勃起した状態だと収まりが着かないから手コキでいいんで射精さして

鞭で傷ついた尻タブで体を支えるのですおそるおそるスプーンでいただきます手が震えま

何という趣味の悪い幻覚でしょう。2人ともゴテゴテと派手に着飾っている。いつもの服を脱ぎ捨てて、一糸まとわぬ全裸でした。お母さん。の脂肪にダブついた三段腹や醜く垂れ下がった乳房、そして。お父さん。の枯れ枝のような骨と皮だけの股間に唯1つ元気そうなペニスが目に入った時、私はこのおぞましい幻覚を消し去ろうと固く目を閉じました。ピシャリツ!目を閉じるんじゃないよ、このアマツ!激しい口調で猛烈なビンタを見舞われた私は、その痛みで現実に引き戻この痛みは決して幻覚なんかではありまされ、恐る恐る目を開けました。あり得ない現実の前に私の頭の中では、さっき聞こえた2人の会話が断片的に蘇って来ます。
痴漢に責められ

また小峰の肉棒が押しこまれていた

雅之さんが、私を捨てた…そんな、バカなこでも自分の置かれた状況をよく考える時間も私には与えられませんでした。お母さん。お父さん。の手が伸びて、私の恐ろしい程ピンとそそり立てていた乳首を軽く摘んで来たのです。んんんんっっっ!ホンの一寸の刺激なのに、私はおっぱいをその指に擦り付けるように突き出してガクガクと揺さぶり、強烈な悲鳴をくぐもらせてしまうのをどうしようもありませんでした。まるで壊れた蛇口のように、ソコから奔流のように積もり積もった快感が流れ出し、連動してアソコからドクドクととめどなくえっちな液体が溢れ出て来るのを感じました。何だい、そのガッツいたような反応はっ!分を出してしまうのかい、恥をお知りっ!

 

セックス自体はそんなに好きではないし性欲もないから

憎い私に体を触られても気。まあまあ。もうこの人は私達の物になったんだ、せてやろうじゃないか。タップリいい思いをさ雅之さんが私を捨てたし、ご両親に私を譲り渡した!?淡々と落ち着いた。お父さん。の言葉の方が私には大きなショックでした。私は物じゃないのに、一体どうしようと言うのでしょう。もう、こんな物は必要ないね。タップリいい声を聞かせておくれ、美咲さん。
洋介がようやく熟女人妻専門をうたうデリヘル2セックスに突入していたさんざん私に屈辱を味わわせた口枷が外され、ボールを吐き出すと同時に私の顔に大量の涎が流れ落ちましたが、まともな言葉は何一つしゃべる。ことの出来ない状態でした。それからすぐに左右に別れた2人の手指がおっぱいに掛かると、後はどうしようもなく出てしまうえっちなよがり泣きを盛大に聞かせてしまう羽目になりました。お母さん。お父さん。におっぱいを揉まれ始めると、もう本当にトロけるような心地良さで私は何も考えることも出来ないくらい感じ入ってしまいました。もちろん薬でウズウズしていたからというのもありますが、たぶんそうでなくても、アンアンとえっちな声を張りながら2人の手に膨らみを押し当てるようなはしたない反応をしてしまっただろうと思います。それくらい年期の入った2人のテクニックも素晴らしかったですし、何より左右の乳房を違う感触と技巧の手に愛撫されるという贅沢さが私には応えました。

    1. だいぶエッチにも協力的だしなあ
    1. ファックは日本黒人の
    1. 浩介は亜希子との情熱的なセックスがどうしても忘れられ来週

男根をこれみよがしに

決して力を入れずにヤワヤワとソフトタッチの膨らみの揉み方や、指でクリクリと乳首を弄り回して来るやり方など、せっかちな雅之さんには期待出来ない上手な愛撫を、左右の乳房に別々の手で味わわせてもらうなんて…信じられない事に、私は主人の両親におっぱいを揉まれるだけで、恥を晒しそうになっていたのです。ところが、そこでなぜか2人の愛撫はピタリと止まってしまいました。ふふふ、イキそうだったのかい?夫の親におっぱいを揉まれて気をやるなんて、呆れたどスケベだねぇ私は。お母さん。の辛辣な言葉に唇をキッと噛み締めますが、胸の膨らみに被せられたままの2人の手があるだけで、正常な理性は働きませんもっと、もっとちゃんとして!私をイカせて頭の中ではそうとしか考えられませんでした。言葉に私は慄然としてしまいました。が、続く。
尻穴で締めてしまう結び玉の方がむしろ気持ち良くなってしまいました
さっそく憧れの熟女のヌードを

自分から尻を突き出して

お父さん。美咲さん、あなたはこれから私達の奴隷になるのですよ。かったら、ご主人様、イカせて下さい、と言いなさい。イカせて欲しそんな言葉、言えるはずがないではありませんか!私が困っていると2人は又ゆっくりともどかしいくらい丁寧な愛撫を再開して来ました。ああ、何と言うことでしょう。さっきよりも気持ち良くなる一方なのです。すぐに追い詰められた私でしたが、その気配を察するとおっぱいの愛撫はピタリと止まってしまうのです。