フェラがはじまる」タグアーカイブ

レイププレイに数回使える程度ではいかんともしがたかろう

硬くなったクリトリスを指先だけ見つけると

喰らえ、理紗先生っ!理紗の体内で、亀頭がはじけた。大量の精液が、膣の最奥へぶちまけられる。射精の圧力に押されたように、理紗の手足がピンと伸びた。イクつ!ああ、イクううっ!先生っ、わたしも、わたしもっ!イッちゃいますうし泉美も、凌辱する指をちぎる勢いで食い締め、四肢をつっぱらせた。11人の身体の下で、机がさらに大きく揺れて、バランスが崩れた。倒壊する机の舞台の上から、絶頂を極めた女教師と女生徒が投げ出される。

唇からペニスをはずすなり

イックううううううううううううううううつっ!!イッちゃうっ!!叫びながら、理紗と泉美は床に落ちた。を新たな絶頂の高みへ押し上げる。あひおおっ、またイクっ!!きゃふぅぅっ、もっとイキますっ!!背中や肩を打った痛みが、二人ペニスと指の形に開いたままの二つの膣口から、新鮮な愛液がどっと噴き出す。自分たちの教室を汚してしまったことも、今は意識に上らない。

 

律動のたびに膣内へと引っ張りこまれる

床に横たわる理紗と泉美の顔の上に、亀頭が差し出された。が混じった滴が、二人の額や鼻に落ちる。精液と愛液理紗はひざまずき、亀頭に舌を這わせる。すぐに泉美も身体を起こし横から肉幹に唇をつけた。二人とも絶頂の余韻の中をふわふわと漂い、口で男のモノの汚れをぬぐうことに抵抗がなくなっている。ん、ふっ…あふ熱い吐息のデュエットに、ピチャペチャという濡れた音楽が伴った。
あゆみがオナニーしながら指を入れられているところだ

喫茶店でオナニーを見せた

男根の根本から鈴口まできれいになると、射精前の勢いも取りもどした。三人とも、もう一度イキたいだろう。今度は黒板に手をついて、尻を向け新たな命令にも、理紗と泉美は従順に応じた。二人ともに、自分の身体が次の快感への期待に疼いていることを痛感している。黒板の前に並んだ。銃殺を待つ囚人にも似た様子で、今度は、泉美くんに射精してやるぞ!泉美の尻が、意識しないまま大きく震えた。すかさず女生徒の股間に、肉棒が突き入れられる。

アナルに埋まったローターのアブない快感に悶々としているありささんだから

同時に、理紗の大きくふくらんだままのクリトリスが、喜四郎の右手の指でしごかれる。ふわああー入ってきますうーんああつし。ほおおうう!クリトリス、ちぎれるわーたまらひぃぃっ!新たな艶声が、暗い教室に何度も響いた。女教師の終着駅雲ひとつない青空が、白々しいほどにまぶしい。また日曜日が来たのだ、と空を見上げた理紗はなんとなく思い、左手に握る泉美の右手に力をこめた。理紗と泉美はなかよく手をつないで、また見知らぬ路線の半河駅という見知らぬホームに立っていた。

クリトリスを刺激した

肉棒の根元を指でつまんで扱いていくここもローカル線だ。ホームに11人と郎だけしかいないホームの上り線のほうを見れば、太平洋の青くきらめく海面が水平線までつづいている。下りのほうは、線路の向こう側がすぐに山の斜面だ。駅舎といえるものは、ひとつだけの改札にくっついた小屋だけしかない。ここは終日駅員無配置駅なんだ。と、喜四郎が専門用語で言った。周囲を見まわしても、人間が住んでいる痕跡は、上り線路と海岸の間に走るアスファルトの道路だけだった。