尻穴で締めてしまう結び玉の方がむしろ気持ち良くなってしまいました

私のお尻の谷間を伝って流れ落ちるのを感じられます

バイブプレイだなんて
一人の主が複数の奴隷を所有するのは

そうだ。卑怯な連中だ。そんなヤツらに捕まった妻を、しまった。証拠だ、逮捕だ、なんてイラネーんだよ。オレは刑事として、助けようとして開けた目が、ギラリと野獣のような光を帯びている。男として、自分が守るべき人を守るため、法律だ、正義だなんて、たんだ。な、そうだろ?ひいすみません、すみません、すみません。きれい事を忘れるべきだっ目を開けて放たれた最後の一言は、リキの足下で、縮こまっている男に向けられていた。
奴隷としての自分に課せられている

乳首を絞り出すように

目に涙を浮かべる松本は、震える身体を丸めるようにして土下座する。悪鬼のごときリキの怒りの視線に曝されるなら、蛇の前のカエルの方が、まだ気が楽だった。に違いない。手錠を外されいても、松本は逃げる気配も見せなかった。いや、逃げようとした瞬間に殺されると思わせてしまう、リキの憤怒のエネルギーが満ちていたのだ。リキがおもむろに脚を上げた。土下座する、松本の掌をグッと踏んづける。

桜色の膣口に舌先を伸ばすと

動かぬように固定した右手の指に、木刀の先端が、体重を込めて垂直振り下ろされたのだ。ボスツ。ボキボキ。ぎやつ!鈍い音と、乾いた音が同時に響いた。木刀の先端は畳にめり込んでいる。破って飛び出していた。オマエが、将来ピアニストを目指してるんでないといいがな。白い骨は皮膚をもちろん、ピアノなんてどうでも良い。
オマンコが擦りつけられ

このまま次のセックスに続けられそうだった

それどころか、あり得ない角度で、折れた骨が飛び出している様子から、生涯、右手がまともに動くようになるとも思えない。ニヤリと笑うリキの頬に、殺気がまとわりついていた。破壊の神、シヴァ神のごとく立ち尽くすリキに、松本は、激痛と恐怖で、声も出ない。これで、ピアノは弾けなくなった。おめでとさん。にやりと笑ってから、骨が突き出した手をギュッと踏みつけた。

明日まで存分にお楽しみくださいませ第一奴隷 康子第二奴隷 春美
愛の上半身側にはポコスケが座り両手で愛の乳首を攻め

拘束された美樹を照らし出している

そして再び濃いピンクに色づいた乳首をヌルヌルと刺激しはじめ滑りがよくなった効果はぎやつ!激痛が凄すぎて、声を出せないほどなのだ。なあ、オマエが、ちゃんと喋ったら、命だけは助けてやる。うが、うがああ痛みに、松本は苦悶の表情だ。脂汗がにじむ。どうする、こっちの手もか?一度上げた脚で、左手を、グッと踏みつける。あ、あう、や、やめてくれ、いや、やめて、ください。
動画アニメ

肛門こう志摩子は意地悪そうに

お願いします。助けて、ね、ね、やめて、お願い。喋る、何でも喋るから…頼みます。おもねろうとする態度がありありと見え、横で見ている牧野には、いっそ、意地汚なさばかリが感じられてしまう。じゃあ、聞いてやろうか。もはや意気地というものを全て捨てた松本は、聞かれないことまで、いくらでも喋った。リキは、聞きたいことを聞き出すのに手間を掛けなかったのだ。それから、5分と経たずに、聞きたいことのあらかたを聞き出すと、に、松本に命じた。