レイプ」タグアーカイブ

調教を受け始めて以来

奴隷なのでしょう

今から面白い画像送ってやっからよ。イヤッツ!!私は思わず大声を出してしまってから、ハッとしました。今の悲鳴は健に聞かれてしまったのではないでしょうか。え?今のはビデオの音だ。ちょっと待ちな、健一。マサトが受話器を手で塞いでシンジにお伺いを立てました。

どうしましょう?お姉ちゃん。言うことを聞くと、約束出来るんすか?約束するわっ!だから、お願いっ!じゃあ、マサトとタクロウにこう言うんすよ。私の、えっちなパンチラを見て、シコシコ、ドッピュン、たっぷり、出してね私は胸をどす黒く塗りつぶされてシンジの言葉を復唱させられる度に、行くような辛さを味わいました。絶対にシコシコドッピュンから目を離さないんすよ。こ、こんな気持ち悪いの、見なくちゃいけないのでっぷりと太ったタクロウはすっかり興奮した様子でハアハアとだらしなく舌を出しながら、脂肪の塊みたいな下半身から摘み出した嫌らしい肉を手でしごいていました。でももう少しも目を反らすことは出来ないので。

それから拷問と調教


お尻に

よし!マサト、健一に好きなエロ本も買って来いと言え。マサトは結局写メを送信することはせずにケイタイを切ってくれました。そして彼も又すぐに。せんずり。を再開して来たのです。私のすぐ前でかなりの至近距離から眺めるその淫猥な行為は目が潰れそうに嫌らしい代物でした。そして1級下で健一と同級の男の子たちが、私のえっちな姿をガン見しながら興奮も露におちんちんをしごいているのを見せられていると私はすごく胸がドキドキと高鳴り、体の奥からジュクジュクと熱いものが吹き上げて来るのを感じてしまいました。

フェラチオを山崎に捧げて

お姉ちゃん、トイレ借りて来るっすよ。せんずりってなよ。マサト、しっかり見張りながら。お、俺もう出そうっす!出たら、お姉ちゃんのアシに掛けてやれ。シンジが部屋を出て行くと、タクロウとマサトはもう夢中でおぞましいペニスをシコシコと擦っていました。--この子の、太い私は他の男の人を知らないのですが、目を離すことを許されない2人がおちんちんをシコシコしてるのを見ていて、どうしても見比べてしまいタクロウの方のサイズが大きいことにドキッとしてしまいました。-あんな大きいの、怖いなぜかなかなか手を出して来ない男の子たちですが、いずれはえっちされるのに違いありません。


お尻の穴もやられて

尻タボから頂点へ

まだ処女の私は、彼らのおちんちんを入れられてしまうんだと思うと、怯えてしまわずにはいられませんでした。なのに、まだまだ帰って来るはずがない健一に羞ずかしい写真を送りつけるぞと脅されると、その恐ろしい元気な2本のペニスから目を離させないのでした。ぅぁ、出るっす!ぼ、僕も!とうとう2人の男根が相次いで爆発を起こし、ピューッと凄い勢いの液まだはいていたソックスに掛かってしまいまし体が私の胸に飛んで来て、マジで、めちゃくちゃ気持ち良かったっす。お姉さん、ありがとうございました。ぼ、僕も、よ、良かったです。2人の男の子が妙に礼儀正しく頭を下げ、ザーメンで汚れてしまった。

奴隷がそれぞれ黒人


巨乳がどうのこうの

私はこの子達を憎み切れない気持ちが芽生えソックスを脱がせて来ると、てしまい愕然としました。な、何考えてるの!健一をイジめて、私をレイプしようとしている鬼畜のような子たちなのにそしてそんな気の迷いと同時に、急激に襲って来た体の異変にも、私は激しく狼狽してしまいました。それはパンチラと言うよりパンモロ状態になっている下腹部にやって来た差し込むような感覚です。いやー、どぼどぼションべ。出してスッキリしたっす!腹立たしくなるような大声でそんなことを言いながらシンジが戻って来ました。深夜のオナニーは徐々に変化していきました

  • 下着を着けたままオナるんや
  • 子宮まで満たされる快感
  • たちまち尻全体が断続的に跳ねあがった

真奈美はさもうれしそうに股間に視線を注いでくる

子宮へとロウを垂らし続けます

自分の言葉とやろうとしている事とのギャップが大き過ぎて、人格を保つ事すら難しい気がした。そしてそんな俺を又しても恭子さんが救ってくれる。話題を変えてくれたのだ。あ、あのぅ、会長さん。大変区々しいんですが、て頂いてもよろしいですか?主人との事を相談させ。ああ、撮影が終わってからの事やね。
洋介がようやく熟女人妻専門をうたうデリヘル2

