ずりずりと巨大な肉棒を私の肛門に出し入れさせる」タグアーカイブ

ペニスは2回りくらい太く成長していたが

股間に嫌らしく喰い込ませるように密着させて装着しながらそんな事を言います

紺野をあきらめたとは言え、やはり紺野が彼女をかわいがっているというのが手に取るように見えてしまうと、佳代子はいてもたってもいられな力一。俺も、何人も年上の部下を使う身だ。仕事をする上で、年齢がであるということはひとつの要素になろうとも、絶対的な要素でもなんでもない。だいたいお前がガタガタ言うほど彼女はお前のことを意識してないだろう彼女の言動に我慢が出来なくなってこと。女性同士の和が乱れてますから、部長からもひと言言ってくださいよ。若くして既に部長という役職になっていた紺野につい言ってしまった佳代子に、驚くほど冷たい目の紺野が言ったのだった。

下着を履かせた

仕事を辞して専業主婦となった佳代子に待っていたものは、屈と虚脱感だった。壮大なる退そうして、ひとりで居る昼間の時間がもたらしたのは、自分の性欲と向き合う時間。気が付くとマゾという自分の性癖を意識してしまうような行動をしているのだった。辞めてひと月も経つと、家事をしている時間と睡眠時間以外、の時間をコンピューターの前で過ごすようになった。その大半その手の書籍やビデオなどを買うことがままならなくとも、インタネットにはそれをはるかに凌ぐ文字と写真、そしてネット上での他人との交流という刺激が満ちあふれていた。

 

静香はそのままクリトリスを刺激しつづけた

しのそれは佳代子にとって、全く新しい世界と、マゾであると告白しただけで、たくさんのサディストを自称する男からの賞賛の言葉が与えられる。といううっとりするほど魅惑的な世界だった。しかし、それだけで満足するには佳代子の肉体はマゾとしてその時既に。を積みすぎていた。五池袋駅の北口。待ち合わせに指定された場所は、出口のすぐ前にある。エンペラー。という名の喫茶店だった。指定された時間より三十分ほど早く到着したため、しまうか躊躇ったが、思いのほか風の強い外は寒い。
ペニスの型取りをした時は

チンポだけじゃ物足りないのでキンタマも食べさせてくださいってな

店内にすぐに入ってためら自動扉が横に開く瞬間、自らを励ますように背筋を伸ばした佳代子にそれまで俯いて座っていた数人の女性客が、顔をあげて視線を投げかけてきた。いらっしゃいませ。うつむ銀色のトレイを左手で胸元に持った初老の男性店員が、寄ってくる。あの、禁煙席は。ゆったりと歩みついそう言いたくなるほどに、店の中はタバコの匂いが充満していた。申し訳ございませんが、当店には禁煙席のご用意はございません。仕方がなく、空いている窓側の席に案内をしてもらう。

乳首露出の黒ブラに包まれた豊乳が貢の眼前でゆさゆさと揺れている

待ち合わせの時間にもう一度入り直そうかと思ったが、さっと見渡した店内に空いている。席はたったのふたつ。次に入ってきた時に満席だったらどうしよう、と佳代子は思ったのだっ男にミルクティをオーダーすると、もう一度店内全体を見渡してみる。全部で十五あまりの対面四人がけのテーブル席。ターのような席は佳代子はここに、面接を受けるためにやってきた。実際にここで面接をされるのか、それとも別の場所に行くための単なる。待ち合わせ場所なのかはわからない。そして、見て取れたのはどうやらほぼ全ての席の客がそういう目的で座っているのだということだ。

ひざまずいて下向きになった乳首をつまみ

あまりにも甘美な射精だった女性対女性、女性対男性、相手の到着を待っている女性。まだ少女のような娘も居れば、いかにも水商売のお姉さんといった雰囲気の女性もいる。ゆったりとコーヒーブレイクを楽しんでいるという、人間がひとりもいないのだった。くつろいだ様子の佳代子がそのサイトを見つけたのは本当に偶然だった。いつも使っていたチャットと呼ばれる、パソコンの上で文字を使った会たど話をするサイトから、リンクを辿っている時にいきなり行き着いたのだっ。