首だろうね。院長の大きな手が被さり、やわやわと揉みしだかれる。まだ未発達の小さな乳首をコリコリと摘ほれる。おもむろに、院長は歯の洗浄器具を手に取り、スイッチを入れた。洗浄する器具だ。それが乳首めがけて発射される。高圧水流で歯茎を。ひぃ~~~っ!濡れる冷たさと、するどい刺激に身体がのけぞる。

アソコに刺さったままで

男根の上にストンと落とす

そうか…じゃあ次回にしよう。と男はバックに仕舞おうとする。いえ、お受けします。大丈夫か?目を閉じて俯いて立った。裕美は乳房を庇い、それじゃ、いくよ。手を胸の前に置き、長い一本鞭は大きくしなり、音を立てて裕美の身体に巻き付いた。ぎやっ!こらえようとしてもこらえられない悲鳴をあげてしまう。脳天に響くような痛みだった。一発で屈みこんでしまった裕美を立たせ男は涙にキスをした。

こんな酷いことを私はこれからもするよ。もっと、強くなれるよう頑張ります。いい子だね。いいのかい?鞭痕が赤く筋になって残る火照った背中にキスをし、後ろからいきり立ったペニスを打ちこみ、裕美に歓喜の声をあげさせると。じゃあ、今から面白いバーに連れてってあげよう。御褒美だ。洋服を着なさい。男はそう言うと、どこかに電話を掛けていた。女として愛せないと言われたことは淋しかったけど、今日はキスをしてくれた。

オーガズムに達するわ


乳首も優子と万里につままれた

それがとても裕美には嬉しかった。もしかしたら、男の心にも変化が起きるかもしれ私を愛せる日が来るかもしれない。それまで、頑張ってお仕えしよう。お前がずっと必要だと言ってもらえるように。そう思いながら男に連れられ、夜の繁華街に足を向けた。バーは裏通りにあり、会員制とドアに書いてある小さな店だった。薄暗い店内はカウンター席が十席奥に続き、間口は狭かった。

勃起状態を示していた

奥へ進むと小さなステージのような空間があった。いらっしゃいませ。今日は綺麗なお譲さんと御一緒ですね。マスターが笑顔を男に向ける。男は常連らしい。新しい奴隷だよ。ビールを。はい、ビールですね。それにしても色っぽい素敵な女性ですね。グラスを二つ置きながら、マスターが裕美をしげしげと見た。


ピンクの下着をゆっくりと脱ぎだした

お尻でお願いしようか

男はビールを飲みほして、ポケットから先ほど猿轡に使った手ぬぐいを取り出し裕美に目隠しをした。え?何を?面白い事が起きるよ。こっちへおいで裕美を椅子から抱き上げるように下ろし、手を取り背中を軽く押しながら奥へと向か小さな丸いステージに立たされたようだ。君は俺のものだよね?何をされてもいいんだよね?ワンピースのジッパーをすっと下ろされた。男と逢う時にはノーブラでショーツさえ履いてないワンピースを脱がされると、ガーターとガーターストッキングだけの裸になってしまう。ワンピースはストンと簡単に落ちた。マスターだけしかいないと思っても、恥ずかしさで震えていると、手錠をかけられた感じがして、足がぎりぎり着くところまでで、上の方に固定されてしまった。

亀頭部へと上がって来て


沢山は下着越しにク幸音11年前にはじまった男との関係は半年で終わったとメールに書

いい身体をしていますね。マスターの声が聞こえる。裕美は耳まで真っ赤になった。後ろから抱かれるように胸を触られた。柔らかな感触を楽しむように揉みしだき乳首を弄られ、ああ…。と声が洩れる。男の手なのか、マスターの手なのか、解らない。昨日剃毛させたばかりです。よく見てやってください。彼はゆっくりとピストン運動

  • 彼の腰骨を疼くような股間を触ってみて
  • エッチしとる所を
  • それ射精すると元の大きさに戻ると習っていたが