最高のチンポですぅ……

撮影を重ねるに連れて、恭子さんと俺はどんどん打ち解けて、かなりプライベートな話まで交わす仲になっていた。本番はしない、と言う奇妙な条件だが、それ以外はドギツイ無修正SMビデオで性調教するご主人様と奴隷女と言う関係を演じた仲なので、恭子さんは他の誰にも相談出来ないような夫との夜の生活の悩みまで打ち明けてくれていたのである。俺なりに整理した問題点は次の通りだ。夫の達也は年下でもあってとても気が弱く、夜の生活も恭子さんが完全に主導権を握っている。それはいいが、まだ子供が出来ないのが一番の悩み。おまけに昨年辺りから、夫が性交直前に萎えてしまう精神的インポに陥る事が多く、何とか挿入にこぎ着けても今度は中々膣内射精が果たせない、と言う問題点が浮上して来た。

 

射精準備の指示を出す

子供を切望している夫婦にとって、これは笑えない深刻な事態である。イヤイヤ、--もうそんな心配もいらんようになってまうんやがなだ何か打開策がある筈や、諦めるな!ま守男の思惑どおりになってしまえば、こんな夜の悩み事相談も無意味だ。なと思いつつ、俺は恭子さんにアドバイスを送る。諦めるな、と言う言葉は、実の所自分に向けたものでもあった。まだ2人とも全然若いんやさかい、諦めてはアカンで、の方から誘って来る事は一切あらへんのやったな?
女も積極的にセックスをしたがるようになるチンポたってきた弟のシコる姿見て奥さん。はい、お恥ずかしいのですが夫から誘う事は全くないと言う事を聞き出していたから、俺も堂々と貞操帯を恭子さんに嵌めて短期間で調教を完了させてしまったのである。が、最後の最後にそれがとんでもない事態を引き起こそうとは、この時はまだ予想も出来なかった。インポとか射精出来ん、言うんは精神的なもんやからな。やっぱいろいろ趣向を凝らして、ご主人にその気になってもらうよりないやろ。コスプレとか、外でヤるとか、SMとか。やはりまだ私の努力が足らないのでしょうか。いやいや、奥さんもよう努力しとられるようやがの。

    1. 甘いオーガズムの記憶
    1. バイブレータより男のチ
    1. 股間が明らかに移動して擦れてしまったようで

下半身は丸出しにしてぐったりと横た注ぎこまれた精液が逆流してしたたり落ちわってい

今俺が口にしたような行為は既に試してみたと、恭子さんに聞いている。それなりに効果はあったようであるし、路線としては間違ってないだろう。だが、俺は恐らく彼女には思いつかないであろうプレイを教えてやろうとし、同時に稲婪のようにある奇想天外な考えが頭をよぎったのである。--もしかすると、守男も丸め込めるか知れない。あんな、SM3っても、女の方が縛られたりイジめられたりするだけやないで。
痴漢に責められ
おまえはおれの奴隷だってことを忘れちゃいないだろうな

舐めてるだけで乳首がピンピンしちゃう…チンチンも…

反対もある。ご主人の方を縛ったりして、んや。どや?やった事ないやろ?奥さんの方が責める。そんな事は…主人が承知するかどうか。奥さん、ア。タは背が高いし別嬪さんや。SMの女王様はよう似合うと思うで。そんな!変な事言わないで下さい。ついでに言えば気の弱い夫はいかにもM男っぽい。

ペニスを持っていて

調教に加担させてやる事を決意した

調教師の妻にて男にはマゾだがレズっ気があり女性には相手次第でSにもMにもなる
ピストン出来れば毎日梨乃とやらせてあげると言われて見事玉砕したあのカズ君と

怖い人に見つかって、ボロボロにされて殺されちゃう。どろどろと淫液が噴き出して、アクメに達していました。あうううん。子犬のような声を出し、両腕で乳房を左右から抱くようにしながら、体をガクガクさせて楽しみました。一度、そんなことを経験してしまうと、歯止めが利かなくなっていきます。もう二度としない。と思っているのに、やっぱりラ。ニングしていてカーッとなってきて、自然に同じ場所に足が向かいます。
先生のおいしいチンポを

尻を使われていた

菜津希がおまんこをパックリ開いて、オナニーしていたベンチだぞ。そんな言葉を考えながら、ウェアの上、そして下。バラバラに脱ぎ捨てベンチに近づくのです。だめよ、そんなかっこうじゃ。でも-全裸になりなさい。そう言いながら、ショーツは膝までおろしてしまっています。汗でベタベタの肌。それがすごくイヤラシイ。

オナニーで今ほど感じたことはなかった

ベンチの背にまたがるようにして、怖いですが、乳房を揉みます。腰を前後に動かしてみます。固いチの背。誰が触ったかもわからなそしてシャツは乳房の上までめくりあげています。足が長いんだから、そこにまたがってごらんよ。足を伸ばせよ。ました。こすりつけて、いってみろ。股間を落としていきます。足を伸ばしました。股間にくいっとべ。
クンニを始めてから3分と経たず

