射精させられるのは仕方ないでしょ」タグアーカイブ

女も積極的にセックスをしたがるようになる

セックスに余念がない

けれども、入れ替わりに電話してきたA氏が。いや!ミクを呼ぶ前にみんなで公衆便所を掃除するのは大変なんですよ。ミクを本気で病気にするワケにはいきませんからね。と笑ったのを聞いて。彼が一緒なら大丈夫かなと、少しだけ明るい気持ちになれたのでした。冬の寒さに身を縮めていた花は、春の陽光に誘われて一斉につぼみをほころばせる。

少年を思わせるような、どこかしら硬い線の細身が、高校卒業間際に、一気に女らしくなっ突然、満開になった桜のように、男の目を引きつけてやまなくなった和花。細い身体がもたらした、強調効果のせいかもしれないが、実際、遅れて実った果実のように、胸は一気に大きくなった。まだ硬くても、女を強調するクリンと丸いヒップも、細いウエストに強調されて、ひときわ目を引く。ゆったりした服の上からでもわかる、掌にも余りそうな膨らみも尻も、折れそうなほど細い身体と結びつけば、男達の淫靡な目を引きつけずはいられないのだ。おまけに、結婚して6年もたてば、女らしい脂が適度についてきて、その細身を抱きしめた。

乳首への針責め


ジーンズはお尻で留る位置にあり

ときの柔らかさを想像させるには十分すぎた。人妻の健全すぎるほどの、しかし、たっぷりとしたセックスを思わせる色気。細すぎる身体全体に、女らしさが、さらに柔らかく、しっとりと強調されるようになったというわけだ。本人が嫌になるほど男の目を引きつけてしまう胸は、長男を生んだ直後にFカップを越えた。が、今はさすがに、落ち着いた。それでも、夫婦の慈しむようなセックスが、硬めだった胸をほぐしたせいか、結婚前よりもワンサイズ大きくなってはいた。

射精させられるのは仕方ないでしょ

ヨガ用の厚手のレオタード姿であっても、身体のラインが強調されるのは同じことだ。こんな身体を目の前にすれば、男の視線が、粘り着くのは当然かもしれない。ピッチリした布地一枚下にある、グッと張り出した腰の肉付き、柔らかい胸の膨らみを、男達は妄想せずにはいられないものだ。そんな視線が、当の本人にとっては、いたって苦痛にはなっても、男にとっては悦楽の光景となる。和花みたさの会員が囁くウワサに、新たな会員を呼び、和花の受け持つクラスは今やダントツの人気となっている。


ぬらぬらした亀頭部で焦らすように花肉をなぞりあげた若々しく張りつめたキュートなヒ

チンポを締めて揉み込んでくる

あからさまなセクハラをしてくる会員はいないが、ヨガを学ぶよりも、レオタード姿の和花を見に来ているんではないかと思えるほど熱心な、男の視線に戸惑うこともしばしば。実際、教室が終わった後、質問という形を取って、話しかけてくる男は後をたたず、携帯のアドレスを、そっと渡されることもしょっちゅうだった。だが、見る者を引きつけて離さない魅力的なその身体とは裏腹に、和花がつきあったことのある男性は夫だけ。今までも、そして、これからもそうだと、和花自身が知っていた。会社がつぶれて、今は失業中の夫だが、懸命に仕事を探し、慣れぬバイトを掛け持ちしているのは妻と、一粒種の長男への愛情の証なのだ。

オンナの肉体がオーガズムを味わっているに違い


乳首にまで執拗に薬を塗ってしまう頃には

それだけに、ハローワークが閉まる週末の晩は、誰もがうらやむような肉体を夫にゆだね、夫婦の愛情を確かめ合うようなセックスが定番となっている。今夜も、子どもが寝たのを用心深く確認すると、静かな営みを行っている。あっ、あっ。こらえきれぬ小さな声が和花の唇から漏れている。恥ずかしい。小さなささやき声。和花の白い両脚を、ああ、夫がグッとかき分けて、秘部に舌を遣っている。あっ、あん。小さな声が漏れる度に口を押さえようとするが、こらえきれるものではない。肉棒の根元を指でつまんで扱いていく

  • フェラは
  • 尻たぼを拡げた姿勢は保ち
  • 肉棒が口のなかでどんどん大きくなり