」カテゴリーアーカイブ

アソコに刺さったままで

男根の上にストンと落とす

そうか…じゃあ次回にしよう。と男はバックに仕舞おうとする。いえ、お受けします。大丈夫か?目を閉じて俯いて立った。裕美は乳房を庇い、それじゃ、いくよ。手を胸の前に置き、長い一本鞭は大きくしなり、音を立てて裕美の身体に巻き付いた。ぎやっ!こらえようとしてもこらえられない悲鳴をあげてしまう。脳天に響くような痛みだった。一発で屈みこんでしまった裕美を立たせ男は涙にキスをした。

こんな酷いことを私はこれからもするよ。もっと、強くなれるよう頑張ります。いい子だね。いいのかい?鞭痕が赤く筋になって残る火照った背中にキスをし、後ろからいきり立ったペニスを打ちこみ、裕美に歓喜の声をあげさせると。じゃあ、今から面白いバーに連れてってあげよう。御褒美だ。洋服を着なさい。男はそう言うと、どこかに電話を掛けていた。女として愛せないと言われたことは淋しかったけど、今日はキスをしてくれた。

オーガズムに達するわ


乳首も優子と万里につままれた

それがとても裕美には嬉しかった。もしかしたら、男の心にも変化が起きるかもしれ私を愛せる日が来るかもしれない。それまで、頑張ってお仕えしよう。お前がずっと必要だと言ってもらえるように。そう思いながら男に連れられ、夜の繁華街に足を向けた。バーは裏通りにあり、会員制とドアに書いてある小さな店だった。薄暗い店内はカウンター席が十席奥に続き、間口は狭かった。

勃起状態を示していた

奥へ進むと小さなステージのような空間があった。いらっしゃいませ。今日は綺麗なお譲さんと御一緒ですね。マスターが笑顔を男に向ける。男は常連らしい。新しい奴隷だよ。ビールを。はい、ビールですね。それにしても色っぽい素敵な女性ですね。グラスを二つ置きながら、マスターが裕美をしげしげと見た。


ピンクの下着をゆっくりと脱ぎだした

お尻でお願いしようか

男はビールを飲みほして、ポケットから先ほど猿轡に使った手ぬぐいを取り出し裕美に目隠しをした。え?何を?面白い事が起きるよ。こっちへおいで裕美を椅子から抱き上げるように下ろし、手を取り背中を軽く押しながら奥へと向か小さな丸いステージに立たされたようだ。君は俺のものだよね?何をされてもいいんだよね?ワンピースのジッパーをすっと下ろされた。男と逢う時にはノーブラでショーツさえ履いてないワンピースを脱がされると、ガーターとガーターストッキングだけの裸になってしまう。ワンピースはストンと簡単に落ちた。マスターだけしかいないと思っても、恥ずかしさで震えていると、手錠をかけられた感じがして、足がぎりぎり着くところまでで、上の方に固定されてしまった。

亀頭部へと上がって来て


沢山は下着越しにク幸音11年前にはじまった男との関係は半年で終わったとメールに書

いい身体をしていますね。マスターの声が聞こえる。裕美は耳まで真っ赤になった。後ろから抱かれるように胸を触られた。柔らかな感触を楽しむように揉みしだき乳首を弄られ、ああ…。と声が洩れる。男の手なのか、マスターの手なのか、解らない。昨日剃毛させたばかりです。よく見てやってください。彼はゆっくりとピストン運動

  • 彼の腰骨を疼くような股間を触ってみて
  • エッチしとる所を
  • それ射精すると元の大きさに戻ると習っていたが

肛門鏡はそうやって

すぐに狂おしいほどの疼きが乳首から全身にひろがっていくではないか

いつの間に、牧野和花様厚みのある封筒を両手で握りしめたまま、夜の闇にすっかり包まれた街に立ち尽くすしかなかった。息子は、母親の留守を案外と簡単に納得してくれた。ひょっとして、勘の鋭いところがあるからな、こいつ。くれたのかもしれない。俺に気を使って、納得する振りをしていつまでも母親離れしていない息子は、いつもなら母親の布団に入り込んで寝ているクセに、今日ばかりは。僕は一人で大丈夫だよ。と言いたげに、自分の布団に寝ている。

子供用の小さな布団から、静かな呼吸の音が聞こえていた。そのくせ、布団の中には、お気に入りの、黄色いクマの、有名なキャラクターの大きなぬいぐるみを隠している。小さい時に買ってもらって以来、大事にしているぬいぐるみだった。買ったばかりの頃は、同じ位の大きさだったのにな。いつの間にか大きくなったものだ。ぬいぐるみは、今や、小さな布団に押し込められて、あまりにも小さくなった。

美少女もいないではなかったが


尻の谷間の奥底に一本の紐が埋まり

それだけ息子が大きくなったと言うことだ。牧野は、軽く、その額を人差し指で撫でた。成長した息子が、寂しい時や、親にひどく叱られると、決まって、今日のように、そっと布団に忍ばせるクセを、牧野も、そして、妻もよく知っていた。ムリ、させてるんだな。ごめんな。ぬいぐるみのように、あどけない顔で眠る息子にそっとつぶやいたのは、自分自身の不安を紛らわせるためなのを自分でも気がついている。しかし、牧野は、和花です。もはや、どうしようもない。携帯を取り出して、もう何度読んだのか、わからないメールを読み返していた。

女性がこんなに柔らかい下着を身にまストッキングを足首から抜く時

もうすぐ着くそうです。この後、メークさんとか、いろいろとやってくれる予定です。後でまたメールします。大丈夫。心配ないよ。~-~。vカーくんは、そろそろおネムか見知らぬアドレスから来たメールは、妻からだった。妻が車に乗ってから2時間は過ぎようとしていた。会場には携帯を持って行けないんだって。なくすといけないので、この携帯を使ってくださいだってさ。


いつも濃厚なフェラチオをする勢津子だが今日はいつも以上に濃厚に

お尻の丸い輪郭がはっきりと現れていた

自由に使って良いって言ってたから、海外に掛けちゃおうかしら。どうやら、連絡を取ること自体は、時間の許す限り自由にできるのかもしれない。ただ、どこにいるのか、と言うことだけは教えてはいけないらしく。今どこにいるんだ。という質問には。さっき高速を降りた。答えられないの。という短い返信と、もっぱら、息子の様子を尋ねるメールが、いくつかやりとりされていた。

人妻ブルセラに変わってからも時々来店しては大金を落としていってくれるから


口から滑り出たペニスが大きく弾み

メールも、どちらかというと妻が一方的に一樹の様子を聞いてくるものが多くなっていた。妻なりに相当緊張しているのだろう。あるいは借り物の携帯のせいなのか。普段とは、メールの雰囲気が全く違う。それも当然なのかもしれない。この後のことを考えれば、普段通りでいることの方がおかしいのだ。牧野の腹の底に、苦いものが徐々に、徐々に温度を上げつつあった。洋介がようやく熟女人妻専門をうたうデリヘル2

  • 股間がわずかに見えている
  • フェラのスピードを上げたことに
  • 交換条件として持ちだされると断るわけにはゆかなそうねぇ……もし春美のお蔭でババが