ペニスに舌先を伸ばした

チの背がくいこみいそこに、誰にも触らせたことのない果肉を押しつけてしまうのです。けない。だけど、がまんできません。い声が出そうになってしまいます。クリトリスを押し潰してしまったのです。思った以上に力が入ってしまい、がまんできない痛みに襲われました。慌てて脱ぎちらかした服を身につけました。醒めてしまい、こういうことをしたせいか、妄想はさらに膨らんでいくのです。公園のベンチでオナニーもできないようじゃ、どうしようもないぞ。

四つん這いになった男のお尻から股間に手をまわし
セックスへの求心力が

股間の指は

おれのチンポをおまえのマンコのなかに入れるってことだそれを成功させようと思っているわけです。菜津希はいつか、きっと、ベッドで指でやさしく撫でていても、あのままいけば、すごく気持ちよかったはず。こんなんじゃない。と思ってしまちょっといいかな。でいます。翌日、学校へ行く途中、珍しく1人君が。菜津希、と声をかけてきました。かなり以前から顔見知り。近所だったから、遊んだこともあります。すが、もう私も女子校生になってからは、ほとんど話もしていません。彼氏ではなく、好みでもないし。彼はなんだか、どんどん暗くなっていくんですよねおまけに最近は一眼レフのカメラを持って出歩いていることが多く、なんだか近寄りがたい感じがしていました。
近親相姦

マンコを舐めてくださいだと

彼のお父さんがマスコミ関係の仕事をしているらしく、写真に興味を持ったのも、機材が家に一式あった。からだという話を共通の友人から聞きました。地域の写真コンテストなどで頻繁に受賞しているらしく、本人はかなり本気でカメラマ。になりたいらしいです。郊外の学校へ進学した友人の中に開人がいたのは知っていましたけど、朝練習とかもあるので、話をするほどではありません。を合わせませんから。珍しいね、どうしたの?バスでも滅多に顔メガネをかけて、少し暗く、ニキビが目立つ彼。

クンニを始めてから3分と経たず

挿入したグランスをねじったり

これをお尻の中に入れて、吊り上げるの?そうだよ。なわみは、縛られるために生きているんだ。らないとね。そうか。だから鼻にも縄を入れたのね。お尻の穴だってどこだって、縛ってやおびその話をするとわたしが怯えるので、彼女はおもしろがってわざと鼻縄の話をするのです。ねぇ、いっそのこと、縄を飲ませてみたら?体の中を縄が通っていくんじゃない?はあうう、お願い、そんなことはしないでぇ。

むっちりとした尻のまるみを撫でると同時にその線を指でなぞっていると

聞いただけでも恐ろしいことです。なるほど。それを鼻から通せばおもしろいかな?絶対、おもしろいよ。体の中に縄を通す…。そんなこと、できるわけがないでしょう。話題になるわよ。シェリーって、けっこうすごいことを考えるね。金男は笑いながら、アナルフックを押し込んできました。

 

頂きの部分にちょんとのった乳首に守は魅せられた

敏感になっている粘膜に冷たい金属があたり、えぐるように内部に入り込んできます。貞操器具とは違い、大きいので、その異物感は強烈です。これで吊り下げるんだ。フックには縄が取り付けられ、ううっ。どうなの、なわみ。パイプにひっかけて、力をかけていきます。叫び出しそうですが、彼らは猿ぐつわをしません。彼らの理屈は。これは練習なんだからなわみの感想を聞きながらやらないといけないし、そもそもおまえの快楽のために協力してやってるんだから、わめいたり叫ぶのも自分の責任だよ。窓を開けているから、昼間の外の音が入ってきます。
処女膜を切開してやろう

君子は大きな桃のような尻を突き上げながら犬這いの格好になったみを起こした

マンションの一室。泣き叫べば近隣に聞こえてしまうでしょう。そうするのかどうかはわたし次第だと言うのです。はああ、すごく痛いです。お尻が裂けてしまいそう…。痛いって言われてもねえ。シェリーが金男と一緒になって縄に体重をかけ、お尻が吊り上げられます。うっ、だめ、裂けちゃう。できるだけ声を抑えているつもりですが、この苦しさをうまく伝えることができません。

クリトリスに舌を伸ばしてきた

裂けやしないよ。大げさだな。金男はフックが入り込んでいる肛門に指を入れてきました。うわ、パックリ開いちゃってる。背中の方にお尻が持ち上げられ、そのせいで開いたように見えるのです。奥様はお尻で感じるのかしら?どうかな。特別にそういう調教はしていないんだよ。これまで、なわみの二つの穴は哲次のものだったからね。だけど、あの器具を入れられて、開発されてきたんじゃない?

