フェラチオを山崎に捧げて」タグアーカイブ

調教を受け始めて以来

奴隷なのでしょう

今から面白い画像送ってやっからよ。イヤッツ!!私は思わず大声を出してしまってから、ハッとしました。今の悲鳴は健に聞かれてしまったのではないでしょうか。え?今のはビデオの音だ。ちょっと待ちな、健一。マサトが受話器を手で塞いでシンジにお伺いを立てました。

どうしましょう?お姉ちゃん。言うことを聞くと、約束出来るんすか?約束するわっ!だから、お願いっ!じゃあ、マサトとタクロウにこう言うんすよ。私の、えっちなパンチラを見て、シコシコ、ドッピュン、たっぷり、出してね私は胸をどす黒く塗りつぶされてシンジの言葉を復唱させられる度に、行くような辛さを味わいました。絶対にシコシコドッピュンから目を離さないんすよ。こ、こんな気持ち悪いの、見なくちゃいけないのでっぷりと太ったタクロウはすっかり興奮した様子でハアハアとだらしなく舌を出しながら、脂肪の塊みたいな下半身から摘み出した嫌らしい肉を手でしごいていました。でももう少しも目を反らすことは出来ないので。

それから拷問と調教


お尻に

よし!マサト、健一に好きなエロ本も買って来いと言え。マサトは結局写メを送信することはせずにケイタイを切ってくれました。そして彼も又すぐに。せんずり。を再開して来たのです。私のすぐ前でかなりの至近距離から眺めるその淫猥な行為は目が潰れそうに嫌らしい代物でした。そして1級下で健一と同級の男の子たちが、私のえっちな姿をガン見しながら興奮も露におちんちんをしごいているのを見せられていると私はすごく胸がドキドキと高鳴り、体の奥からジュクジュクと熱いものが吹き上げて来るのを感じてしまいました。

フェラチオを山崎に捧げて

お姉ちゃん、トイレ借りて来るっすよ。せんずりってなよ。マサト、しっかり見張りながら。お、俺もう出そうっす!出たら、お姉ちゃんのアシに掛けてやれ。シンジが部屋を出て行くと、タクロウとマサトはもう夢中でおぞましいペニスをシコシコと擦っていました。--この子の、太い私は他の男の人を知らないのですが、目を離すことを許されない2人がおちんちんをシコシコしてるのを見ていて、どうしても見比べてしまいタクロウの方のサイズが大きいことにドキッとしてしまいました。-あんな大きいの、怖いなぜかなかなか手を出して来ない男の子たちですが、いずれはえっちされるのに違いありません。


お尻の穴もやられて

尻タボから頂点へ

まだ処女の私は、彼らのおちんちんを入れられてしまうんだと思うと、怯えてしまわずにはいられませんでした。なのに、まだまだ帰って来るはずがない健一に羞ずかしい写真を送りつけるぞと脅されると、その恐ろしい元気な2本のペニスから目を離させないのでした。ぅぁ、出るっす!ぼ、僕も!とうとう2人の男根が相次いで爆発を起こし、ピューッと凄い勢いの液まだはいていたソックスに掛かってしまいまし体が私の胸に飛んで来て、マジで、めちゃくちゃ気持ち良かったっす。お姉さん、ありがとうございました。ぼ、僕も、よ、良かったです。2人の男の子が妙に礼儀正しく頭を下げ、ザーメンで汚れてしまった。

奴隷がそれぞれ黒人


巨乳がどうのこうの

私はこの子達を憎み切れない気持ちが芽生えソックスを脱がせて来ると、てしまい愕然としました。な、何考えてるの!健一をイジめて、私をレイプしようとしている鬼畜のような子たちなのにそしてそんな気の迷いと同時に、急激に襲って来た体の異変にも、私は激しく狼狽してしまいました。それはパンチラと言うよりパンモロ状態になっている下腹部にやって来た差し込むような感覚です。いやー、どぼどぼションべ。出してスッキリしたっす!腹立たしくなるような大声でそんなことを言いながらシンジが戻って来ました。深夜のオナニーは徐々に変化していきました

  • 下着を着けたままオナるんや
  • 子宮まで満たされる快感
  • たちまち尻全体が断続的に跳ねあがった