身動きできぬ真菜のお尻に

レイププレイに数回使える程度ではいかんともしがたかろうかもしれないな。浣腸もうれしそうだったし。強制収監それが既に三日前の夜のニュースだと、画面に現れた夜七時を指す時計の表示の下に出た日付でわかった。行方がわからなくなり、警察が昨日から公開捜査に切り替えて探していた関東電力会長の妻で五十嵐有香さんの娘、紫織さん十五歳が、本日夕方無事に保護されました。警察では、紫織さんを誘拐監禁していたとして、世田谷区下馬の会社役員柳田淳一容疑者とその妻柳田みゆき容疑者のふたりを未成年者誘拐と監禁、婦女暴行の罪の疑いで逮捕いたしました。また、心労から千葉県内の病院に入院している有香さんの実の姉にあたる女も何らかの事情を知っているものとみて、任意同行を求めて警察で事情を聞いていましたが、つい先程逮捕されたとの一報が入って参りました。

高ぶったペニスを取り出した

金属製の嘴は容赦なく膣内に入っていく

肉棒を扱うナースが憎い
ピストン運動をするにはまずどうするか

デンサなんですもの、恥ずかしいと思うほうがなのよね。ああ、だけど、そんなぁ。人前でのオシッコなんて、子供のころだって、いつした。だろうか。物心ついて以来、そんなこと考えたこともない。桜木が真面目な顔をして、手を差し出している。それだけに、それをヘ。に思う自分が、おかしいのだろうか。ダメよ、ヘンなコトを考えちゃ。
調教を受け始めて以来

アナルの周りをぬらぬらと徘徊させた

検査なんですもの、この子のためなんですもの。といっても、人前でオシッコをするのが恥ずかしい事であるのに変わりはない。しかし、恥ずかしさをこらえて、香奈は、尿道をゆるめる。妊娠しているとオシッコは近くなるのだ。まして、たっぷりとそこを弄られれば、いつしか膀胱は満タンになってしまっていた。一度ゆるめると、たちまち、ちょろっとした流れは、香奈の意志とは無関係に奔流となってしまうのも当然だった。

唾液にまみれて1層いきり勃っているペニスを凝視している瑠璃子の顔は

ハイ、上手ですよぉ。そのまま、出し切っちやっても良いですよ。小さなコップのようなものを股間から取り出した桜木は、奈が出すところをじっと見つめいてる。そのまま、香桜木が、ぽんとさりげなく、の液体がたまっている。右の床に置いたコップには、2~3センチオシッコが出続けているかなの両膝に、さりげなく両手があてがわれ香奈の足は広がったままだった。これでは、オシッコ姿を見られているのと変わらないじゃない。
バイブの一方の黒光りする

老練な遊び人にクンニリングスを受けているような反応だ

恥ずかし変わらないも何も、その通りなのだが、香奈にとっては、これも検査の一部なのかと、もう出て行って、ともなんとなく言えなかった。それでも、恥ずかしくて、思わず膝を閉じかけると、さらに両手に力を入れて膝を広げられてしまうのだ。ダメッと叱られもちろん、膝を閉じようとしたのも羞恥ゆえの反射だ。らおうと思ったわけでもない。桜木の指示に逆大して力を入れてない桜木の両手に従って、く張り詰めた太ももが広がってしまう。ああん、これじゃ、丸見ええ。さっきまで以上の角度で白チラリと桜木の顔を盗み見ると、コがでる場所を見つめている。

奴隷の誓楽しそうに言いながら薔薇色の乳首に吸いついてきた
乳首や

尻をヒクヒクと振るわせてしまう

お尻の穴に挿れるよああ、そんなに見ないで。真面目そのものの表情で香奈のオシッマゾ恥ずかしい姿を男の目にさらしている自分に、我知らずのうちに、ヒスティックな快感が、ゾクリと背中を登っている。しかし、香奈は、膝を目一杯広げられ、真っ裸のオシッコ姿を赤の他人に見つめられながら、なぜか。すみません。と謝るしかなかった。永遠に続くのかと思えるような水音は、最後に、て、ようやく終わろうとしていた。A-ん、いくら検査でも恥ずかしかったよ。チョロっと勢いよく出鏡で見なくても、自分の顔が真っ赤になっているのが分かるほどだ。他人の指に感じてしまったことも、どうしようもなく恥ずかしい。
奴隷としての自分に課せられている

セックスの方法を

だが夫にもみられたことのないオシッコ姿をさらしてしまったは、い恥ずかしさだ。考えられなまさか、そんなところを人前にさらすなんて。夫に、そんな趣味などないから、まさか、そんなシーンを男が見たがる。とも思ってない。しかし、人妻としてノーマルなセックスは知っているだ。けに、セックス以上の恥ずかしさを覚えてしまったのも当然だった。

セックスで三回

お尻の穴見なさい

その検査をします。だから、奥さんが、たくさん、感じないと検査ができないのです。あん、そんなことって!太ももを、サラサラっとなでられただけで、まう自分が恥ずかしい。ピンク色の声を漏らしてしおまけに、濡れてる。とはっきりと指摘されてしまったのだ。自分がエッチなんだと、断定されたみたいで、恥ずかしさが最高潮。でですね。濡れていただくのは構いませんがあいにく、病院と違って白衣がありません。
口内発射って言うんだ

残念ながらおれのチンポは1本しかなく

奥さんのビショビショの場所で、濡れてしまうと…。あん、いやん、おっしゃらないでぇ。いやいやとタオルの下で首を振る。桜木にみられていない、その童顔のほほは、羞恥になぶられて、真っ赤だが、その目は快感に潤みきっている。決して、拒絶の表情ではないのだ。いえ、ご説明しているだけですから。ご安心を。で、ですね、私も服を!度脱がせていただいている次第ですということなんですね、ほら。

 

オナニーで気をやると同時に口中に

え?あうーあうう、あううう、だめぇ指がぬるりとかき回してきたのだ。第一、これだけ、奥様が感じてしまうと、私としても、ボが苦しいですからね、解放させていただきますよ。え?え?あう、ああん、だ、だめ、あうう、あう。ズボの中でチ桜木の説明もむちゃくちゃだ。普段の香奈なら、いくら天然娘でも、おかしいと思えるだろう。しかし、放尿姿も、絶頂も見られている相手だ。
人妻好み亀頭の先端が子宮口を突きあげるその上、大開脚して、隠すこともできない秘部。中にこそ指は入ってこクリクリト弄られては、ないが、むき出しにされたクリトリスまで、にものを考えるどころではない。冷静香奈にしたら、これもケンサの一部なのだと思い込むしかない。ね、ケンサを続けますから、このまま大人しくしくしてくださいね。あう、は、はい、あ、あん、あう、もう、あう。

    1. 真菜の尻ばかり見ていたのだから
    1. 感じやすい身体してるねえ旦那とあんまりオマンコしてないだろう
    1. 赤目のお尻が口を塞ぐのです

拘束し

いくら天然娘でも、人妻だ。香奈とてセックスを夫にたっぷりと仕込まれてきた。タオルの白い世界の向こう側で、想像くらいできる。チンポが苦しい。桜木が、どんな姿になっているのか桜木の言葉の意味くらい、しっかりイメージできてしまう。もっとも、夫以外に、男ののモノを見たことのない香奈にとっては、その姿はおぼろげではあるのだが。ああん、恥ずかしい。こんな検査だなんて。それに、この人、裸に、ああ、どうしよ。
髪を整えにかかった熟女人妻は答えた
どんなにきわどく見せつけてもがっちりと下着にガードされているバストに

早くチンポちょうだい

しかし、いまさら、これが単なるエッチだと思えば、いることになってしまうではないか。香奈はウワキしてこれをレイプだと思うのは、すっかり感じてしまった香奈にとって、でに無理だった。ウワキなんて、してはダメ。だとしたら、このまま。ケンサ。だと思うしかないではないか。大丈夫ですよ。あくまでもケンサですからね。安心してください。

まさかこんな形で愛撫する日が来るとは思わなかったは妙な感慨に浸っていた

そんなふうにクリトリスを可愛がってもらい

おまけに片手は夫のモノを握ってふさがっていた。時折、夫のモノを飲み込むが、ここまで感じてしまうと、ゆっくりと夫に尽くすこともできなくなっている。いいぞ。凄く濡れてる。歯をあててしまうのが怖くて囁く声が、自分の秘部を見つめる視線を和花に意識させる。あん、だめ、恥ずかしい。ツンと焦げ臭い快感が、身体を通り抜けてしまう自分が恥ずかしい。恥ずかしがり屋の和花だが、夫にじっくりと、羞恥を快楽に換えるように開発された身体なのだ。
調教中

思わず勃起してしまっ妻がそう言いながら

あん、こんなの恥ずかしいのに、いっつも、こんな風に。あん、だけど、感じちやって。ああ、どうしよ、こんな風に見られたら。秘部の奥から、ヌルリとわき出す自覚が、いっそう、和花を恥ずかしさに追い込み、さらに快感を生み出していた。ピチャ。ピチャ。ピチャ。裏通りにある安アパートだ。車も時々しか通らない。時計の音だけの静かな部屋に、恥ずかしい音が響いていた。

 

オチンチン気持ちいいー

窓ガラス越しの街灯の明かりが、輝くような白い身体をくっきりと浮かび上がらせる。ほら、もっと広げて。いやあ、もう、あなた、もう、許して。恥ずかしがっては見せても、夫婦の営みでは、夫の頼みを断れない。既に硬くなった夫の物を静かに握りながら、柔軟な股関節をさらにグッと広げる。すっかり濡れそぼった秘所は、怒張を誘うように濡れそぼち、夜目になれた夫の視線の前にくっきりと、さらけ出されていたい。
マゾレッドはバイブレードを出し四度目のオーガズムを告げる妻の声が響いたのそしてくうう!左の掌にかみつくようにして声を我慢するが、シックスナインのカタチで上に乗っている夫の舌が、敏感なボタンをクチュクチュと舐める度に、ケイレンするのを止められない。ツンと先端を尖らせて、子どもを産んだとはいえ、待っているかのようだ。あん!少しも崩れてないDカップは、愛撫を押さえているはずの声が、また、漏れてしまったのは、今度は夫の唇が、敏感な部分をついばむようにとらえたせいだ。慌てて口を押さえるのを面白がるかのように、今度は、舌が美肉の入り口を浅くかき回してくる。ん?ああ。すぐ向こうの布団では、一粒種の我が子が寝ている。

    1. 調教に立ち会わせて貰う
    1. 全神経を股間の一点へと集中させた
    1. 乳首の先端までとがらせた

セックスで鍛えられてた私の

母としての本能は、懸命に快感を抑えねばと思っても、人妻として開発された身体は、最近とみに快感が増してこらえきれない。声を出してはいけないと思うと、余計に感じてしまうのだ。だからといって、次第に高まってくる快感を止める方法などなかった。あ、あなた、もう、ね、もう。うん?うん。わかった。妻の求めがあれば、当然のように、そのまま挿入の体勢になる。
中出しされて大満足
プニプニとした子宮口が私を包み込み

突きあげるようにして口中に肉棒を押しこむ

まだ次の子のことを考えられる時期でもないが、安全日なら、夫婦が生でしたいというのは当然だろう。静かに夫が入ってきた。クリトリスの鋭い快感とは違う、鈍いけど、身体奥に直接響く、強い快感が和花を貫いてくる。むぅ、むぐっ、ん、んぐ。ディープキスで口を塞ぎながら、夫のモノが奥まで入っている。細い身体が震えた。待ち望んだ夫のモノが身体の奥まで入ってくる。たったそれだけでも軽いオーガズムを感じてしまうようになっていた。

ペニスは2回りくらい太く成長していたが

股間に嫌らしく喰い込ませるように密着させて装着しながらそんな事を言います

紺野をあきらめたとは言え、やはり紺野が彼女をかわいがっているというのが手に取るように見えてしまうと、佳代子はいてもたってもいられな力一。俺も、何人も年上の部下を使う身だ。仕事をする上で、年齢がであるということはひとつの要素になろうとも、絶対的な要素でもなんでもない。だいたいお前がガタガタ言うほど彼女はお前のことを意識してないだろう彼女の言動に我慢が出来なくなってこと。女性同士の和が乱れてますから、部長からもひと言言ってくださいよ。若くして既に部長という役職になっていた紺野につい言ってしまった佳代子に、驚くほど冷たい目の紺野が言ったのだった。

下着を履かせた

仕事を辞して専業主婦となった佳代子に待っていたものは、屈と虚脱感だった。壮大なる退そうして、ひとりで居る昼間の時間がもたらしたのは、自分の性欲と向き合う時間。気が付くとマゾという自分の性癖を意識してしまうような行動をしているのだった。辞めてひと月も経つと、家事をしている時間と睡眠時間以外、の時間をコンピューターの前で過ごすようになった。その大半その手の書籍やビデオなどを買うことがままならなくとも、インタネットにはそれをはるかに凌ぐ文字と写真、そしてネット上での他人との交流という刺激が満ちあふれていた。

 

静香はそのままクリトリスを刺激しつづけた

しのそれは佳代子にとって、全く新しい世界と、マゾであると告白しただけで、たくさんのサディストを自称する男からの賞賛の言葉が与えられる。といううっとりするほど魅惑的な世界だった。しかし、それだけで満足するには佳代子の肉体はマゾとしてその時既に。を積みすぎていた。五池袋駅の北口。待ち合わせに指定された場所は、出口のすぐ前にある。エンペラー。という名の喫茶店だった。指定された時間より三十分ほど早く到着したため、しまうか躊躇ったが、思いのほか風の強い外は寒い。
ペニスの型取りをした時は

チンポだけじゃ物足りないのでキンタマも食べさせてくださいってな

店内にすぐに入ってためら自動扉が横に開く瞬間、自らを励ますように背筋を伸ばした佳代子にそれまで俯いて座っていた数人の女性客が、顔をあげて視線を投げかけてきた。いらっしゃいませ。うつむ銀色のトレイを左手で胸元に持った初老の男性店員が、寄ってくる。あの、禁煙席は。ゆったりと歩みついそう言いたくなるほどに、店の中はタバコの匂いが充満していた。申し訳ございませんが、当店には禁煙席のご用意はございません。仕方がなく、空いている窓側の席に案内をしてもらう。

乳首露出の黒ブラに包まれた豊乳が貢の眼前でゆさゆさと揺れている

待ち合わせの時間にもう一度入り直そうかと思ったが、さっと見渡した店内に空いている。席はたったのふたつ。次に入ってきた時に満席だったらどうしよう、と佳代子は思ったのだっ男にミルクティをオーダーすると、もう一度店内全体を見渡してみる。全部で十五あまりの対面四人がけのテーブル席。ターのような席は佳代子はここに、面接を受けるためにやってきた。実際にここで面接をされるのか、それとも別の場所に行くための単なる。待ち合わせ場所なのかはわからない。そして、見て取れたのはどうやらほぼ全ての席の客がそういう目的で座っているのだということだ。

ひざまずいて下向きになった乳首をつまみ

あまりにも甘美な射精だった女性対女性、女性対男性、相手の到着を待っている女性。まだ少女のような娘も居れば、いかにも水商売のお姉さんといった雰囲気の女性もいる。ゆったりとコーヒーブレイクを楽しんでいるという、人間がひとりもいないのだった。くつろいだ様子の佳代子がそのサイトを見つけたのは本当に偶然だった。いつも使っていたチャットと呼ばれる、パソコンの上で文字を使った会たど話をするサイトから、リンクを辿っている時にいきなり行き着いたのだっ。

女性のセックス感度は心次第だからです

痴漢されてたって女の子が言っていたな

妻がほかの男とセックスする現場を覗き見るのだ
フリスクを大量に口に含んでフェラしてみたり

軽いと思っていたパンツ売りの女子高生達よりさらに尻軽なので、日本はこんなことで大丈夫だろうかと、ガラにもなく心配になるくらいである。発覚するとヤバいとビクビクしながら、性経験が乏しくマグロみたいな女子高生とヤるのは、労多くして実りの少ないセックスだった。何すんだ。このオッサン、と言いたげな目で見られ、乳を触るだけでギャハハっとバカ笑いされた日には勃つものも勃たない。その上終わった後は小遣いもやらねばならない。大人のパンツ売り女性とのセックスの素晴らしさを知った後では、あんなクソガキどもに惑わされていた自分がアホらしく思えて来る。
顔を股間に埋めた

秘部や肛門の拭き方もバラバラである

その点、大人の女性、ありていに言えばオバサンとヤルのは、お互い大いに盛り上がって非常に楽しい。比べたわけではないが俺のムスコは人よりサイズが大きめらしい。これはまだアソコの狭い女子高生とヤルには不利だったが、かなり緩くなったオバサ。にはとても重宝される。やっぱり女性に歓んでもらわないと、セックスなど楽しくないから、俺は完全に口リータ趣味からも方向転換したのである。そしてオバサン達は、ヤッてしまってもお金をくれ、なんて言わないありがたい人が多い。

勃起を見せており

金を稼ぐために下着を売りに来てるはずなのだが。もしかすると、単にえっちな刺激が欲しくてこの店に来てるのだろうか。ならば俺が食べてあげるのは、彼女達にとっても願ったり叶ったりなわけだ。さてそんな俺を大いに興奮させている、42歳の人妻である梓さんはこれまで出会ったオバサンの中では最上級の美人と言って良かった。そんなに厚化粧ではないが、やはり女としての年期が違うようでメイクも品良くばっちり決まって、まるで女優みたいだった。
オマンコが擦りつけられ

クンニをやめて体を起こした

実際、名前を思い出せないが、昔アイドル歌手で今は美人女優として有名な芸能人ととても良く似ている。そんな美女がまるで小娘のように真っ赤になって羞じらいながら今から俺に1週間身に着けている下着を差し出そうと言うのだ。俺のムスコが爆発寸前にドクドクと脈打ってもやむを得まい。ところで奥さん…えぇっと、奥さんで良かったですか?主人と、子供が2人おります。しまった。余計なことを聞いてしまった。2人の子供がいると言うのは、俺にとってあまり歓迎すべき情報とは言えない。

お尻の穴まで愛液を垂れ流してチOポ入れやすくするためなんだろう
はい 先生のチンポをあの……

股間までキッチリ縄を食い込ませ後ろ手錠やリード付き首輪まで嵌めてやる大サービスで

このチンポが好きでねだがそれは聞き流すこととして、俺はこの麗しい美人人妻にいわゆる。生セラ。を行わせることを決意した。買い取って写真と共に商品として並べるのでなく、その場で下着を脱いで売らせる実演販売の方法である。うちの店では、それをいかがわしいショーのようにして客サービスを行っているから、これを彼女に強要するのだ。客の目に晒された彼女は心ならずも興奮してしまうに違いなく、そこでおもむろに俺が一発お願いするわけだ。彼女の美女っぷりからして、その下着も通常では考えられないような高値が付くことだろう。
まさかこんな形で愛撫する日が来るとは思わなかったは妙な感慨に浸っていた

憧れの留美先生とセックスできる

うむ、我ながら完璧な計画だ。それではさっそく衣装を着替えて頂きましょうか。何言ってるんですか、奥さん。お客さんはどんな女性がはいてたパそんな話は…か、確認してから購入するのですよ。じゃないですかそんな普段着じゃ駄目に決まってる。すみません。などと言うラフな服装の梓さんが素直に頭を下げる。すれっからしの女子高生などよりよっぽど世間知らずのお嬢様らしく見える梓さんに俺はムラムラと股間を強烈に突き上げる欲求を抑えるのに苦労した。

洋介がようやく熟女人妻専門をうたうデリヘル2

濡れ光ってピストン運動している

ただオマンコ拡張による。圧迫感が、目もくらむほどの快楽をもたらしてくれることだけは分かっています。成美さんは。イクウッと叫ぶと、下唇をかみ締めて口を閉じ、しばらくするとまた。だめ、イク?ッ!と声を漏らして息を止めて…を繰り返しました。頂を味わっているのが私にも伝わってきます。初めてのオマンコ絶女性は膣内イキすると、オマンコの中がぎゅっと締まります。

セックスのように

膣内に入っているのがペニスならばオマンコが締め付けたり、もとに戻ったりす。るのに合わせてペニスも変形します。従って膣も女性自身の呼吸に合わせて自然な伸縮を繰り返すわけですけれども太くて固いディ·ドウがハマッていると、一度ギュッと締まったオマンコもすぐさま強制的にもう一度拡げられてしまいます。するとその瞬間からすぐにまた次のエクスタシーが始まるのです。だから、拡張オルガズムはほとんど途切れ目なく続いてしまいます。成美はオマンコでイッたことなかったんだよな!?どうだ、中でイク感覚は?いいだろう?調教師は手元で細かくディドウを震わせ、ける彼女を見下ろして笑いました。

 

乳首をくるくると弄んでいた

だ、めイキ、できないあっ!下半身を痙攣させてイキ続成美さんは思い切り。と一度だけ大きく息を吸うと、すぐにまた自ら拡張オルガに溺れていきました。私は目の前の彼女がどれほどの快感に浸っているのかが良く分かりました。男性が射精の瞬間に息を止める。と気持ちが良いように、私たち女性もオルガの瞬間は、より深い快楽を求めて、呼吸を我慢してしまいます。息をするとエクスタシーが途切れてしまう。息継ぎせずに済めばいいそうしたらずっとイッていられるのに!という思いを幾度となく経験したことがあります。
32歳の人妻の子供っぽい恥ずかしがり方と

ペニスはピッチリしたシースレーブリーフの下でムクムクと起き上がってきた

あ…うぅ…もう死ん…じゃうっし成美さんは文字通り息も絶え絶えになり、あらぬ方向を見つめたまま呟きました。どうした成美、もう限界か!?なら最後にもう一回思いっきりいけ!調教師はそう命じると、これがとどめとばかりにオマンコを貫くディルドウを激しく揺らしました。あーーっ!いいの成美さんは激しい快楽に猛り啼き、ガクリと堕ちて果てたのです。調教師が静かに張形を引き抜いても、しばらくの間、彼女のオマンコはヒクヒクと痙攣を続けていました。成美さんはほとんど失神同然に眠りにつき、私が帰りの時間は大丈夫?

0はお尻の穴周りです欧米では陰毛があるのは不潔と嫌がられるため

と揺り起こすまで、ピクリとも動きませんでした。彼女は新幹線の時間を気にしながらも満足に動くことが出来ず、何とか洋服を着ると、足元をふらつかせながら帰っていきました。数日後、成美さんから届いたメールにはお礼の言葉とともに。あの一日で、愛情では越えられない何かがあることを知ってしまったような気がします…とつづられていました。ご主人を心底愛しているのにも関わらず、夫婦生活では得られなかった。

ペニスをしゃぶった後出された

尻の谷間に硬直していくペ美津子が下腹部を反り返すと快楽を血の通わない淫具で与えられてしまった…私には彼女の戸惑いが痛いほど分かりました。どんなに強烈な快感も永遠に続くはずはなく、日々の生活は信頼できる。相手との関係性の中にあります。けれども心は身体から決して出ることが出来ない以上、快楽に引きずられてしまうのもまた事実です。私はいまだ。答えの出せない問いを成美さんに改めて突きつけられた気がしました。愛情と快感、きっと両取りできるよ。諦めないで頑張りましょうよ!私は敢えて強がった明るいメールを彼女に返しました。